■ 2014-03-14

第50話:ヘモグロビンが少ない!?

ピロミ: 私、ピロミ!!大学に入学して、献血の学生ボランティアになりました!
     現在、山口県赤十字血液センターの加久さんのもとで勉強中♪

ピロミ: かーくさーん!!献血行ってきたのに〜〜〜・・・・断られた・・・!!ぐすん

加久: え??なんで??

ピロミ: なんかね、ヘモ・・・ヘモ・・・・もへじ??が足りないんだって!!

加久: あぁ、血液中のヘモグロビン量がたりなかったんだね〜

ピロミ: なんで??足りないとダメなの??

加久: うん、ヘモグロビン量が少ないと貧血の可能性が高くなるんだ。貧血の方から採血することはもちろんできないよね。

ピロミ: たしかに・・・・てことは、みんなヘモグロビンが足りない人は貧血ってこと???

加久: いや、ヘモグロビン量が少ない方が全て貧血なわけじゃないんだ。。採血の基準は、献血していただく方の安全を考えているから、採血しても貧血にならないように高く設定されているんだよ。

ピロミ:ほぉ〜なるほど。んじゃ、血液が濃ければ濃いほどいいんだね!

加久:いや、それも違うんだ。血液の中のヘモグロビン濃度がある一定上のときは。脱水などによって見かけ上赤血球量が増えたように見えるときや、ストレスやタバコを吸うことによって赤血球量が増える時もあります。今の採血基準では、ヘモグロビン濃度の上限は規定されていないんだけど、検査であまりにも高いヘモグロビン濃度があるときには、献血をご遠慮いただくことがあります。
     
ピロミ  へぇ〜・・・・な〜るへそ〜。ねぇねぇ!ヘモグロビンを多くするには、どうしたらいいの?!


| Category: ピロミのハートフルリレー | posted at 22:55 | by 築地 |

《《 戻る