OA mail 宮田あやか

■ 2020-03-29

Recipe13:ブリのトマト丼

nullnull
<トマト煮の素 材料>
〇トマト缶・・・1缶
〇塩麴・・・大さじ4
〇ハチミツ・・・大さじ1
〇にんにく・・・適量

<ブリのトマト丼 材料>
〇ブリの魚切り身・・・6枚
〇お好みの野菜・・・適量
〇トマト煮の素・・・400g(トマト缶1杯分)
〇ごはん・・・適量
null


-下準備-
〇トマト煮の素の材料をすべて混ぜ合わせ、製氷容器に入れる。(冷凍1か月保存可能)
〇ブリは分量外の酒と塩麴に15分程度漬けておく。(臭みをとりながら、下味をつけていきます)下処理後、一度洗って水気を取り除いておきます。
〇野菜は食べやすい大きさにカットしておく。(生の筍を使用される場合はぬかで下茹でしておきます)

<作り方>
.侫薀ぅ僖鵑縫屮蝓¬邵據▲肇泪伴僂料任魏辰┐導犬鬚靴燭蕋己程度中火で蒸し煮する。
∩澗里鵬个通ったらご飯にかけて完成。(お好みで目玉焼きをトッピング)

・ 使用野菜はタケノコ、新玉ねぎ、人参、豆苗
・ ハチミツの代わりに甘酒や砂糖を使用してもOK
・ 最後にお好みでチーズや塩・こしょうを加えて調味。
・ ブリは下処理後、分量外の薄力粉や米粉をふるとオリーブオイルで焼くと身がくずれにくくなり、更にブリの旨味も増して美味しく仕上がりますよ♪
・ 塩麴のない方は塩少々で代用できます。

=栄養ポイント=
良質なたんぱく質と脂質を豊富に含んだブリでお子さんの成長をサポート!
青魚の中でも最も血液サラサラ成分のEPA・DHAを含有しているブリで家族みんなで丈夫な血管に!


★食育メモはこちらをクリック★
| Category: おひるできたよ〜 | posted at 09:20 | by スタッフ |

■ 2020-03-22

Recipe12:発酵スープの素で豆乳味噌スープ

null
<発酵スープの素>(割合で記載)
〇味噌……………………300g(2)
〇塩麴……………………150g(1)
〇はちみつ……………… 150g(1)

※お好みできな粉(適量)を入れると◎



null

<材料> 4人分
〇お好みの肉・野菜………… 適量
〇油揚げ…………………… 適量
〇水……………………… 400
〇豆乳…………………… 400
〇発酵スープの素………… 大さじ3




・野菜は春キャベツ、えのき、カボチャ、人参、オクラ、木クラゲ、豆苗を使用。
・水→だし汁に変更すると更に美味しくなります♪
・最後にお好みでごま油や砂糖を加えて調味。


-下準備-
〇発酵スープの素は全てを混ぜ製氷容器又は煮沸消毒した保存瓶で保存。
※製氷容器に入れて冷凍庫保存3カ月。
null

〇野菜と肉は食べやすい大きさにカットしておく。
〇肉には分量外の塩・胡椒をふるって酒をまぶしておく。(臭みを消す)



<作り方>
.侫薀ぅ僖鵑北揚げ、お好みの肉・野菜、水を加えて蓋をする。
中火で8分加熱して全体に火が通ったら火を止める。
Fζを加えて発酵スープの素で調味したら完成!


=栄養ポイント=
発酵調味料と大豆イソフラボンで免疫力アップ!!具沢山でしっかり噛む習慣づくりと早食い防止ができますよ♪

★食育メモはこちらをクリック★
| Category: おひるできたよ〜 | posted at 09:20 | by スタッフ |

■ 2020-03-15

Recipe11:塩麹レモンのマカロニ

null
<塩麴レモン※割合で記載>
〇塩麴・・・ 1
〇100%レモン果汁・・・1
<作り方>
煮沸消毒をした瓶の中に同割加えて蓋をしたら瓶を振る。



null

<材料>
〇マカロニ・・・100g
〇鮭切り身・・・3枚
〇お好みの春野菜・・・適量
〇酒・・・50
〇牛乳・・・200
〇塩麴レモン・・・大さじ1




*使用野菜・・・新玉ねぎ、アスパラ、アボカド、しめじ
*鮭の切り身に片栗粉をまぶしておくと、煮崩れしにくく、全体に少量のとろみがつき◎

-下準備-
〇野菜と鮭の切り身は食べやすい大きさにカット
〇マカロニは表示通り茹でておく。

<作り方>
.侫薀ぅ僖鵑忘、お好みの野菜と酒を加えて蓋をし、中火で3分蒸し煮する。
火を止めて湯気が出なくなったら塩麴レモン割りと牛乳、マカロニを加えて全体を混ぜたら完成。



=栄養ポイント=
鮭に含まれるたんぱく質や血液をサラサラにするω-3脂肪酸、若返りに効果的な抗酸化物質、腸活にオススメの塩麴レモンで家族みんなで体をメンテナンス!免疫力を高め、若返りにも効果的なので家族みんなの美容と健康にオススメのレシピです♪

★食育メモはこちらをクリック★
| Category: おひるできたよ〜 | posted at 09:20 | by スタッフ |

■ 2020-03-08

【募集中】食のお悩みありませんか?

毎週耳で覚えられる休日ごはんのレシピを教えてくれる
管理栄養士・柴田さやかさんに「食」に関するお悩みを相談してみませんか?

null

・ 子供が野菜を食べてくれない
・ 免疫力が上がる料理が知りたい
・ 料理がおいしくなる食材の調理法

などなど、お子さんのことや自分のことで「食」に関することならなんでもOK!

メールアドレス mada@fmy.co.jp までメッセージをお送りください


締め切りは【3月24日(火)】


気軽にご相談ください^^
| Category: おひるできたよ〜 | posted at 14:07 | by スタッフ |

■ 2020-03-08

Recipe10:春野菜の塩丼

null
<材料>米2合分
〇鶏肉(むね肉・ささみ)・・・1枚
〇ごま油…… 適量
〇お好みの春野菜・・・適量
〇塩昆布・・・大さじ1
〇鰹節・・・大さじ1
〇料理酒・みりん・・・各大さじ1

null
※今回の使用野菜は春キャベツ、人参、新玉ねぎ


-下準備-
〇野菜と鶏肉は食べやすい大きさにカット(鶏肉は塩・胡椒をふっておく)

<作り方>
.侫薀ぅ僖鵑砲瓦淕と鶏肉を加えて加熱。焼けたら、裏返して野菜と塩昆布、鰹節、調味料を加えて蓋をする。
(鶏肉に火が通るまで3〜5分中火で蒸し煮。)
⊆絏个砲靴峠嫐邵擇魏辰┐30秒〜1分加熱したら、ごはんの上に盛りつけて完成。



=栄養ポイント=
鶏むね肉やささみに含まれる疲労回復成分と春キャベツに含まれるビタミンCの相乗効果で、
お子さんの疲れにくい元気な体づくりをサポート!
小さなストレスがたまりやすいこの時期にオススメの疲労回復レシピです

★食育メモはこちらをクリック★

| Category: おひるできたよ〜 | posted at 09:20 | by スタッフ |