《 Archives 》

■ 2015-09-24

「スキマの植物の世界」

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「本」。

いろんな植物を写真と文章で紹介する、図鑑感覚でも楽しめる1冊です。

タイトルは、「スキマの植物の世界」
ほら、よくアスファルトの間から生えている植物って見かけますよね。
なんでこんなところに?という植物たち。
町や里山、海辺、高山植物まで、スキマで生きるたくましい植物が100種類以上、カラー写真で
紹介されています。
photo

たとえば、駅のホームでコンクリートの割れ目に生えるエノコログサ。他にも、古い屋根から伸びるクロマツや、何らかの理由で花壇から逃げ出し繁殖したと思われるマツバギクなど、身近なものから珍しいものまで、幅広く紹介されています。

あんなに狭いところに生えるなんて、ちょっとかわいそう・・・と思いますよね。
でもスキマの植物たちは、むしろ呑気にのびのびと成長しているんですって。
なぜなら、隣に邪魔ものが来て光をさえぎる心配が少ないから。
光を浴びるために常に他の植物と競争を強いられている植物にとって、これはラッキーなことなんですね。

気持ちのいい季節です。
晴れた秋の日。ときにはお散歩に出てみませんか?
きっと、スキマにイキイキと生えている植物たちを見つけることができると思いますよ。
そして家に帰ってから、何という植物なのか本で調べてみるのも楽しいですね。

◆「スキマの植物の世界」◆
 作者:塚谷裕一
 出版社:中公新書
 定価:1000円(税抜)
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-09-17

エール・ラポール

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「ケーキやお菓子」。

居心地のいいリビングやダイニングで、おやつにケーキいかがですか?
宇部市にあるケーキ屋さん「エール・ラポール」の代表、柳和哲さんにお話を聞きました。
photo1

柳さんご夫婦の作るケーキやお菓子は、地元で採れたものを大切にしています。私がお伺いした日は宇部のブルーベリーを使ったケーキや、船木のイチジクを使った焼きタルトなどが並んでいましたよ。地元の人たちに愛されているお店です。
photo2

特に人気なのはロールケーキや「クロッカンシュー」というシュークリーム、そしてプリン。その中から「クロッカンシュー」を試食しました。(写真を撮る前に食べちゃってゴメンナサイ・・・)大ぶりでゴツゴツしていて、クリームがのぞいています!
photo3

クロッカンというのはクッキーみたいな焼き菓子のこと。クッキーシューよりもサクサクザクザクした食感です。湿気にも強いので、時間がたってもサクサク感を楽しめるんですって。たっぷりのクリームも、卵の香りがしっかりしておいしいです☆
photo4

「身近なおやつとして気軽に食べてほしい」と柳さん。なんとクロッカンシュー、1個150円なんですよ!!ご夫婦が好きなものを丁寧に作っているというエールラポールのお菓子たち。スタッフの方々もステキな笑顔で迎えてくれますよ〜。

◆「エール・ラポール」◆
 住所:宇部市大字船木760−10
 電話:0836−67−1153
 営業時間:10:00〜18:00
 定休日:日曜日・第1月曜日
 ブログはコチラ→「Aile Rapport」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-09-10

ハセガワタカシさん

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「金属を使ったアート作品」。

ハセガワタカシさんは、金属を素材に植物などをモチーフにした作品を作っているアーティストです。
無機質な金属と有機質な自然のもの。
その取り合わせがとても魅力的な作品ですよ!
photo1

山口市にある工房にお邪魔しました。ここ6年ほどは海外、中でもスペインを中心に展示を展開しているハセガワさん。海外でも日本でも、作品を見た瞬間のお客さんの反応は一緒なんですって。今は鉄以外の素材の可能性も探っているそうですよ。
photo2

針金のような金属でできた双葉はハセガワさんの代表作です。壁に規則的に生えています。光が当たると影ができ、より立体的に不思議な模様が浮かび上がって・・・白い壁をキャンバスに、ハセガワタカシさんの世界が一気に広がりますね。
photo3

薄い金属の板でできたモミジの葉は、枯葉のように見えます。わざと錆びさせているんです。葉っぱのまわりがぼんやり赤く光ったように見えるのがわかりますか?葉っぱの裏に発光塗料が塗られていて、白い壁に光を反射して赤く見えます。
photo4

「作品を置くと一瞬で変わるような風景を作りたい」とハセガワさん。生活の中にアートがあるって素敵ですよね〜。ハセガワさんはフルオーダーで製作もしています。HPやフェイスブックなどからアクセスしてみてくださいね。

◆「ハセガワタカシさん」◆
 HPはコチラ→「haseart」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-09-03

パン工房Buono

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「パン」。

週に1日だけオープンする、隠れ家的なパン屋さんに行ってきました!
美祢市の「パン工房ヴォーノ」でお話を聞きましたよ。
photo1

JR美祢駅の近く、歯科医院の横の小道を入っていくと、緑に囲まれたかわいいお店が見えます。毎週日曜日だけ営業している「パン工房ヴォーノ」には地元の方を中心に常連のお客さんが多く、昼前には売り切れることもしばしば。
photo2

食パンや雑穀パン、クロワッサン、メロンパン、お総菜パン・・・15〜20種類ほど並ぶパンの中で1番人気は雑穀パン。もっちりしていて柔らかいんですって!保存料など添加物は使わず、安心して食べられるパン作りにこだわっています。
photo3

試食させていただいた「フルーツのデニッシュ」。季節ごとにフルーツは変わりますが、私が伺ったときはパインとアメリカンダークチェリーでした。しっとりしたデニッシュ、たっぷりのクリーム、さわやかな香りのフルーツ・・・おいしかったです!
場所が少しわかりにくいのですが、お店のホームページに地図があります。
緑の看板が目印ですよ!

◆「パン工房 ヴォーノ」◆
 住所:美祢市大嶺町東分3423−5 (JR美祢駅近く)
 営業日:毎週日曜日 9:00〜(商品がなくなり次第終了)
    *1月〜3月は毎週月曜日に営業

 ホームページはコチラ→「パン工房Buono」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |