《 Archives 》

■ 2015-07-30

Flower Shop ルミエ

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「お花」。

お花やグリーンがあると、いつものお部屋がより快適な空間になりますよね。
宇部市にあるお花屋さん「フラワーショップ ルミエ」で、店長の松岡美恵子さんにお話を聞きました!
photo1

お花だけでなく、ドライフラワーや多肉植物、グリーン、リース、雑貨などステキなものがいっぱいの店内は、思わず時間を忘れちゃいます。お客さん1人1人との出会いを大切にしている松岡さんは、丁寧にお花選びのアドバイスをしてくれます。
photo2

部屋の写真やその人の雰囲気を見て、お花を選んでもらうことも!また基本的に1対1でレッスンをしています。取材に行った日にも「お花を入れたい器があるから、持ってきたらレッスンしてくれる?」というお客さんがいらっしゃいましたよ♪
photo3

暑い季節はお花を長持ちさせるのが大変ですよね・・・松岡さんのオススメはパイナップルです。シンプルに葉ものと合わせて飾るとかわいいですよ。お花には延命剤を使ってみてくださいね。もちろんルミエでも販売しています。
photo4

お花は季節によって、またその日によってもお店に並ぶものが違います。松岡さん自身もお花との出会いを大切にしているそうです。ぜひルミエでお気に入りのお花と出会ってくださいね。そしてお部屋に飾って、かわいがってあげてくださいね。

◆「Flower Shop ルミエ」◆
 住所:宇部市新天町2−4−3
    (国道190号と国道490号が交わる交差点のそば パン屋さんの奥)
 電話:0836−35−7217
 営業時間:10:30〜19:00
 定休日:木曜日 *8月は不定休(HPで確認を!)
 HPはコチラ→「ルミエ」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-07-23

La petite mame(ラ・プティット・マメ)

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「お菓子」。

ソファで、1人ゆっくり過ごすとき。
ダイニングで、家族と笑顔で過ごすとき。
リビングで、お友達と賑やかに過ごすとき。
おいしいお菓子を一緒に楽しみませんか?
周南市にあるお菓子屋さん「ラ・プティット・マメ」に行ってきました!
photo1

団地の中にある、小さな隠れ家的お店「ラ・プティット・マメ」。10種類以上の焼き菓子や焼きタルトなどが並ぶ、かわいいお店です。オーナーの又賀さんが丁寧に作ったサブレやフィナンシェ、クッキー、パウンドケーキ・・・どれもおいしそう〜!!
photo2

生地には、きび砂糖や洗双糖といった茶色い砂糖が使われています。コクが出て、又賀さんの好きな味になるんですって。お店には基本的に焼き菓子が並びますが、予約をすると生ケーキも作ってもらえます。ぜひ問い合わせてみてくださいね。
photo3

試食させていただいたのは「フロランタン」。クッキー生地の上にキャラメルしたアーモンドをのせて焼き上げたお菓子です。食べるとクッキーはホロホロくずれ、アーモンドはサクサクパリパリ☆甘さは控えめですが香りがよく、コーヒーにも合いそうです!
photo4

ホームページで地図が見られますが、団地の中なので少しわかりにくいかも・・・この小さな看板が目印ですよ〜。遠方からのお客さんもあるようですし、ご近所さんにも愛されているお店です。ぜひおいしい焼き菓子でステキなティータイムを♪

◆「ラ・プティット・マメ」◆
 住所:周南市鶴見台3−4−8
    (山陽自動車道:熊毛ICから車で5分)
 電話:0833−61−2035
 営業時間:10:30〜18:00
 定休日:日曜日・月曜日 *不定休あり

 HPはコチラ→「La petite mame」
  *HPから、FBページやブログも見られます☆
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-07-16

「ふしぎな国道」

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「本」。

私は車を運転するのが好きです。
プライベートでも仕事でも、車で移動することが多いです。
そんなとき、何気なく利用している道路。
中でも国道に注目し、いろんな雑学を紹介している本をとりあげます。

タイトルは、「ふしぎな国道」
自称・国道マニアの作者が、国道の魅力を語っています。

私はこれまで、国道といえば「広くて走りやすい道」というイメージを持っていました。
しかし!
全国には驚くような国道もあるんです!
一部が階段になっている、車が走れない登山道、エレベーターなのに国道・・・行ってみたくなりますね〜☆

変わった国道の他、国道の歴史や国道グッズ、国道の標識についてなど、幅広い雑学が紹介されています。
鉄道ファンは多いですが、国道ファンも意外とたくさんひっそりと存在するようです。
私もこの本を読んでから、標識などに注目するようになりましたよ〜。

ウチにいながら、ちょっと変わったドライブ気分を楽しみませんか?

◆「ふしぎな国道」◆
 作者:佐藤健太郎
 出版社:講談社現代新書
 定価:980円(税抜)
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-07-09

パン工房 玄

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「パン」。

大好きなダイニングで食べるおいしいパンは、最高ですよね〜。
下関市にあるパン屋さん「パン工房 玄」、オーナーの兼峰寛さんにお話を聞きました。
photo1

玄のパンの1番の特徴は、杵でつくように生地をこねること。スタンピングミキサーという道具で、ぺったんぺったんつくんです。すると水分を多く含むので、もちもちしたおいしい生地のパンになるんだそうです。食感を楽しめるパンなんですね!
photo2

店内には60種類ほどのパンが並びます。食パンも5種類☆玄米食パンは、ふわふわで食べやすく1番人気です。玄のパンのおいしさを実感するには、まずは天然酵母の食パンを食べてみてください!もちもちとした弾力と香りを楽しめますよ。
photo3

ただし品切れになることがあります。確実に食べたいなら、早い時間に行くか電話で予約をすることがオススメですよ。自家製クリームがたっぷりのクリームパンもぜひ!ふわふわのパンと、卵のいい香りがするクリームがよく合います。
photo4

「ボリュームのあるパンが多いので、家族みんなでガッツリほおばって食べてほしい」と兼峰さん。種類も豊富ですので、ご家族やお友達とワイワイ選ぶのも楽しそうです。おいしいパンであなたのおウチライフを充実させてくださいね〜。

◆「パン工房 玄」◆
 住所:下関市上田中町2−5−5
 電話:083−232−7380
 営業時間:7:00〜17:00 
 定休日:日曜日・祝日
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-07-02

大山求さん

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「鉄を使った作品」。

鉄。
金属だから当然冷たいイメージを持っていませんか?
鉄が使われているのに、どこか温かさを感じる作品があるんですよ〜。
光市にアトリエをかまえる鉄の造形作家、大山求さんにお話を聞きました。
photo1

日常使いやすいお皿やカトラリー、花器、照明、オブジェなどを、鉄で作っている大山さん。独特な素材感や風合いがステキですね〜。黒い作品は「黒さび」と呼ばれる、クラシカルなさび止め手法が使われています。
photo2

花びんなどの白い作品はホーローです。ガラスの釉薬を焼き付けているんですって。わざと作ったムラが表情になっています。鳥の巣を思わせる照明は、明かりを灯すと影が出て部屋全体が鳥の巣になったみたい!
photo3

現在、周南市の「暮らしのギャラリー マーニ」2階ギャラリーで、大山さんのモビール作品が展示されています。鉄でできた月や小枝、葉っぱなど自然を思わせるモチーフがゆらゆら揺れて、美しいですね〜!!
photo4

大山さんご自身も、雰囲気のあるとても素敵な方ですよ☆モビール展開催中は、1階のお店でもお皿やカトラリーなどの作品も見られます。日々少しずつ変化していく鉄の作品。大切に育てるように味わってみませんか?

*「暮らしの雑貨 マーニ」の2階ギャラリーで、7月5日(木)まで大山さんのモビール展を開催中!

◆ギャラリー「暮らしの雑貨 マーニ」◆
 住所:周南市桜馬場通り1−20
     (徳山小学校前の陸橋を南へ渡ってすぐ)
 電話:0834−33−8750
 営業時間:11:00〜19:00
 定休日:月曜日
 FBページはコチラ「暮らしのギャラリー マーニ」

 大山さんのブログはコチラ「OBJECT WORK HOBO」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |