■ 2021-03-26

Friday Special Report〜秋吉台サファリランド編〜

カンガルーのポケットの中に入りた〜い!!

…という想いは全人類共通の夢だと思うのですがいかがでしょう??
フカフカで暖かくて安らげそうで寝心地が抜群に良さそうではないですか?

null

今週のリポートで注目したのは美祢市秋吉台サファリランド・ふれあい広場で仲良く暮らす約30頭のアカカンガルー。
茶色い毛並みなのに名前に“アカ”が入っているのはどうしてだろう…と不思議だったのですが、なんとオスは首からお胸にかけての部分の毛が分泌液によって赤色に見えるからなのだそうです。
普段は背中を丸めた前傾姿勢で過ごしていることが多いカンガルー達ですが、是非、ふれあう際は首元部分をチェックされてみてください(^^♪

背筋を伸ばしてすっくと姿勢を正すと…約150センチに到達しそうな子も!
なんとスタッフの荒瀬佳代子さんと同じくらいの背丈です。

nullnull

オスもメス前足と後ろ足はしなやかで華奢だけれど、肩幅や腰回りはガッシリとしていてアスリート体型。後ろ足も一見細いですが、ジャンプする際に身体全体を支えるとあって筋肉は立派についています。脚力には自信アリ!

\ しっぽも全部 筋肉なんだよ〜!/
null

草食動物らしく優しくて人懐っこくて穏やかな性格なので、小さなお子様でも気軽にエサやり体験を楽しむこともできます(●´ω`●)
カンガルーは視力が弱い為に、ポンとエサを投げるように与えてしまうと見失いがちなので…しっかりと口元に持っていってあげる方が食べやすいみたいですよ。こんなに近付いて大丈夫?」と、最初は少しドキドキするかもしれませんが、スタッフさんに手伝っていただきながらカンガルーと仲良くなってみてくださいネ。

null

そしてメスに限ってですが近距離に近付くと…お腹のポケットの中の可愛い赤ちゃんも確認できるかもしれません。とっても恥ずかしがり屋さんなので、知らない人が傍に来たときはお顔を隠すことが多い赤ちゃんですが、ゆっくりじっくり優しく見守っていると出会えるチャンスが高まるはずです。
因みにカンガルーのメスの生態系は不思議で神秘に満ちていて“ポケットの中に赤ちゃんがいる状態”の時点で既に“お母さんカンガルーの胎内には、もう1匹、子カンガルーの生命が宿っている”のだそうです。時間差のある双子…になるのでしょうか。こういった育児を行う動物は他には居ないので衝撃的な事実でした。

赤ちゃんといえば、昨年10月に生まれた活発なチーターの2匹の赤ちゃん&昨年12月に誕生したトラの赤ちゃんもすくすく成長中☆
それぞれ身体も大きくなってきて、本格的に大人の仲間入りを果たす為に居住エリアのお引越しが迫っています。よりクルマから見やすい位置への移動なので、来援された際は引き続き凛々しくなっていく様子を見守ってあげてください(#^.^#)

4月5日(月)以降にトラエリアへのお引越しが決まっているトラの赤ちゃんの名前は公募の中から雪の結晶を意味する「六花」に決定。
雪の季節生まれのリッカちゃん。響きがキレイですよね。

null

冬に生まれた立花ちゃんが体長60センチを超えそうなほど元気に大きくなってきて、季節の移り変わりの早さを感じます。
秋吉台サファリランドでは今年も駐車場やマイカー入園受付入り口付近など…園内に咲く桜が見頃を迎えてきていますよ。ご家族やお友達同士でソーシャルディスタンスを保ったお花見を兼ねて、春休みは暖かい陽気の中でのびのび過ごす動物たちに会いに行ってみてはいかがでしょうか(*^-^*)

| Category: Friday Special Report | posted at 23:53 | by 瀬来未央 |

■ 2021-03-19

Friday Special Report〜ときわ公園編〜

やってきました!宇部市ときわ公園



「さくら名所100選」にも選ばれているほど、県内きっての桜の名所として親しまれているときわ公園ですが、宇部市観光・シティプロモーション推進部 ときわ公園課 活性化推進係主任でいらっしゃる島谷恵子さんにお聞きしたところ…ときわ公園の立派なソメイヨシノはつい昨日、開花宣言されたばかりなのだそうです。

リポートに伺った本日も、咲き初めのフレッシュなソメイヨシノの鑑賞に来られたのかな(*^_^*)?というような方が朝から来園されていましたよ。

ビタミンイエローが目を惹く菜の花やツツジやボタンなど季節によって綺麗な花が咲き乱れるときわ公園の中でも、今時期にちょうど見頃を迎える桜。



晴れた空の下で眺める桜もウットリするほど素敵ですが、ときわ公園ではこの度3月20日(土)〜4月4月(日)までの期間限定で東駐車場周辺の桜の夜間の【夜桜ライトアップ】イベントを実施します!

藍色の夜の中で、淡い乳白色の光や濃〜いピンクの灯りに浮かび上がる桜は何ともロマンチック。
爽やかな昼間の一面とはまた違った幻想的な空間が広がることでしょう♪

沢山の方に愛でてほしい景色ですが…感覚を十分に空ける、鑑賞の際はマスクを着用する、大人数で長時間の飲食を避けるなど新型コロナウイルス対策を各自で万全に行った上で昼夜のお花見を楽しんでくださいネ。

ときわ公園に植えられている桜はソメイヨシノを始めとして、マメザクラ、シダレザクラ、ちょっと珍しいギョウコウなど、全てを合わせると3000本以上(!)駐車場〜湖を囲むように園内各所に植わっていますので“密”にならないようにお好みの場所で広々と桜鑑賞ができそうです。



ソーシャルディスタンスも余裕で確保できる、ときわ公園の広大な敷地の中には遊園地・動物園・植物園が詰まっていてウォーキングをするにもモッテコイ!な場所ですが、現在ときわ公園では園内各地を巡る【ときわ公園クイズラリー】を開催中です。
スタンプを5コ集めると園内各施設で使えるお得なクーポンをプレゼント★
更に頑張ってスタンプを10コ集めると、抽選で遊園地の乗り物招待券や大きなシロテテナガザルのぬいぐるみが当たるチャンスも★★
どなたでもご参加いただけますので春の陽気の中をウォーキング感覚でチャレンジしてみてくださいね。



昨年の今頃はコロナウイルスが全国的に流行しはじめて、不安な気持ちで桜を見上げていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。
今年は感染から身を守る方法もシッカリ身に着いている方も多いかと思います!!
コロナ対策を講じて、ご家族やお友達同士で春のときわ公園に沢山思い出を作りに来てくださ〜い(●^o^●)

| Category: Friday Special Report | posted at 13:52 | by 瀬来未央 |

■ 2021-03-12

Friday Special Report〜永源山編〜

国道2号線など周南市新南陽地区近辺を車で走っていると目に入ってくる、永源山・山頂の『ゆめ風車』。

null

高さ24m、羽根は1枚約12mもの大きさを誇る7階建ての造りになっています。
夜間はライトアップされて綺麗ですよね。

この風車の1階部分に、どこかレトロなデザインが可愛らしいパイプオルガンが展示されていることをご存知でしたか(*^-^*)?
高さ・幅共に約3m、重さはなんと600圓板興杜無蕕亡兇犬蕕譴泙垢、パイプオルガンの種類の中では中型なのだそうです。

nullnull

駅や公共広場に設置されるストリートピアノが流行していますが、永源山には“駅ピアノ”ならぬ“山オルガン”があるんですね!

オルガン下部には風車が回る川辺ののどかな風景が鮮やかなタッチで描かれています。
風車といえば遥か約9000厠イ譴織ランダのシンボルですよね。
それもそのはず。周南市とオランダのデルフザイル市は平成2年以来、姉妹都市関係を結んで交流を続けています。このオルガンも国境を越えた友好の証として特別に購入したものなのだとか。

null

今日は特別に永源山のスタッフ、金子さんと笠岡さんの手をお借りして実際に演奏して頂きました♪
快くご協力いただき、本当にありがとうございました(*^▽^*)

nullnull

オルガンに触れたことのない私はピアノのように鍵盤で演奏するのだとばかりだと思っていたのですが、音階を表す穴が空いている薄い木の板のような専用の楽譜をセットして、本体裏にあるハンドルをグルグルと回すだけで…立派に曲になるんですよ〜!穴の大きさに合わせて内部に空気を送ってリズムを作り出す、ふいごの仕組みになっているのですね。
このハンドルが割りと重たいらしく、2分くらい回し続けていると結構な運動量になります(+ω+)

“さくらさくら”などの童謡から“おどるポンポコリン”のようなアニメソング、“聖者の行進”などアメリカ民謡まで幅広いラインナップで曲目も揃っています。

演奏中に中央に並んだ3体の人形がカタカタ動く様子はカラクリ時計のようで眺めていても楽しかったです(#^.^#)

null

迫力のある音量とポンポンポンという独特の音色は異国情緒が漂っていて、コロナウイルスの影響でなかなか海外旅行に行けない今、地元で外国の風を感じることができますね。

現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止の為に一時中断している体験演奏も、コロナが収束を向かえたら再開される予定があるそうです。
一日も早く状況が好転して、お子様から大人の方まで沢山の方の手によって優しいオルガンのメロディが鳴り響く永源山公園の日常が戻ってきますように。

nullnull

春を迎える永源山ではカンザクラやチューリップが訪れる方の目を楽しませてくれています。
広〜〜〜い芝生広場や人気の遊具がある公園エリアでは十分にソーシャルディスタンスを保てますので春休みはお弁当を持ってピクニックに出掛けてみるのもいいかもしれませんね。

nullnull

その際は是非、鳥のさえずりを聴きながら山頂まで足を延ばしてオランダ産まれのオルガンもごらんになってみてくださいネ。


| Category: Friday Special Report | posted at 23:52 | by 瀬来未央 |

■ 2021-03-05

Friday Special Report〜山口!ふしぎ発見編〜

県内に潜むちょっとした“フシギ”を求めて…今週のリポートコーナーでは瀬来がふしぎハンターになりきって、リスナーの皆様&金曜パーソナリティのカオリーナにクイズを出題しましたよ。やって来たのは光市・冠山総合公園

nullnull

梅の名所として市内外の方に愛されている、コチラの広々〜とした公園の入り口には修景池という大きな池があるんです。
この池には立派な鯉たちが仲良く悠々と暮らしています。(10匹以上は生息しているはず!)

null

赤や白や黄色のカラフルな鯉たちですが、実はこの鯉の中には何匹か個性的な特徴を持った鯉がいるんです。
少しご紹介すると…鯉でありながら人の顔のような顔付きをした“人面さん”。
赤い体の頭部分に黒いハートがポチっと浮かんでいる“ブラックハートちゃん”。
同じく頭の部分にカエルの模様が見える“カエルちゃん”。

nullnull

落ちないように気を付けて池の際まで近付くと、エサがもらえると思うのか?皆、集まってきてくれて人懐こくて可愛いんですよ(●^o^●)因みに鯉のエサも1袋100円で公園売店にて販売中です♪

中でも一際、目を惹くのは…さながら広島東洋カープの球団キャップを被っているような赤い帽子の模様を頭に持つ“カープちゃん”!球団マスコットキャラクターのカープ坊やを彷彿とさせます。
カープファンを中心に人気を集めていましたが…なんとカープちゃん……現在、行方不明中なのだそうです( ;Д; )この事実には衝撃を受けてしまいました。

null

職員さんもとても心配していらっしゃるようで、WANTEDの張り紙が。
もしかしたら隅の隅の隅の方に隠れているのでしょうか?
私たちの目には入らない場所だったとしても、どこかで元気にスイスイ泳いでいてくれることを願うばかりです。

放送でも呼び掛けましたが…カープちゃ〜ん!!このブログを読んでいたら(?!)速やかに住処に帰ってあげてね!みんなが待ってるよ!
次に冠山総合公園に足を運んだ時にはカープちゃんが仲間と一緒に修景池でのんびりと暮らしていますように。

インパクトが大きかったり、オシャレだったりとユニークな鯉。唯一無二の素敵な模様を持って生まれてくるのは何故なのでしょう。う〜ん、ふしぎ!です。
中でも「見つけるとラッキーなことが起こる」というジンクスを背負っているのはリボンちゃん。
白い体に赤いリボンの模様を持つキュートな鯉です☆
多くの鯉が暮らしている修景池なので簡単には出会えませんが、じ〜っくり探してみるときっと出会えるはず。私も粘ってパシャリできました!

null

梅がこぼれた後の冠山総合公園で見頃を迎える花は桜。
4月中旬には牡丹(そうそう、牡丹柄の“ぼたんちゃん”という鯉もいます。)、5月初旬からはバラ、6月初旬は菖蒲と次々に美しい花が盛りを迎えます。
個性的な鯉ズに会いに来られた際は是非、季節の花も愛でてみてくださいね。


| Category: Friday Special Report | posted at 15:37 | by 瀬来未央 |

■ 2021-02-26

Friday Special Report〜笠戸島の河津桜ご紹介編〜

例年に比べて暖かな陽気が続いている2021年の初春…下松市・笠戸島は今、早咲きでお馴染みの河津桜が見頃の盛り!
遠くから見ても目を惹く濃いピンク色の大ぶりの花弁が桜鑑賞に足を運ばれた方々の目を和ませてくれています。

リポートで笠戸島に向かった日はシトシトと朝から雨が降っていたのですが、薄靄のかかる瀬戸内海をバックに雨粒が滴る河津桜は風情たっぷりに儚げな雰囲気を漂わせていて幻想的な美しさがありましたよ。

写真は太陽の下で咲き誇る満開の河津桜。リポート前日に写真を撮りに来ていました(*^-^*)

nullnull

雛飾りのぼんぼりのような可愛らしいピンク色は春の到来を感じさせてくれてワクワクしますね。
メジロが枝で羽を休めている瞬間もあり、のどかな光景にほっこり。

null

天気の心配が無い日はカメラを構えたご家族連れやお友達同士の方が目を細めて河津桜を愛でていました。
皆さん、待ちわびていた河津桜の開花だけあって入れ代わり立ち代わりで常に桜見物満喫される方が来られていましたが…笠戸島には、県道沿いに駐車場付きの鑑賞スポットが5ヶ所・キャンプが楽しめる家族旅行村付近・国民宿舎 大城付近などなど、河津桜をゆっくり眺められるスポットが島内に点在しているので一か所に集まって【密】になる恐れを気にすることなく、安全に桜見をすることができます。(河津桜鑑賞に来られていた皆さんもマスクをしっかり着用し、ソーシャルディスタンスを保ちながら静かに桜を見られていました。)

そうそう、何ヶ所かある鑑賞スポットの中でも特にオススメなのは…国民宿舎・大城 第4駐車場!の!向かい側。

nullnull

こちらには河津桜の下に地元の皆さんの手で植えられた菜の花も一緒に揺れているんです。
ビビッドなピンクとビタミンカラーのイエローの天然のコントラストには思わずウットリしてしまいます。
null

今年は新型コロナウイルスの影響で毎年開催されている河津祭は中止が決定していますが、まだこの先の1週間〜2週間は見頃が続きそうなので、穏やかに一足早い春の訪れに浸ってみてはいかがでしょう(●´ω`●)
金曜パーソナリティのカオリーナもお話されていた通りに桜は散り際の桜吹雪も美しいので、是非引き続き笠戸島の河津桜の移り行く様子を追い掛けてみてくださいネ。

より温かくなって河津桜の見頃が落ち着いたら…ソメイヨシノなどの桜が咲き始めるシーズン!それはそれで待ち遠しいです♪


| Category: Friday Special Report | posted at 13:39 | by 瀬来未央 |

■ 2021-02-19

Friday Special Report〜秋吉台サファリランド編〜

昨日から降り続いていた雪で白く化粧をした山々に囲まれた美祢市・秋吉台サファリランド

昨年末に誕生したトラの赤ちゃんの一般公開がスタートしたということで会いに行ってきましたよ〜!
2020年12月11日に、ちからお父さん&ツキお母さんとの間に生まれたトラの子どもは元気いっぱいながらも少〜し恥ずかしがり屋さんの女の子(*^_^*)

現在の体重は約4kg、体長は約45cm。豆芝犬と大体同じ位の大きさです。
フワフワの毛にはしっかりとシマシマ模様が。



スタッフの吉村慎也さんとはすっかり信頼関係が築けていて、常に吉村さんの足にじゃれ付いたり指を甘噛みしたりと甘えていました。
吉村さんも囁くように優しく「クスクス、クスクス」と話し掛けていましたよ。トラ語(?)でクスクスという鳴き声は友愛の印なのだそう。トラ同士はこの鳴き声でコミュニケーションを取るんですね。

もちろんお腹が空いた時や遊んでほしい時に「ガオガオ」という風に鳴くこともありますが、やや低めの声はすでに大人のトラのようで迫力を秘めていました。
あどけなく丸〜いお顔は子猫のように愛らしいので「ミュウミュウ」と鳴くのかと思って耳を澄ませるとギャップに驚いちゃうかもしれませんね(●^o^●)



生まれたばかりの姿は秋吉台サファリランドのHPに掲載されているので是非ご覧になってもらいたいのですが…生後約2ヶ月の現在の時点で、顔付きが少しずつ凛々しくなってきています。
どの動物もそうですが赤ちゃん時代は本当にアッという間に過ぎ去っていくので、貴重な瞬間を見逃さないように会いに行ってみてはいかがでしょうか。

トラの赤ちゃんは…動物ふれあい広場休憩所・ガラス展示場にてガラス越しに眺めることができます。
11:00〜12:00/13:00〜16:00の1日2回!のびのびと遊んでいる姿に会えるチャンスがあります。
時間帯によってはお昼寝中かも?キュートな寝顔にも癒されますよ〜。

また運動の為に「お散歩タイム」として…2月28日(日)までの土曜日・日曜日・祝日の11:45〜12:00/13:30〜13:45の時間帯にはキッズサファリ内をお散歩している姿を見ることもできます♪
写真撮影はOKなので、歩く姿は意外と(?!)もう足取りが大人のように、のしのしとしっかりしている印象でした。
人気者のトラの赤ちゃんにはファンが多いようで、パレードのように皆から慕われて堂々と歩く様子をパチリと収めてくださいね(ふれあいはご遠慮くださいネ)!!

  わがはいはトラの赤ちゃん!
\現在名前を募集中〜(#^.^#)/


お顔を見てピン!とキタ名前を応募用紙に記入して、ガラス展示場の前にある専用ボックスに投函を♪
ご応募いただいた名前の中からスタッフさんが吟味して名前を決定されるそうです。決定した名前に応募された方の中から抽選で命名証の認定プレゼントもあります。

秋吉台サファリランドにトラの赤ちゃんが誕生したのは実に9年振り!
待望のベビーということだけあって、すでにアイドルの呼び声が高いベイビー。すくすく成長中の無邪気な姿をお見逃し無く!
| Category: Friday Special Report | posted at 13:06 | by 瀬来未央 |