■ 2020-07-24

FMY Friday Special Report〜花の海編〜

皆さんは「季節」をどんな瞬間に、どんな部分で感じられますか(*^-^*)?
体感温度に合わせた服装だったり、紅葉などの景色を通してだったり…様々ですよね。

山陽小野田市にある西日本最大級の季節体験農場 花の海ではシーズンごとに咲き誇る花や旬の野菜やフルーツで、私たちにナチュラルに季節の移ろいを教えてくれます!



初夏の時期の花壇ゾーンには鮮やかな緑色のコキアが。
モコモコなマリモの赤ちゃんみたいで可愛いですよね。
秋にはもう少し背が高くなって赤く色付くのだとか…成長が楽しみです。



奥の花壇にはヒマワリがちらほら咲き始めていました。毎年、1,5ヘクタールの広大な敷地に70万本のヒマワリがゆったりと揺れる光景は花の海ファンの方にとっては地元の夏の風物詩の一つに数えられているかもしれません。

ヒマワリが見頃を迎える日を心待ちにしつつ…スタッフの杉村あゆみさんと今が盛りのサンパチェンスの前でパチリ!




しかし花より団子な私が気になるのは(花<団子な性格って前回の花の海ブログでも言いましたね^^;)やはり旬の果物や野菜などの美味しいモノ!

現在、収穫体験が楽しめるのはスイーツのように甘〜いパステルイエローのスイートコーン。糖度が高いのでフルーツのように瑞々しく甘くてジューシーなんですよ。
無くなり次第終了を掲げて7月頭から開催されていたスイートコーン狩りは大好評につき、今月いっぱいで終了しそうなところ…。是非味わいたい!という方は駆け込み狩りでワンチャンスが狙えるかもしれません!(事前に状況のお問い合わせ推奨です◎)

そしてまだこれから収穫体験を堪能できそうなのは、完熟期を迎えてぷっくり丸々と美味しそうなブルーベリー。



花の海にはシャープブルーやブライトウェル、マルなど6種のブルーベリーの木が植えられています。農薬を極力使わずに自然な方法で丹精込めて育てられた花の海産のブルーベリーは、もぎたてそのままのフレッシュな味わいが魅力。試食をさせて貰いましたが…ジューシーで酸味は控えめ、口の中でプチっと弾ける程良い甘さと柔らかな食感のバランスが堪りませんでした♪シャキシャキに凍らせて食べたり、ヨーグルトに混ぜたりとアレンジしてみてもいいですね。



そっと実を掴むだけで簡単にポロリと摘むことができるブルーベリー狩りは小さなお子さまの夏の思い出作りにもにもオススメです。今年は8月16日(日)までの開催予定ですので、この機会に旬のブルーベリーの収穫体験はいかがでしょうか(#^.^#)

●ブルーベリー収穫体験●
大人(中学生以上)…¥1000/子ども(小学生)…¥800
幼児・75歳以上の方…¥600

因みに実に白い粉(ブルーム粉)が付いているのは新鮮な証!なのだそう★
収穫の際は是非注目してみてください。(粉ごと食べられます^^)



花の海で収穫されたブルーベリーは店内の売店で販売されているスムージーにも活用されています。冷え冷えで爽やかな甘酸っぱいブルーベリースムージーもチェックされてみてくださいね。

現在17:00まで営業されている花の海は8月1日(土)から営業時間が1時間延びて【18:00までの営業】となります。
8月2日(土)にはヒマワリスタンプラリーやスイートコーンの早食い競争などのイベントが目白押しの【夏体験イベント】も開催予定で、賑やかな夏を迎えそうな花の海。
自然のエネルギーを体感できるスポットで“季節”を感じられてみてください(^^♪

季節体験農場 花の海
山陽小野田市埴生3392
0836-79-0092

ヒマワリの開花状況など最新情報は花の海Instagramから☆




| Category: Friday Special Report | posted at 23:59 | by 瀬来未央 |

《《 戻る