《 Archives 》

■ 2015-10-29

sweets うきしま工房

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「シュークリーム」。

居心地のいいリビングで、おいしいコーヒーを淹れて、とっておきのシュークリーム・・・
いいですね〜!!!
萩市にあるお菓子屋さん「うきしま工房」の店長でパティシエ、古川毅さんにお話を聞きました。
photo1

スタッフの皆さまの笑顔が迎えてくれる「うきしま工房」は、シュークリームを中心としたお菓子屋さんです。チョコやラズベリー、抹茶、ゆずといったフレーバーのクリームを使ったシュークリームや、プリンなどがショーケースには並んでいます。
photo2

1番人気は「伝説の生シュー」。以前、古川さんのご実家がやっていたお菓子屋さんで大人気だったシュークリームを、復活させたものなんです!!!おみやげや差し入れとして、10個・20個とまとめ買いする方も多いそうですよ。
photo3

私もいただきました!カスタードクリームと生クリームを合わせているので、とても軽くて後味さっぱりです。薄くやわらかいシュー生地がクリームにとても合います。何よりクリームがたっぷりで、かぶりつくと横から出てきちゃうほどです。
photo4

「家族や友達とみんなで、人目を気にせずかぶりついて楽しんでほしい」と古川さん。がぶりと食べるとよりおいしいような気がしますもんね。店内にはイートインスペースもあります。ぜひ、「クリームたっぷりの幸せ」を味わってくださいね☆

◆「うきしま工房」◆
 住所:萩市土原609−1
 電話:0838−22−0545
 営業時間:10:30〜19:00
 定休日:水曜日
 HPはコチラ→「うきしま工房」
 Facebookページはコチラ→「うきしま工房・FB」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-10-22

檜垣良之さん

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「木版画」。

江戸時代の浮世絵を思わせる、木版画の風景作品。
防府市を中心に描かれた名所や旧跡、歴史的な場所たちは、どこかちょっとノスタルジックです。
防府市在住の木版画家、檜垣良之さんにお話を聞きました。
photo1

現在、個展を開催中の檜垣さん。会場には工房がそっくり再現されています。ここで実際に作品を作る姿も見られるんです!絵具がたくさんありますね〜。絵を考え、板を彫り、紙に刷る・・・檜垣さんはそのすべての工程を1人でされています。
photo2

木版画は板に彫るのでやり直しがきかないことが多く、集中力を高めて一気に彫るんだそうですよ。出来上がるまでどうなるかわからない、ドキドキ感が魅力なんだとか。刷るところを見せていただきましたが、この作業も集中力が必要ですね〜。
photo3

独特の温かみがありますね。赤く色づいたもみじが描かれていたり、あじさいを眺めるカエルがいたり・・・季節を感じられる作品も多いので、シーズンごとに飾る作品を変えてもステキです!直射日光の当たらない場所に飾ってくださいね。
photo4

開催中の個展では、70点ほどの作品が展示されています。知っている場所が描かれた作品も多く、自分の経験に重ねて見ることができるのもとても魅力的です。刷りを体験できるワークショップも行われています。ぜひご覧になってくださいね。


◆「檜垣良之 木版画に見る防府歴史名所百景之内」◆
 会場:アスピラート2階展示ホール
     (防府市戎町1丁目1−28)
 期間:10月16日(金)〜11月3日(火・祝)
 時間:10:00〜17:00
 休館日:火曜日
 入場無料

 アスピラートのHPはコチラ→「アスピラート」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-10-15

石窯パン工房 ドロシー

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「パン」。

パンのいい香りがお部屋に漂うと、幸せな気持ちになりますね〜。
下関市にあるパン屋さん「石窯パン工房 ドロシー」に行ってきました!
photo1

広い店内には、イートインスペースもあります。お伺いした日も、たくさんの方がパンを食べながらのんびり過ごしていらっしゃいましたよ☆食パンやフランスパンはスペイン製の石窯で焼かれています。遠赤外線がおいしくしてくれるんですって!
photo2

1番人気はカレーパン。他にもメロンパンやくるみパンといった定番のパンも人気です!この時期ならではの「岩国れんこんのフォカッチャ」をいただきましたが、もちもちのフォカッチャとシャキシャキのれんこんがマッチして、おいしかったです☆
photo3

これも試食させていただいた、「パン・オ・ダマンド」。メロンパンの上にたっぷり木の実がのっています。いろんな木の実が使われているので、それぞれの食感や香りが楽しめます。中にはアーモンドのクリームのようなものがあり、いい香りです。
photo4

10月1日からは新商品「ルナスフレ」も登場!直径30cm弱のドーム型のスフレケーキで、キャラメルソースがついています。ふわふわとろとろで、オススメですよ!木・金・土の曜日限定で、数も限られていますので、お気をつけくださいね〜。

◆「石窯パン工房 ドロシー」◆
 住所:下関市秋根西町1−9−14
 電話:083−263−6686
 営業時間:7:30〜19:00
 定休日:火曜日
 HPはコチラ→「石窯パン工房 ドロシー」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-10-08

「生きものの持ちかた」

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「本」。

タイトルは、「その道のプロに聞く 生きものの持ちかた」
タイトルの通り、いろんな生きものの持ちかたをたくさんの写真で紹介しています。
私たちがケガなどすることなく、生きものにも負担をかけない、正しい持ちかたがわかりますよ〜。
photo

たとえば、カブトムシ。どこを持ちますか?正解は、大きなツノの上にある小さなツノを持つこと。ではメスはどうしましょう。基本は体の両脇を持つことなんですが、滑りやすいし暴れます。そんなときは、体の上下をつまんでもいいそうです。

本では、虫やザリガニ、トカゲなど身近な生きものから、イヌやネコ、シマリス、ヒヨコなどのかわいい動物たち、ヘビやサソリ、スッポンなどあまり持ちたいと思わない生きものまで取り上げています。
中にはちょっと気持ち悪いような生き物も登場しますので、苦手は方はご注意くださいね。

もちろん持つと危険な生きものもいますから気をつけなくちゃいけませんが、身近な生きものの正しい持ちかたを子供たちにおしえてあげられる大人って、かっこいいですよね☆
絶対に使うことのないような知識もいっぱいで、とても楽しい本です。
子供たちと一緒に、読んでみませんか?

◆「その道のプロに聞く 生きものの持ちかた」◆
 作者:松橋利光
 出版社:大和書房
 定価:1500円(税抜)
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |

■ 2015-10-01

イランイラン

ウチで過ごす時間が好きになる。
そんな心地よい空間を提案する「やっぱりウチがすき」

木曜日は温品由季が、オススメのアイテムをご紹介します☆
今回は「お花やグリーン」。

お花やグリーンを飾ると、いつもの空間がより素敵に見えますね。
下松市にあるお花屋さん「イランイラン」のオーナー、重長直子さんにお話を聞きました。
photo1

扉・床・壁・・・木に囲まれた小さな店内には、シックで大人っぽいお花やアイテムがたくさん。イランイランに並ぶお花は、落ち着いた色味のものが中心です。だからこそ、「色合いにこだわって作っています!」と重長さん。
photo2

アレンジや花束もとても素敵ですし、自宅用にお花を買うときはいろいろアドバイスもしてもらえます。たとえば好きなお花を1本選ぶと、合わせると素敵なお花を提案してくれたり・・・いつもの空間をステキなお花で彩りませんか。
photo3

今の季節なら、カボチャもオススメ!イランイランには、手のひらにのるくらいの小ぶりなカボチャがたくさん☆色も形も様々で、とってもかわいいですね。1つではなく、何個か並べるとより雰囲気がでて楽しめますよ。
photo4

お花ならダリアがステキですよ〜。存在感のある花なので、1輪だけ飾っても絵になります。お花やグリーンがあると、ちょっと心がなごんだり安らいだりしますよね。ぜひあなたの周りにも、気軽にお花を飾って楽しんでくださいね。

◆「イランイラン」◆
 住所:下松市美里町2−13−1−1
 電話:0833−45−5922
 営業時間:10:00〜18:00
 定休日:木曜日
 HPはコチラ→「YLANG YLANG」
| Category: やっぱりウチがすき | posted at 16:25 | by 温品 |