《 Archives 》

■ 2016-01-29

Y-FILE8 上関町・祝島 こいわい食堂 芳川太佳子

山口県をもっと元気に、山口県をもっと楽しむ10分間「山口ファイル」
毎週木曜日は人にフォーカスしてお届けしています。

2016年1月28日(木)の第8回は、
上関町・祝島「こいわい食堂」の小女将(こかみ)芳川太佳子さん。
みんなは「たかちゃん」と呼びます。

祝島で採れるものを中心にした定食が食べられるお店。

自分たちで栽培したお米や、ご近所さんのお野菜、
山で採れる山菜、祝島の海で獲れる魚介類、
祝島で放牧されている豚などなど。

基本調味料は島の外から持ち込みますが、
なるべく近くで作られたものを選んでいます。
ちなみに、お塩は長門の百姓庵・百姓の塩。
お味噌は近所のおばあちゃんが作ったもの。

いずれ島の中ですべてを自給したい
そんな夢ももっているそうです。

広島からの I ターンになるたかちゃん。
はじめて祝島に足を踏み入れたとき、
背負子をしょったおばあちゃんが山から下りてきて、
「自分がしたい」と思っていた暮らしをそこに見たそうです。
自然とともに生きる、昔ながらの暮らしを求めて。



こいわい食堂
山口県熊毛郡上関町祝島336
0820-66-2231

営業は金土日月11:00〜14:30 / 18:00〜20:00
完全予約制ですので、3日前までにお電話を。
| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 09:36 | by 三浦宏之 |

■ 2016-01-22

Y-FILE7 柳井市日積 Itonami Cafe 高崎知耶

山口県をもっと元気に、山口県をもっと楽しむ10分間「山口ファイル」
毎週木曜日は人にフォーカスしてお届けしています。

2016年1月21日(木)の第7回は、
柳井市日積の「Itonami Cafe」高崎知耶さんを紹介しました。

高崎さんは東京からの I ターン。

「自然豊かなところでカフェがしたい」と考えていたとき
東京で知り合った日積出身の方から
「父親が所有する古民家を差し上げます」
という話があったそうです。

その話をきっかけに柳井市日積をはじめて訪れ
瀬戸内の島々を見下ろす素晴らしい景色に惚れ込み
日積に移住、仲間と古民家を改装し、カフェをはじめました。

お店では、高崎さんが焙煎して淹れるコーヒー、
奥さんが天然酵母と地元産の小麦粉を使って竈で焼くパン、
自家製麹を使った麹バター、
下関産の鹿肉を使ったジビエカレーなどが楽しめます。

カフェの営業は、金曜・土曜・日曜・月曜の午前11時から午後5時。

カフェ以外にも手仕事のワークショップが開かれたり、
イベントごとも積極的に行っていますので、
詳しくは、Itonami Cafe のフェイスブックページをご覧ください。
https://www.facebook.com/itonamicafe

Itonami Cafeは何かがはじまる場所です。

今後は、自然豊かな日積の地で食料の自給にも取り組みたい
とお話ししていました。



Itonami Cafe
柳井市日積3060
TEL 0820-28-0067
金・土・日・月 11:00〜17:00

山陽自動車道玖珂インターと周防大島をむすぶ国道437号沿い、
玖珂インターから15分程走ると看板が見えてきます。

| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 07:09 | by 三浦宏之 |

■ 2016-01-15

植物図鑑

人生をもっと豊かに・・・
SPICE UP YOUR LIFEをテーマにお届けするライフスパイスのコーナー

1月7日(木)は七草粥に使う春の七草を拾い集めてみよう!
という提案をしたのに続きまして、
1月14日(木)は「植物図鑑」を紹介しました。

植物図鑑は、いわゆる植物図鑑ではなく、
有川浩さんの小説「植物図鑑」です。



80万部も売れてるんですね。
たしかに面白いですもん。

リスナーのみなさんからも「有川浩さん好きです」ツイート
たくさんいただきました。

有川浩さんのラブコメは、おじさんでもキュンとします。

この「植物図鑑」は、草を拾い集めて料理して食べる話なんですが、
そういう里山の自然の恵みをいただく暮らしに憧れます。

持っているお金が多い少ないということとは別の尺度で「豊かな暮らし」
お話しの中でイツキとサヤカがそうだったように
心も体も豊かになっていくのではないかと思います。

2016年6月「植物図鑑」の映画公開が決定しています。
http://shokubutsu.jp/index.html

ネット上ではすでにかなりの話題になってます。

「EXILE岩田ファン、キュン死、確定」

きっと、おじさんもキュン死しちゃうぞ。



| Category: ライフスパイス | posted at 09:04 | by 三浦宏之 |

■ 2016-01-15

Y-FILE6 周防大島 中村農園/寄り道バザール 中村明珍

山口県をもっと元気に、山口県をもっと楽しむ10分間「山口ファイル」
毎週木曜日は人にフォーカスしてお届けしています。

2016年1月14日(木)の第6回は、
周防大島の農家で僧侶の中村明珍さんを紹介しました。

銀杏BOYZの元ギタリスト・チン中村、
中村明珍は僧侶としてのお名前です。

2013年春ごろより東京と周防大島を行き来しながら就農。
主な栽培作物は、オリーブと梅。
そのほか一般野菜に加え、最近はサフランの栽培も。

奇跡のリンゴの木村さんにお話を聞きに行ったり、
長門の百姓庵で修業をしたりと勉強熱心。

趣味は滝行です。



そんな中村さんは奥様とのユニット「寄り道バザール」で
イベントの企画・運営も行なっています。

2014年夏、旧東和町の和佐公民館を舞台に
二階堂和美さん、キセルのライブイベントを開催。
地元自治会の協力や町内外のお友達の協力による
手作りのイベントでしたが、会場はパンパン、大盛況でした。

周防大島・和佐公民館でのイベント第2弾は「落語」です。



寄り道バザール「周防大島らくご 立川志らく独演会」

2016年1月31日(日)  開場13:30 開演14:30

【出演者】立川志らく

【会場】周防大島 和佐公民館 (山口県大島郡周防大島町和佐)

【チケット料金】
前売3,000円 / 当日3,500円(各税込)
中学・高校生 / 1,000円 ※要学生証提示 
未就学児・小学生 無料 (必ず保護者同伴)

【主催】 寄り道バザール

【後援】 周防大島町 / 和佐自治会

【チケット取扱い店】
・架け橋マーケット鮮魚等移動販売 周防大島
・Coffee コナ with FINE FOODS 山口県大島郡周防大島町小松1107
・瀬戸内ジャムズガーデン  山口県大島郡周防大島町日前331-8
・AKEMI-Ya umi  山口県光市室積 2-9-9
・Itonami Cafe  山口県 柳井市日積3060
・himaar coffee & crafts  山口県岩国市今津町1-10-3
・横川シネマ 広島市西区横川町3-1-12

落語とは何か。
落語とは「人間の業の肯定である」といった 立川流家元・立川談志。
そして最も談志のDNAを継ぐといわれた立川志らく。

| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 08:35 | by 三浦宏之 |

■ 2016-01-10

Y-FILE5 周南・須金 fu do ku kan Bamboo 須田浩史

山口県をもっと元気に、山口県をもっと楽しむ10分間「山口ファイル」
毎週木曜日は人にフォーカスしてお届けしています。

2016年1月7日(木)の第5回は、
周南市・須金地区で唯一の飲食店
fu do ku kan Bambooの須田浩史さんとお話しました。

東京の出版社に勤めていた須田さんは
2011年3月11日東日本大震災をきっかけに
暮らしについて考えるようになり、自然が豊かな環境で
自分たちの身の回りのことは自分たちでしたいと思い、
地方への移住を決意、周南市須金地区に移住しました。
2014年夏、農家レストランfu do ku kan Bambooをオープン、
自家栽培のお米、自家製の味噌を使った野菜100%の定食は
女性を中心に人気を集め、
県内各地から多くのお客さんが来てくれているそうです。
現在は移転改装準備中で、
農家レストラン、農家民宿を兼ねたお店を春にオープンする予定です。
須金地域で暮らす須田さんの元気を発信し、
須金地域に定住する人を増やし、
地域をもっともっと元気にして行きたいというお話でした。







農家レストラン fu do ku kan Bamboo
周南市須万中市2460-6
TEL.0834-86-2037

お店の方は現在移転改装準備中で、
お弁当の移動販売や県内各地のイベント出店を中心に営業しています。

| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 18:42 | by 三浦宏之 |