■ 2012-10-03

光紙芝居

聞いてよ、元気!!やまぐち県民活動

第2回は、

光市の昔話や民話などを素材にした紙芝居を上演されている、
『光紙芝居』をご紹介。

お話は、末岡美由紀 会長
地元を愛する気持ちをまっすぐに熱くお話くださいました。

地域の人や子どもたちが光市を誇れるよう「心のふるさとづくり」を目指して伝承活動し、
子育て支援にも努めるというみなさんが上演する紙芝居は、

なんと、手作り!!!

石城山の「『たさあさあの茶店」
牛島の「タコと茂平」
室積の「あわてもんの杵崎まいり」・・・

これまでの制作された紙芝居は40以上!
細やかな取材と地元への愛情を注ぎ込んだ紙芝居は、ぬくもりに溢れています。


取材時には伊藤博文公の幼少期のお話「林利助物語」を上演してくださいました。

拍子木は副会長の田中保さん。

いつもはお話と音楽を交えて、読み手も1人ではなく数人で上演されるという『光紙芝居』

定期上演は、光ふるさと郷土館(無料休憩室)第3土曜日 10:30〜11:30

きっと、楽しいひと時になりますよ!是非おでかけください。


---放送された番組を聞くことができます---
2012.10.03.OA -Podcast-


| Category: General | posted at 09:23 | by ばんじ |

《《 戻る