■ 2012-07-24

2012富士山リポート1

コスモアースコンシャスアクトクリーンキャンペーンinMt.FUJI報告特集 その \響欒萋以


コスモアースコンシャスアクトクリーンキャンペーンinMt.FUJI
↓詳しくはクリック。

今年は7月21日22日に開催。

FM山口からは二回目の参加築地雄太郎と応募いただいたリスナーさんの中から4名にご参加いただきました。

左から
専門学生の川上君。高下ファミリーの博之さん(父)恵美子さん(母)丈太朗君(子)

21日朝!6時半に新宿を出発!!心配していた雨も降らず、5台に分かれてみんな元気に富士山へ向かいました!
僕たちは一号車!!


そして、開会式の行われる富士山レーダードーム前に到着♪開会式が行われます。


そして。。。。いざ!清掃活動へ!
清掃場所は今年で4回目の場所。
山中湖村 檜丸美地区。




たくさんの参加者の皆さんと清掃しました。


この地区はこれまでの清掃で新しい大きなゴミはかたずけているので
新しいゴミは少なく、30〜40年前の産業廃棄物、地元の人が捨てたゴミが多いそうです。
時がたち、地面の中に埋もれてしまったゴミ。
それを掘るようにして拾いました。


僕が一番最初に見つけたのは
おそらく公園などに置かれていた看板を立てるコンクリートの棒。

これ、大人4人で抱えても持てないぐらい重いコンクリートと鉄でできたもので、必死で撤去しました。
そして、このごみよーく見てください。ここ。

小さな隙間から小さな芽が出ているんです。
見ていて自然に対しての申し訳なさと、命の力強さに胸が熱くなりました。

参加した川上君はアルピニストの野口さんとトイレの便器を掘り出しました。
取りきったときの写真がコチラ!ちょっと誇らしげかな♪


そして、今回集まったゴミ!

45Lのごみ袋で 440袋分!  リッターで換算すると19815L!!

富士山クラブの大井さんが話していた、新しいゴミが増えていないという点では少し光が見えてきたのかもしれない。という言葉が印象的でした。

当たり前のことだけど、一つ拾えば必ず一つはゴミがなくなる。
そうすれば必ずいつかは終わるんだ。いつかはゴミがなくなるときも来る。
そんな当たり前のことを深く考えた一日でした。

そして、そのあとの懇親会♪
エフエム山口はFM大阪さんと隣の席でした。

今年は中西哲生さんが1日目だけ参加。懇親会でもトークショー

続けて、野口さんのトーク。


会場では中西さん、野口さん、富士山クラブの船津さんでのトークショーも行われ
最後には写真撮影会もありました。



去年も思ったことですが一日が早かった・・・・
ほんと充実してたんでしょうね♪
ゆっくり温泉にもつかり、次の日のトレッキングに向けてしっかり睡眠をとりました。

さて、雨はどうなるのか??
築地・・・・去年の反省を生かしながらしっかりのぼることができるのか??

二日目へ
| Category: Main -メイン- | posted at 14:40 | by 築地 |

《《 戻る