■ 2013-05-14

第6話:献血の種類?



ピロミ: 私、ピロミ!!大学生活をたのしんでます!キャピ♪
     入学して、あこがれの田村さんとお近づきになるために献血の学生ボランティアになったんだけど・・・

ピロミ: コソコソ・・・・サッ!コソコソ!!サッ

西山: それにしても、田村さんももてますよね〜。。。田村さんどんな人が好みなんっすか??

田村: そうだな〜おれは・・・・・(FO)

ピロミ: ふむふむ。。。。ふむふむ。。。何かを一生懸命に頑張る子が好き?
     ほほーう。たとえば・・・献血ボランティアやってる子で一生懸命呼びかける姿もいいよね〜・・・
なん・・だと・・・

加久: なにやってるの?ピロミちゃん?

ピロミ: ぎゃッ!!!加久さん!?びっくりした〜情報収集をね・・・
     ピーン ボランティア一生懸命する・・・田村さんに好かれる!!よし!
     ねぇねぇ、加久さん!献血についてもっと教えて!!

  加久: おお!ぴろみちゃんがいつになく真剣!!
やっとやっとね。。。うぅ・・・・・よーし!!じゃあ、種類から教えていこうかな♪

ピロミ: えっと・・・えっと・・種類??

加久: うん、献血には、大きく分けて二つ種類があります。
     それは知ってる?

ピロミ: んんん・・・・あーなんだっけ??

加久: ひとつは全血献血。もうひとつは成分献血ね。

ピロミ: そうそうそれそれ!!

加久: うん、全血献血には、400mL献血と200mL献血があって、
血液中の全ての成分を献血してもらう方法ね。

ピロミ: ほ〜

加久: 一方、成分献血には、血小板成分献血と血漿成分献血があって
特殊な機械を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血するの。
そして体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻すんだ。

ピロミ: にゅにゅにゅ〜??なんでこんなに種類があるの??

加久: えっとね、年齢とか、体重とかで制限があるの。
だから、人によっては、この種類の献血しかできないっていうひともいるんだ。

ピロミ: へぇ〜・・・・加久さん!もっと詳しく教えて!!

加久: おっけ〜まずは・・・400ml献血から・・・・


| Category: ピロミのハートフルリレー | posted at 14:39 | by 築地 |

《《 戻る