《 Archives 》

■ 2020-01-24

FMY Friday Special Report〜防府天満宮編〜

十二支の一員でもある牛は開運招福のシンボルであることをご存知でしたか(#^.^#)?

毎年、節分の時期に防府市の防府天満宮で開催される【第109回 牛替神事】は、秋の御神幸祭に奉納する神牛サマを籤上げする神事。この籤(クジ)何と景品には牛にちなんだ置物などの他にも地元商店街から協賛されたお米やお野菜の他に“牛”が当たるクジになっています!!全国的にも珍しいですよね。見事神牛を引き当てた方は先述の秋の御神幸祭に牛を引く役として行列に一緒に参加していただくのだとか。

節分は寒さ厳しい冬から身も心もポカポカ温まる春に移り変わる節目の時期に、悪しきを祓い心身を清らかにして一年の幸福を願う大切な行事。
防府天満宮でも春がもうすぐそこまで来ていることを感じられるような可愛らしい梅の花がポツポツ咲き始めて上品な香りが漂っていましたよ◎



春を迎える年中行事として毎年、地域の皆様も多く参加される節分祭。
牛替神事にて是非幸運の牛を引き寄せたい方は、まずは防府市内商店街各商店にて牛替券を手に入れられてくださいね。
協賛されているお店にはコチラのポスターが貼ってあります。



★牛替券の進呈…2月2日(日)(9:00〜18:00まで)
☆牛替券と抽選券の引換…2月3日(月)防府天満宮特設交換所にて
★抽籤…2月3日(月)に市内小学生男子により回廊内特設会場にてドキドキの実施
抽選後には餅まきもありますよ〜。また防府天満宮HPでも当選番号が発表掲載されます。

そして節分といえば…鬼は〜外!福は内!!の豆まきが欠かせません。
年男&年女のネズミ年の方々による豆まきが今年も行われます。
2月3日(月)14:00/15:00/16:00は春風楼前広場にお集まりください(*^-^*)

更に今年の節分祭はこれだけでは終わりませ〜ん!!
なんと大御所演歌歌手の八代亜紀さんが防府天満宮にいらして、美声のご披露があるんです!
というのも…八代亜紀さんの楽曲も手掛けていらしゃる作詞家・音楽プロデューサーでいらっしゃる鈴木淳さんは♪なみだ恋(都会に儚く散った切ない恋心を歌った名曲…)の歌碑を天満宮内に設置されることになったのです。歌碑の除幕セレモニーを兼ねたご降臨なんですね(^^♪貴重な八代さんの歌声もお聴き逃しなく。



禰宜の鈴木英樹さん、神事についてだけでなく古き良き日本の伝統に向きあう心構えなど貴重なお話をじっくり聴かせてくださってありがとうございました。



2020年はまだスタートしたばかり。是非、梅の香りに包まれた防府天満宮に運試しも兼ねて、心身も清めにご参拝にいらしてくださいね。



| Category: Friday Special Report | posted at 23:50 | by 瀬来未央 |

■ 2020-01-17

FMY Friday Special Report〜シネマ・スクエア7編〜

年末年始の長〜いお休みは気になっていたアノ新作映画、はたまたお家で大好きな映画のDVDをゆったりと見て過ごしたよ〜(*^-^*)という方も多いのではないでしょうか。
2019年は「天気の子」「アラジン」「アナと雪の女王2」「STAR WARS〜スカイウォーカーの夜明け〜」と…ヒットが続く“映画当たり年”でしたが、スタートしたばかりの2020年の直近の注目作品は何でしょう?!ということでフジグラン宇部2階のシネマ・スクエア7の西本佳弘支配人にズバリお訊きしました。



まずは劇団四季のミュージカルでもお馴染み【CAT´S】(1月24日公開予定)!!!
♪メモリーなどの名曲に乗せて、路地裏に集う個性あふれる様々なネコ達の人間ドラマ…ならぬネコドラマが繰り広げられる本作。
監督は「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督!制作チームにはもちろん、「オペラ座の怪人」「サンセット大通り」など数多のミュージカルソングを手掛けてきたアンドリュー・ロイド=ウェバーも加わっているのでミュージカルファンには激熱のタッグですよね!!



世界観を彩る役者陣もテイラー・スゥイフトやジュディ・デンチなどの歌唱力だけでなく演技力も兼ね備えた豪華なメンバーが揃っています。映画というと、何とな〜く舞台よりもリアルさが求められる気がしませんか?スクリーンを通して彼女達はどのようにして“人ならざるモノ”になりきるのでしょう…。
また本作のこだわりというか、特徴として世界2ヶ国しか吹き替え版の制作が許されていないことも大きいですよね。その内の一つに日本が選ばれている名誉たるや…!ベテラン声優・山寺宏一さんやミュージカル界の貴公子・山崎育三郎さんを始めとする贅沢な日本版ボイスキャストverも必見&必聴です。

そして西本支配人的注目ポイントは「セット(美術)」!
ネコの目線からお送りするストーリーなので、街灯や路地に捨てられたゴミなんかもネコの目に映るサイズ感で製作されているのだそう。撮影現場では役者さんが巨人の国に迷い込んだような空間になっていたことでしょうね…。大きなスクリーンで背景の細部にも是非目を凝らしてみてくださいネ。

続いてはガラリと雰囲気が変わって戦争映画の【1917 命をかけた伝令】(2月14日公開予定)。
監督を務めるのは「アメリカン・ビューティー」でアカデミー賞の受賞経験もあるサム・メンデス。
タイトルにもなっている1917年、世界は第一次世界大戦の真っ只中の激動の時代…。
ある重要なミッションを背負った、ジョーイ・マッケイとディーン・チャールズ・チャップマン扮するイギリスの若い兵士2人の目線で“戦場の一日”を切り取っています。
驚くべきポイントはその撮影方法。映画を観ている私達も、まるで戦場に身を置いているような体験ができる全編ワンカット長回し撮影なのです!臨場感も緊張感も味わえるスリルを体感できますが、秒単位で細かく計算された撮影法…役者・スタッフ共に相当なプレッシャーだったでしょうね(@_@)
音響も抜群の映画館ならではの距離間で主人公たちの命がけのミッションの行く末を見届けてください。

最後にご紹介するのはアカデミー賞の大本命との呼び声も高い【ジュディ 虹のかなたに】(3月6日公開予定)。



こちらは三谷幸喜氏×戸田恵子さんの舞台版も全国で上演されていますよね(^^♪
ジュディ…即ち本作品のヒロイン、ジュディ・ガーランドは1939年公開の「オズの魔法使い」のドロシー役で若干17歳にして一躍有名になった女優です。若くしてハリウッドスターとなった彼女の人生には光だけでなく影の部分も多かったように思えます。47歳というあまりにも早過ぎる天国への旅立ちを向かえるまでジュディは何を得て、何を失ってきたのでしょうか。「ブリジット・ジョーンズの日記」のブリジット役でコメディ女優のイメージが強いレネー・ゼルゥイガーが、華やかな銀幕の世界から陰謀渦巻く業界の闇の部分に“堕ちていく”様子をどのように演じるか、私も一ファンとして大大大注目している一本です。
伝記映画ブームが続いていますが「ジュディに対する敬意が溢れている」というコメントが寄せられているだけあって、クオリティに期待できますね。



この他にもバラエティに富んだ数々の作品の公開が控えている2020年!!
心を熱くさせるも良し、感動の涙を流すも良し、シネマ・スクエア7で今年も極上のエンターテイメント体験をお楽しみくださいね☆

| Category: Friday Special Report | posted at 21:48 | by 瀬来未央 |

■ 2020-01-10

FMY Friday Special Report〜嵯峨野きもの学院 山口校編〜

明けましておめでとうございます!(ハピふラ版)
いつもはお得な情報や人気のスポットをご紹介するリポートコーナーですが…本日は何と新年1回目のリポートということで山口市中心商店街・近江屋本店から特別に“着付けを習う”実況リポートをお送りしました。

ご指導くださったのは和服姿が凛々しい、京都嵯峨野きもの学院山口校の古谷光美先生です。



着せて頂いた着物はちりめんの小紋、宝づくし。
黒地に鯛や狛猫、打ち出の小槌が散りばめられた新年にピッタリの晴れやかな着物です。
また帯は上品な銀箔が美しい太鼓帯。背中側には可愛らしい京人形が織り込まれています。
こちらは加賀友禅の代表作家、由水十久先生が手掛けられたもの。



こんなに贅沢な着物を私が身に纏ってイイのかしらと、まずはそこからドキドキしていたのでした。それに着物の印象と言うと「着付けが難しい」「帯をギュッと結ぶなんて息苦しさが続くのでは…」という声が多いような…。果たしてリポートの時間内に着付け初心者の私がピシッと着こなせるようになるんだろうか!?という段階からのスタートでした。

リポート前にはお太鼓を結ぶところから教えていただきました◎
お太鼓結びはお腹側に作っていきますよ。
垂れ元を広げて垂れ先から30センチほどの位置に帯枕を置きます。
垂が二重になるよう内側から持ち上げて巻いた帯上線を少し前に引き、帯枕を預け、帯枕の紐と帯揚げを一緒に背中側でキュッと結びます。…お太鼓を作っていくのはココから!
二重になっている垂を胴に巻いている帯の下線に合わせて余った部分を手前に折り上げます。鏡を確認して帯の形を整え柄合わせもしていきます。

★そして形が崩れないようお太鼓を背中側にゆっくり時計回りに回して背中側に移します。お太鼓の端から4センチ出して、余った部分は輪の方の内側に差し込みます。手先をゴム紐で押さえて胴に巻いていた仮紐をシュルリと外します。



この★の部分をリポートでお伝えしました。
結び上げた帯をお腹側から背中に回す最後の仕上げの際にせっかく綺麗に結べた帯が崩れてしまうのではないかと結構ヒヤヒヤするのですよ、コレが〜(@_@)!

先生に手伝って頂きながら……できました!



今回は近江屋のスタッフさんが本番の様子を動画撮影してくださいました♪
近江屋本店のインスタクラムにアップされていますので是非、古谷先生のスピーディーかつ丁寧なご指導の様子をご覧ください(*^-^*)
インスタグラムアカウント→oumiyahonten

前結びでお太鼓を作ってから背中に回すことで、自分で手の動きを確認しながら結べるので私のような着付け若葉マークでもお太鼓を綺麗に作ることができますし、先生に質問しながら進んでいけるので分からない工程もスグに解決できます。
それに全く窮屈感が無いのでこのまま着物でお出掛けしたくなってしまいました!

和服は、自然と動きが洋服を着ている時の半分になるそうです。歩き方や所作がしずしずとおしとやかに見えるのはそのせいなのですね☆ま
京都嵯峨野きもの学院では目標や腕前に合わせたコースが選べる着付け教室を山口市に2校、そして周南校、宇部校と県内4校で展開中。
体験学習は…嬉しい無料!
想像よりも気軽にチャレンジできる着付け、今年は「着物女子・男子」はじめてみませんか?シャキッと背筋が伸びる毎日を過ごせるはずです!
◎お問い合わせ近江屋本店:083‐922-0194

| Category: Friday Special Report | posted at 23:55 | by 瀬来未央 |