■ 2009-03-03

上関分校の卒業式

去年の秋、10月7日のこのブログでご紹介したシンガーソングライターの石野田奈津代さんと熊毛南高等学校上関分校の皆さんとの歌の交流が、卒業式にまたひとつ素敵な花を咲かせましたよ。


卒業式のカンバン
一緒に作った歌で卒業生を送るために石野田さんが、3月1日の卒業式に分校を訪れたんです。

卒業生14名
在校生となる2年生は5名
1年生はいません。
なぜなら、あと一年で学校がなくなるからです。


図書館
LIVE

卒業式直前の図書館、ここがLIVE会場です。









バウムクーヘンのグラウンド
生徒の皆さんと石野田さんでつくった大切な学校の歌の歌詞に出てくる、みんなが好きだった、授業中に眺めた、バウムクーヘンみたいなグラウンド。

本当にキレイにグルグル
草が生えないようにするためだとか・・・
本当にキレイ
そして・・・おいしそう。

この日も先生が朝から整備されたそうです。
卒業生でもないのに・・・誰もいないグラウンドになぜかきゅんとするなぁ〜

取材しました

LIVE後、石野田さんは「気持ちを伝えることの大切さ、そして受け止め方ひとつで暗い未来も明るい未来も心の中につくられることを知ってほしい・・・」と、ちょっとシャイな島の分校の卒業生の皆さんにエールを送ってくれました。
春空のギター
石野田さんが自分でデザインしたギターにはさくらが舞っていました。
卒業生の皆さん、おめでとうございます。

来年の春さくらが咲く頃には学校はなくなっちゃうけど・・・いつまでも心の中にこの静かな学校で聞いた歌と大切な出会いは永遠に!!


| Category: みちこのおしぼりタイム | posted at 02:58 | by みちこ |

《《 戻る