《 Archives 》

■ 2014-12-25

「英国一家、日本を食べる」

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「本」。

日本の料理っていろいろあります。
和食と呼ばれる天ぷらや懐石料理もですし、もっと庶民的なお好み焼きやそうめんだって日本の料理です。
そんな様々な日本料理を、イギリス人ジャーナリストが3か月日本に滞在して食べまくった体験をまとめた本をご紹介します。

タイトルは「英国一家、日本を食べる」
作者のマイケル・ブースさんは、パリにある有名な料理学校「ル・コルドン・ブルー」で修業した経験も持つフードジャーナリストです。

日本料理なんて見かけばかりだと思っていた作者。
ある友人と日本料理を巡り議論になったことをきっかけに、本当の日本の料理を体験しようと思いつき、奥さんと2人の子供と一緒に日本に来ます。
photo

それから3か月。
ちゃんこ鍋に天ぷら、懐石料理、お好み焼き、沖縄料理、豆腐・・・日本全国をまわりながら、いろんな味に触れていきました。やがて、作者は日本の料理の良さや奥深さを感じていきます。
読んでいて私自身も、「日本の料理っていいな」と再確認することができました。
何より、作者の料理に対する感想やお店の印象などが率直な言葉で書かれていて、好感を持てました。

外国の人に日本のことをほめてもらうと、シンプルにうれしいですしね。
第2弾「英国一家、ますます日本を食べる」も話題となっています。
年末年始、のんびり過ごすなら読書をしながらおいしいもののことを考えてみませんか?

◆「英国一家、日本を食べる」◆
 作者:マイケル・ブース
 訳:寺西のぶ子
 出版社:亜紀書房 2013年出版
 定価:1900円(税抜)
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2014-12-18

田村覚志さん

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「絵」。

リビングにお気に入りの絵を飾る。
いつもの空間が、より居心地のいい場所になりますね。
萩市にあるアートショップ「tazz,(タズ)」、オーナーで線描画家の田村覚志さんにお話を聞きました。
photo1

お店の片隅のレトロな木のテーブルの周りには、完成したものや描きかけのものなど絵がたくさん!田村さんの絵は細い線で描かれる線描画です。細かい線は、なんと筆ペンで描かれています。筆ペンでこんなに繊細な線が描けるんですね☆
photo2

ハガキサイズの絵なら、1〜2時間ほどで描きあげるという田村さん。リアルな動物たちの体にはいろんな模様が。幾何学的な模様だったり、植物を思わせるものだったり、別の風景が広がっていたり。独特な世界観が魅力的です。
photo3

近くでじっくり見ていると、時間を忘れてしまいます。絵は楽しい気分のときに描くそうです。ネガティブな気持ちのときは作業しないというのも、魅力につながっているのかもしれませんね。「この動物を描いてほしい」というオーダーも可能ですよ。
photo4

作品はポストカードなどにもなっていますので、手軽にお部屋に飾ることもできます。ぜひいろんなストーリーを想像しつつ楽しんでくださいね。またアートショップには陶芸やガラス作品など、県内中心にいろんな作家さんの作品が並んでいますよ。

◆「アートショップ tazz,」◆
 住所:萩市東田町西区144番地 たまちアーケード内
 電話:0838−26−6020
 営業時間:11:00〜20:00
 定休日:月曜日
 HPはコチラ→「tazz,」
 ブログはコチラ→「tazz,day’s」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2014-12-11

コーナーストーン

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「パン」。

食事と一緒に楽しめるパン。
いつもの料理をいっそう引き立ててくれますね。
山口市にあるパン屋さん「コーナーストーン」、オーナーの高部佳昭さんにお話を聞きました。
photo1
コーナーストーンのパンはフランスパンやカンパーニュなど、食事と楽しむパンが中心です。料理によって合うパンがあるんですって。ホワイトシチューにはシンプルなフランスパン、ビーフシチューには味の深いレトロバゲットがオススメですよ☆
photo2

おいしそうなパンの香りに包まれると、幸せ〜♪クロワッサンも人気です!シンプルなパンが中心だということも影響しているのか、男性のお客さんが多い印象。シンプルにパンの味や香り、歯ごたえを楽しみたい人に好まれているんですね。
photo3

この時期は普段のパンだけでなく、クリスマスのためのお菓子も登場します。イタリアの大きなカップケーキのような「パネトーネ」や、ドイツの大きなパウンドケーキのような「シュトーレン」もおいしいですよ!人気のため品切れのことも。
photo4

「どこがパン屋さん?」という外観ですが、よく見ると看板が出ていますしいい香りがしていますよ。クリスマスのご馳走と一緒にシンプルなパンを合わせるのもオススメ!ぜひコーナーストーンのパンを、食材の1つのように楽しんでくださいね。

◆「コーナーストーン」◆
 住所:山口市吉敷下東1−2−3
 電話:083−920−8077
 営業時間:10:00〜19:00
 定休日:水曜日
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2014-12-04

CHA CHA DO

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「お花」。

お花がある空間って、素敵ですよね。
そこにお花があるだけで、優しい気持ちになれるような気がします。
周南市にあるお花屋さん「CHA CHA DO(チャチャドゥー)」、オーナーの門脇まゆみさんにお話を聞きました。
photo1

プレゼントや結婚式・・・お花って特別な時に買ったり贈ったりするもの、というイメージが強いですよね。でも、もっと身近に楽しんでいる人もたくさん☆チャチャドゥーでも、自分のためのお花を毎週のように買うお客さんがいるそうです。
photo2

お花をお部屋に飾っているとキレイになる、なんて説もあるのだとか。お花屋さんでお花を買うってアレンジや花束を想像しますが、1本2本でも大丈夫!「お花をそんな風に楽しんでもらえるとうれしい!」と門脇さんもおっしゃっていました。
photo3

クリスマスが近づいてきます。門脇さんのオススメは大きな枝ものを飾ること。オーナメントを飾ったり、リボンを結んだり、ドライフラワーを飾ったり。家族の写真を吊るしても楽しいですね。リビングにシンボルツリーが登場したみたいです☆
photo4

門脇さんはお花だけでなく、タッセルやアロマ、石けんなど色や香りを楽しめるアイテムをいろいろ提案しています。12月7日まではお店のある建物の2Fで、タッセルなどの展示イベントも開催されていますよ。ぜひおでかけくださいね。

◆「CHA CHA DO」◆
 住所:周南市土井2−4−9 旧日下醫院内
 電話:0834−62−5777
 営業時間:10:30〜18:30
 定休日:火曜日
 HPはコチラ→「CHA CHA DO」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |