《 Archives 》

■ 2015-12-19

山口ファイルWEB版「周防大島のちいさな自慢話」第1話

木曜ディレクターは周防大島から通いでございます。

県内の皆様の共通認識と思っていたことが、意外とそうでも無い。

ということに気づきはじめましたので、周防大島について少し。

周防大島は瀬戸内海で3番目に大きい島です。

これは面積の話で、淡路島>小豆島>周防大島の順番です。

高さ順に並べ替えると、小豆島>周防大島>淡路島、

瀬戸内で2番目に大きい島ということになります。

周防大島には600m超級の山が4つありまして、

尾根伝いに縦走できるルートが整備されています。

瀬戸内アルプスなんて呼ばれることもあります。

面積、標高ともに山口県一の島は周防大島です。

周防大島の山口県一は他にもあります。

温州みかんの生産量は山口県一、約8割は周防大島産と言われています。

煮干しいりこの生産量も山口県一、約9割が周防大島産と言われています。

これは周防大島に暮らす人ならだいたい知ってる地元自慢。

ん?自慢なのかな。データといいますか。

町外の方はいかがでしょうかね。知ってました?

みなさんの地元はいかがですか?

ラジオの電波に乗せて自慢したいことありませんか?

地元のちょっといい話、地域のイベント情報、超ローカルな話題、

山口ファイルのコーナーまでお寄せください。

このページの上の方にある「リクエスト&メッセージ」からお願いします。


(↑今回一番大事なのはここですよ。ここ!)

日本一美しい橋「角島大橋」なんて、超自慢じゃないですか。日本一!

不定期更新「周防大島のちいさな自慢話」

次回は周防大島で見つけた日本一を紹介したいと思います。



周防大島で4番目に高い山・嵩山の山頂付近から撮影しました。

嵩山山頂は県内3箇所あるハング・パラグライダーの離陸ポイントのひとつ。

ランチャー台があって、そこもまた景色のいいところなのですが、

写真を撮るなら、山頂より少し下の天狗岩がおすすめです。

午前中は逆光になるので、午後の方がいいかな・・・

というのもまた地元のこまい情報でした。




| Category: General | posted at 02:20 | by 三浦宏之 |

■ 2015-12-02

【地元情報募集!〜YAMAGUCHI FILE〜】

地元・山口をもっと楽しむための山口情報コーナー「山口ファイル」

「山口ファイル」の情報源はリスナーのあなたです。
意外と穴場な観光スポット、地元の人だけが知ってるおいしいお店、
週末のイベントやワークショップなど、
あなたの知ってる地元情報を教えてください!

あなたの情報が山口をもっと元気にします!
山口県民による山口県民のための山口県の情報掲示板です。

メール:coz@fmy.co.jp(写真や資料があれば添付してください)
ツイッター:cozfmy


山口を盛り上げましょう!
(放送は午後3時12分〜※10分間)
| Category: General | posted at 23:16 | by スタッフ |

■ 2015-12-02

COZINESS×SCHOOL OF LOCK!!

エフエム山口の開局記念日12月1日にスタートした夕方ワイドプログラム「COZINESS」
朝の声でおなじみの大和良子が今月から夕方の声に!
COZINESSは「心地の良い場所」という場所です。

トーク、選曲、話題紹介など心地よい空間を提供できればと思います。
どうぞあなたの日常に加えてください。

記念すべき初回放送には、
なんと SCHOOL OF LOCK! のとーやま校長とあしざわ教頭が生出演!
大和さんを「よしこ!」と呼び捨てにする強気な校長でしたが、
”とてもいい人”でした。

sol1

COZINESSオンエア後、校長と教頭はエフエム山口玄関口へ。
外は「クリアに聴こえるファイル」をゲットしようと生徒の長蛇の列!
こんなの今まで見たことありません。

sol2

そして、エフエム山口から放送のSCHOOL OF LOCK!
間近で見学させていただいたのですが、
サブスタジオ(副調整室)の動きが激しすぎる!!!!!!!!

sol3

ディレクターのワイルドなQフリ、サンプラーさばき、
効果音、BGM出し、どれも絶妙なタイミング。
AD、構成作家のチームワークも抜群!

そう、番組制作には多くの人が関わっているのです。

COZINESSに関わるスタッフは少人数(ほんとに少ない)ですが、
みなさんに愛される番組になるよう邁進します。
大和さんを支えます。


あ、大和さんは「よしこさん」と呼ばれると喜びます。(スタッフ)
| Category: General | posted at 23:07 | by スタッフ |