■ 2009-09-08

山口県立萩美術館・浦上記念館

「福建から広がる芸術」
photo1
開催中の特別展「海のシルクロードの出発点“福建” 沈没船、貿易都市、陶磁器、茶文化」について、学芸員の徳留大輔さんにお話しを聞きました!インターンシップの学生さんと一緒に見てきましたよ〜。福建を拠点に中国に伝わったもの、ここから発信されたものなどが展示されています。
photo2

青釉四耳壷という70〜80cmの青い壷は、イラン・イラクから福建へ伝わったもの。1000年以上前のものなんですって!当時の船の発達や、海のシルクロードの役割の大きさがわかる品です。
また、福建=烏龍茶というイメージですが、烏龍茶の歴史は200年ほど。それより前は中国でも抹茶文化があり、それが日本に伝わりました。日本に影響をあたえた茶道具も多く展示されていますよ。
「海のシルクロードの出発点“福建”」
 期間:8月29日(土)〜10月12日(月・祝)
 場所:山口県立萩美術館・浦上記念館(萩市平安古)
 電話:0838−24−2400
 <HPはこちら>


| Category: NICE DAY REPORT | posted at 17:45 | by 温品 |

《《 戻る