《 Archives 》

■ 2015-02-26

「スーパーマーケットマニア」

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「本」。

家にいながら旅気分を楽しむために、時刻表や地図、写真集などを眺めるという人も多いようですね。
私がよく読んでは世界に思いをはせるのが、この本!
「スーパーマーケットマニア」という本です。
これまでにヨーロッパ編・アジア編・アメリカ編・北欧5か国編の4冊が出版されています。
私が持っているのはヨーロッパ編とアジア編です☆
photo

作者がいろんな国のスーパーマーケットで見つけたアイテムが、きれいな写真やシンプルな文章で紹介されています。スーパーで売られているような身近なものには、その国らしさがいっぱい!その国ならではの商品などもおもしろいですよ。

スーパーマーケットに並ぶ商品を見ると、その国のことをもっと知ることができるのかもしれませんね〜。
お土産によさそうなものもいろいろ見つかります。
また、本を眺めているだけでその国を訪れたような気持ちになれますよ。

あなたもリビングにいながら、海外旅行気分を楽しみませんか?

◆「スーパーマーケットマニア」◆
 作者:森井ユカ
 出版社:講談社
 定価:1800円(税抜)
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-02-19

Cafe Minna(カフェミナ)

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「パン」。

周南市の徳山駅近く。
銀座通りに面した水色のかわいいお店からは、パンとコーヒーのいい香りが漂ってきます。
カフェでパン屋さんの「Cafe Minna(カフェミナ) Sand&Bakery」、店長の松本健一朗さんにお話を聞きました。
photo1

「まちに気軽に来てほしい」という思いから生まれたカフェでパン屋さん。だから子供から年配の方まで、幅広い世代の笑顔が集います。お店に入ってすぐがパン屋さん、続いてカフェスペースが広がり、さらに奥にはパン工房があります。
photo2

地域とのつながりにこだわり、県内の食材を多く楽しめます。人気のたまごサンドは秋川牧園の卵を使っていますし、フルーツは隣の果物屋さんから県内のものを仕入れています。いちごのホイップサンドはコンデンスミルクの香りがおいしい〜☆
photo3

たまごボウロパンは外がサクサク、中はしっとりふわふわ。小ぶりなのでコーヒーのお供や子供さんのおやつにも人気です。クロワッサンのフレンチトーストもおいしかった〜!バターの香りが豊かで、食べだしたら止まらなくなっちゃいます。
photo4

サンドイッチやオードブルをホームパーティーに選ぶ方も多いそうです。みんなでおいしいパンを囲むっていいですね。電話で予約できますよ。また、人気のパンは品切れになることも。パン1個からお取り置きも可能ですのでご利用くださいね。

◆「Cafe Minna Sand&Bakery」◆
 住所:周南市銀座1丁目27
 電話:0834−34−9331
 営業時間:<平日>8:00〜17:00 <土・日・祝>10:00〜17:00
 定休日:不定休
 HPはコチラ→「Cafe Minnaホームページ」
 Facebookページはコチラ→「Cafe Minna」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-02-12

間鍋竹士さん

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「器」。

山口の土を使って焼かれた器たち。
シンプルでどこかあったかく、ざらりとした手触りも素敵な作品です。
防府市在住の陶芸家、間鍋竹士さんにお話を聞きました。
photo1

間鍋さんの作品は山口県の土と釉薬で作られています。お皿やコップ、花器など日常使いしやすいアイテムが中心です。ぜひ実際に触ってみてほしいのですが、手にしっくりとなじみます。色味もデザインもシンプルなので使いやすい器たちです。
photo2

これは山口県内で採取した土。始めたころは、とにかく土を採ってきて焼いてみるというテストが続いたそうです。自分の理想に近い土を探すのに1〜2年かかったそうです。さらに釉薬の調合具合で変わる色を探って試す作業も大変だったとか。
photo3

そんな間鍋さんの作品は、ご自宅のギャラリー「器いろいろ間鍋」で見ることができます。さらに2月16日までは山口市の「クラフトギャラリー ナゴミスタイル」で個展を開催中。写真は個展の様子です。たくさんの作品が並び、楽しめますよ☆
photo4

青年海外協力隊でアフリカへ行った時の体験が、地元の土を使って作品を作るきっかけになったという間鍋さん。山口県の土で生まれた食器に料理を盛り、あなたのダイニングを彩ってみませんか?より豊かな時間が過ごせそうですね。

「クラフトギャラリー なごみスタイル」にて、2月16日まで個展開催中!

◆「器いろいろ間鍋」◆
 住所:防府市真尾321−5
 電話:0835−36−1845
 営業時間:10:30〜17:00
 定休日:水・日
  *必ず電話をしてからお出かけくださいね!!!
 間鍋さんのHPはコチラ→「間鍋竹士さん」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-02-05

萩野菜ピクルス 山口店

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「ピクルス」。

食事のアクセントに、お酒のおつまみに、お茶うけに。
色鮮やかで酸味がさわやかなピクルスはいかがですか?
山口市にあるピクルス専門店「萩野菜ピクルス 山口店」、オーナーの椋木章雄さんにお話を聞きました。
photo1

基本的に萩野菜を使ったピクルスの専門店で、常時10種類ほどが並んでいます。萩で採れた野菜のうち、規格外のものを中心に使っています。7カラフルな野菜がつけられたビンが並んでいるのは、とてもキレイ!おいしそうですね〜☆
photo2

味は和風・洋風・カレー味の3種類。和風は昆布で出汁をとり、みりんで味付けされています。ごはんにも合いますね。カレー味は子供にも大人気!程よい酸味と野菜の歯ごたえが食欲をそそります。お酒のつまみにする人も多いそうですよ。
photo3

通販サイトではピクルスを使ったレシピも紹介されています。あまったピクルス液はもう1度くらいなら漬けなおすこともできるそうです。住宅地の中にありちょっとわかりにくい場所ですが、建物に大きな看板がついていますので目印にしてくださいね。

◆「萩野菜ピクルス 山口店」◆
 住所:山口市旭通り1−7−5
 電話:083−929−3636
 営業時間:10:00〜18:00
 定休日:水
 ネットショップはコチラ→「萩野菜ピクルス通販サイト」
 Facebookページはコチラ→「萩野菜ピクルス」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |