■ 2017-12-13

12/11(月) Xmasデート行程表+諸経費

null

クリスマスプレゼント、パートナーに何を贈る? 予算と中身を聞いてみた
20代後半〜30代女性へのアンケート結果


クリスマスプレゼントの予算はいくらですか?10代、20代に聞いてみた

10代〜20代の女性へのアンケート結果

こんな記事もありつつ、
 
もしXmasデートするんだったら・・・

■どこに行きたいか?

■どこに連れて行ってあげたいか?

■プレゼントは?

■諸経費(予算のお見積もり)


ロマンチックな1日に、夢のデートプランをお聴きしました。

いやいや、すごい。たまげたのは、

角島大橋貸切&ライトアップ → 費用:1晩貸切り30万円

これ、いいですね!

CM撮影等で一時とはいえ、
貸切に近い状態にしていると思われるので、
現実的にも実現可能なのではないか!?
と、スタッフは、真面目に考えていました。


他にも、

●山あいの温泉旅行プラン
●横浜赤レンガ倉庫での夜景鑑賞

などの旅行も兼ねたものから、

●周南の工場夜景クルージング
●サビエル記念聖堂

といった、地元の観光資源活用プラン、

●そばに居てくれるだけで・・・

というホッコリプランまで。

いずれのプランであれ、

女性はいくつになっても、キュンキュンしたい。

非常に勉強になりました・・・。


| Category: YAMATO IMO | posted at 22:04 | by 岡部晃宏 |

■ 2017-12-01

阿武ウォーターボーイズ

阿武ウォーターボーイズから阿武町役場の石田さん二度目の登場でした。

相変わらず安定感あるおしゃべり。

マイクやヘッドホンの使い方にこなれた感があり、はなもちならない男ですが。

阿武ウォーターボーイズ。

大の大人が海パンいっちょで何やってんの?と思うかもしれませんが、

一度そのパフォーマンスを見たら、絶対ファンになること間違いない。

「大人の一生懸命を見てください!」と言う石田さんの言葉に胸を打たれて、

今年も見に行きますよ、スタッフA(ひろゆき)は。

今年もってことは、去年も行ってます。石田さんの言葉に胸を打たれて。

周防大島から阿武町、フロム・コースト・トゥー・コースト、めっちゃ遠いです。

ちょっと面倒臭いけど、絶対感動しちゃうんだ。

大人の一生懸命も見たいけど、大人の一生懸命を見て、

ワクワクしている子どもたちの顔が見たい。

キラキラとしたあの瞳を見るために行きます。今年も。

null

https://www.facebook.com/events/297251677436806/

今年一年を締めくくる!?ABUウォーターボーイズ冬公演!!
寒い冬の夜を、一緒にアツアツ楽しみませんか? 
当日プールへの入場は、道の駅阿武町でのイルミネーションフェスティバル点灯式後となります☆
みんなで一緒に、楽しい時間をすごしましょう(^^)♪

 ☆イルミネーション点灯式 18:00〜
 ☆プール開場 18:30頃〜
 ☆冬公演開演 19:00〜
  @道の駅阿武町温水プール
※入場整理券の配布は17:30〜温水プール前で行います
(整理券がなくても入場いただけますが、整理券をお持ちの方から優先して入場となります)

本番3週間前にも関わらず、プール練習はまだ2回…ということは内緒w それでも心を込めて、最高の時間をみなさんと一緒に創りたいと思っています。
冬は伝統の!?7回目!素人ボーイズ、一生懸命練習中です☆
今回も果たして演技は間に合うのか?笑
「一期一演」の公演に心を込めて☆彡

※会場内も温水プールのためアツくなっています。上着は脱げるものをオススメします。水分補給もこまめにしていただくようお願いします。
※会場内の床は水で濡れています。靴下等は脱げるもの、またタオル等を準備いただくと足冷えを防げます。
※ボーイズは非常にデリケートです。黄色い声援、タッチ等でテンションを上げることにご協力をお願いします☆

| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 23:13 | by 三浦宏之 |

■ 2017-11-25

いい夫婦の日といい夫妻の日

11月22日(水)いい夫婦の日、

11月23日(木)いい夫妻の日、

二日並んで生放送。

11月23日(木)の山口ファイルのコーナーは、

柳井市日積の陶芸家「ヒヅミ峠舎」を紹介しました。

三浦圭司さんとアリサさんのご夫妻。

夫の圭司さんが造形、妻のアリサさんが絵付けを担当。

二人揃ってはじめて「ヒヅミ峠舎」の作品ができます。

「創作の方向性が違って喧嘩になることはありませんか?」という問いに

「好きなもの、考えていることが一緒なんで大丈夫です!」とアリサさん。

す・て・き。

null

日積のギャラリーは不定期オープンということですが、

1月〜2月にかけてオープン予定があるそうですので、

ヒヅミ峠舎のブログやインスタグラムをチェックしてみてください。

作品は、こちらのサイトでも購入可能です。

http://www.paysage.jp/SHOP/135027/list.html



| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 06:09 | by 三浦宏之 |

■ 2017-11-20

宇部市・天然酵母のパンと菓子ばくや

11月19日(日)ばくやさんが出店するということで

新山口駅つながりマルシェにお邪魔しました。

「ラジオ聴きました」というお客さんも多く嬉しかったです。

ばくやさんの今後の出店情報を紹介します。

11/26(日)10:00〜「星☆町マルシェ」:宇部市ときわ公園「彫刻の丘」(雨天「湖水ホール」)

12/3(日)8:00〜「ときわフリーマーケット」:ときわ公園「湖水ホール」臨時駐車場(雨天中止)

12/9(土)10:00〜「オーガニックフェアうべ」:ときわ公園「湖水ホール」

12/17(日)10:00〜「つながり petit マルシェ」:新山口駅

12/23(土)10:00〜「まちなかエコ市場」:宇部市銀天街しばふ広場

12/23(土)24(日)夕刻〜新山口駅クリスマスイルミネーション(お菓子のみの販売)

今回パンのことばかりお話しましたが、

ばくやの酵母菓子もまたすばらしく、

口に含んだ瞬間、思わず笑みがこぼれる幸せな味です。

null
| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 06:34 | by 三浦宏之 |

■ 2017-11-17

酵母パン・酵母菓子「ばくや」札場良年さん(宇部市)

山口の元気な人を紹介している木曜日の山口ファイル。

今週は、宇部市でボクが食べたいパンを作っている「ばくや」の札場良年さん。

天然酵母と国産小麦、片田に負担のかからない自然素材にこだわり、

小麦の味と香りがしっかりわかるパンが好きだと言います。

よく映画(洋画)のシーンでパンを割って鼻を近づけて香るのを見たことありませんか?

と札場さん。たしかに。ありますね。

実は生放送前、ときわ公園でパンを譲っていただき、エフエム山口に帰る道中、

車の中がいい香りにつつまれて、それだけで幸せ、ドキドキ、ワクワクが止まりません。

札場さんがパンを焼きはじめたきっかけがまた面白くて、

こどもころからパンが好きでとか、商売のためにとか、ではなくて、

東京都国立市(都内では比較的自然あふれるところです。)に暮らしていたころ、

自然に貴腐状態(発酵)になった一房のブドウを見つけて、

培養をはじめたところ、いい感じの酵母になったので、何かに活かせないかと。

出会ってしまった酵母と歩む人生。

「ばくや」さんは、店舗がありません。

将来的には店舗での営業も検討しているそうですが、

現在は、県内のマルシェに出店して、おいしい酵母パンを販売しています。

レギュラー出店しているのは、新山口駅の「つながりマルシェ」

毎月第一、第三日曜日に開催しています。

近々では、11月19日(日)も出店予定ですので、お近くの方は是非お立ち寄りください。

また、11月26日(日)ときわ公園で開催される西日本最大級ともいわれるマルシェ

「星町マルシェ」にも出店予定ですので、あわせてよろしくお願いします。

null
| Category: 山口ファイル(木)人 | posted at 06:49 | by 三浦宏之 |

■ 2017-11-17

11/14(火) テキトーな5・7・5

null

まさに、「今」という瞬間を切り取って、
5・7・5・にしたためていただいた、
そんな11月14日・火曜日のCOZINESS。

リスナーの皆さまから頂いたものをいくつかご紹介。

■生活の1シーンから
・かかとさん 靴下破って こんにちは
・黒サロン ハイター散って 水玉に
・今年こそ、テキトーじゃない、大掃除

■食に関する一句
・起きてから ずっとなにかを 食べている
・晩御飯 天ぷらだけど 面倒だ!
・焼き肉で タンを食べてて 舌噛んだ

■お仕事に関する一句
・機嫌悪い 上司が私に 八つ当たり

■今のお気持ちを表すもの
・やせてやる 気持ちと体型 反比例
・今年こそ テキトーじゃない 大掃除
・目が覚めた しょうがニャイから 走るかな?


ものすごい量のメッセージを頂き、
番組内やここでご紹介したのも、ほんの一部。

スタッフもくすくす笑いながら
4時間過ごすことが出来ました。

皆さま、ありがとうございました。
| Category: YAMATO IMO | posted at 00:25 | by 岡部晃宏 |