■ 2009-12-02

萩博物館

「変わらない『まち』・萩」
photo1

萩のまちを歩くと、歴史を感じますよね。萩では、江戸時代の地図を今でも使うことができるんです☆そんな萩のまちの秘密を解き明かす企画展「タイムスリップ 城下町萩のひみつ」について、萩博物館 学芸員の清水満幸さんに伺いました!
photo2

萩城下町の絵図が8点も!1630年代のものから明治2年のものまであり、圧倒されます。この道、今でもある!変わらない町並みに感動♪その変わっていない秘密が「低湿地」「夏みかん」「鉄道」「災い」という4つのをキーワードで紹介されています。
photo3

初公開の品も8点あります。地形をうまく活かした開発や幸運など、いろんな要因が重なって今の萩があるんですね。古い町並みを誇りに思い、大事に住みこなしてきた萩の人々だからこそ、という面も大きいのでは・・・と清水さん。ぜひお出かけくださいね。
「〜タイムスリップ〜 城下町萩のひみつ」
 期間:〜1月28日(木)  *開催中!
 場所:萩市堀内355番地(萩博物館)
 電話:0838−25−6447
 <HPはこちら>


| Category: NICE DAY REPORT | posted at 17:45 | by 温品 |

《《 戻る