無有産(ムーブ)研究所
代表 杉本幹生さん

宇部市生まれ。宇部高校卒。農業に従事する傍ら1999年、無有産研究所を立ち上げ代表として現在に至る。同研究所は地球温暖化等の様々な研究と開発を精力的に進めている。具体的には本人発案「鉄炭だんご」を海に撒く。使い捨てカイロから鉄分を取り出し、その鉄分にご飯つぶや工作用の糊などを加えてダンゴを作る。あるいは、邪魔な孟宗竹を利用した竹炭に鉄粉と粘土を混ぜて焼いてダンゴを作る。この「鉄炭だんご」が川や海の浄化を行い、魚介類の増加に役立つ。


無有産(ムーブ)研究所

〒759−0207
宇部市厚南区上開作
筺Fax:0836−44−3868
H.P:http://air.ap.teacup.com/applet/move/msgcate1/archive