■ 2013-08-27

天皇杯へ

2013年8月25日(日)、山口市の維新百年記念公園陸上競技場で開催された、山口県サッカー選手権(天皇杯予選)決勝戦、レノファ vs. 徳山大学。
game
ゲーム開始から攻めるもなかなか得点につなげることができず前半42分に失点。
見ていてかなりもどかしい1stハーフでした。

0-1で折り返した後半10分に坂本選手が同点弾、そのあとオウンゴールと大山選手の2発で結果4-1。2年ぶり5回目の県選手権優勝を決めるとともに、天皇杯への切符を手にしました。
tate

初戦は9月1日、秋田市八橋運動公園陸上競技場で秋田代表、JFLのブラウブリッツ秋田と対戦します。
ブラウブリッツ秋田も今年2月26日にJリーグ準加盟が認められています。
共にJ3を目指すチーム同士の一戦。負けられませんね!
これに勝てば9月7日にユアテックスタジアム仙台でJ1のベガルタ仙台と対戦します。
その翌週14日はリーグの今シーズン最後のホームゲーム vsデッツォーラ。リーグは21、22日と福山で集中開催があって、天皇杯2回戦に勝てば10月に入って3回戦、そのあと第49回全国社会人サッカー選手権大会の初戦が10月19日、出場がかなえば第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会〈1次ラウンド〉が11月8日から。天皇杯3回戦に勝っていれば11月16日に4回戦です!

J3へ向け、大事な大事な秋ですね!


以下試合終了後のコメント------

坂本博選手
(満面の笑みで…)決りました!良かったです。ホッとしました。

平林輝良寛キャプテン
結果的に点差はついたが、しんどかった。
チャンスが多かったにもかかわらず決め切れなかった分、相手にいい動きをさせてしまい失点した。
坂本選手のゴールでホッとした。勢いも付いた。後半修正できてしっかり取り返せてよかった。
J3に行くため、もっともっと皆さんにサポートして頂けるよう頑張る。

中山元気監督
先制された後にもう一点取られなくてよかった。
ハーフタイムで修正点をしっかりと確認できた。相手のボランチのところがルーズになっていて持ち込まれる…そこをしっかりとケアして、後は決めるということ。
後半に落ち着いて入ることができた。
(天皇杯に向けては)チャレンジャーなので思い切って戦う。
| Category: 6 観戦記 | posted at 16:32 | by 金光 |

■ 2013-07-03

【観戦記】 2013シーズン第16節 vs デッツォーラ島根

第41回中国サッカーリーグ第15節、対デッツォーラ島根戦が、6月29日(土)に島根県のサンビレッジ浜田で行われました。

bus

◇レノファバスに、金光は山口リフレッシュパークから乗車

今シーズンの優勝の行方を占ううえで、まさに決戦となる一戦。
この度はレノファ・バスで敵地に!!
お弁当付きで4000円。私もお弁当付きにしました(^ ^)
席は小学生から、人生の大先輩まで幅広い年齢のサポーターでほぼ満席、道中はサッカーそしてレノファへの思いを含めた自己紹介(大げさなものではないです)やクイズなどで楽しみました。


stand

◇敵地にも多くのレノサポ

観戦スペースには450名(主催者発表)の入場者。アウェイにもかかわらず、デッツォのサポーターに負けない数のレノファサポーターが参戦。



akusyu

◇選手入場

当日は多少雲もありましたが、よく晴れて気温も上昇。しかし前回の維新のラグサカに比べると湿気が少なく、風もあって、まずまずのコンディション。(とはいえ、暑いことに変わりはありませんが…)

デッツォーラはここまで負けなしの実質首位(と言えます)。レノファが優勝するためには絶対に落としてはならない一戦です。

stamen

◇スタメン

今回はスピードのあるMFキム選手とFW岡本選手、運動量豊富なDF孫選手らが先発。


以下試合前の選手のコメント
平林「勝つだけだ。チームとしては90分戦えるコンディション作りができているかを確認した。」
キム「久々のスタメン、チームが一つになって立ち向う。小さなミスも許されない。早さを活かして点に結び付けたい。」
石田「後半から行くと思う。今日負けたら本当にだめ。今日はとにかくどんな形でも点を取って、勝たなくてはいけない。(ボールを)ゴールラインを越えさせたい。」
中原「後半からの(出場)機会があると思う。死に物狂いで戦って優勝争いに残りたい。」
寺田「セットプレーの確認をした。スピードのある展開と高い位置からのプレッシャーをかけて行く。」


goal

◇失点

しかし前半2分、立ち上がり風下に立たされたレノファは少しバタバタとしているとこを攻められ、、デッツォーラは中田選手からのクロスを深山選手がループ気味のシュートで決めて先制。
無情にもGK高宮選手が出した右手の向こうにボールは消えて行きました。


semeru

◇敵陣へ向かって

しかしまだゲームは始まったばかり!前半はシュート数2-7と攻められましたが、時間がたつにつれ、落ち着いてプレーを組みたてられるようになってきました。


semeru

◇攻撃る

後半に入り、風上に立つと、俄然動きの良くなってきたレノファ。
敵陣でのプレー時間が長く、支配率が高くなってきました。



pk

◇PKを止める高宮選手

後半PKを与えてしまう場面もありましたが、これをGK高宮選手が見事に死守。


−読んでいた?
高宮「はい、読みました。絶対に止めてやる!という気持ちでした。」(試合終了後コメント)
もしここで2点目献上となるとこのゲーム、非常に厳しくなっていました。


shoot-1

◇相手キーパーの好セーブが続く

終盤は怒涛の攻め、まさに猛攻!
が、ゴールが奪えない・・・。




hamakawa

◇ゴールを逸れるボール

ゴールマウスに向かうレノファのシュートは、ことごとく相手GK濱川アーレン優也選手の好セーブに阻まれ続けます。


boad

◇浜田にも得点盤が。

1点が遠かったです。
前半2分に(この会場には今までなかった)得点盤の敵側に1の数字が入って、そのあと試合終了まで変えることができず・・・。



試合後の中山監督のコメント
・大一番になればなるほど大切になってくる先制点を取りたかった。
・前半はDFラインの対応に追われたが、その中でもつないでゴール前に持って行こうとした。
・後半に向けては相手ボランチを引き出し、間でもらって前に出す事を意識させた。
・デッツォーラは組織的に守り、球際に強いチームだ。
・レノファは、チームとしては守り方もできている。あとは攻撃を含めて精度を高めていく。
・いかなる状況でも、必要なものを一つ一つ積み重ね、J目指して前を向いて準備をしていく。


wada

◇和田です

FM山口軍団の中にいた和田利絵(日焼け防止完全防備バージョン)の祈りも届きませんでした。



これで、今シーズンの優勝は極めて難しいものとなりましたが、リーグの中断期間も、全国社会人サッカー選手権大会中国地域予選会や天皇杯予選を兼ねた山口県サッカー選手権大会〜天皇杯があります。
引き続き、番組ともども、しっかりと応援していきます!


| Category: 6 観戦記 | posted at 16:07 | by 金光 |

■ 2013-06-26

【観戦記】 2013シーズン第15節 vs NTN岡山

第41回中国サッカーリーグ第15節、対NTN岡山戦が、6月23日(日)に維新百年記念公園ラグビー・サッカー場で行われました。

スタンド
◇メインスタンド北側の様子

梅雨真っ只中ですが、雨は後半にぽつんとぽつんと来ただけで、曇りながらなんとかもってくれました。ここはスタンドに屋根がないのでザーッとくると結構つらいことになることもあります。(何度か経験済み)
観客数は主催者発表で1257人。(収容人数は約3200人)


スタメン
◇スタメン

今回の写真はエスコートキッズと並んだところを載せてみました。
#9大山選手と#19石田選手の前の子は特にちっちゃくてかわいいですねー。長身の石田選手は女の子の倍以上あります。(^ ^)


ISHIDA
◇相手選手をかわしながらボールを運ぶ石田選手

試合は、その開始1分に石田選手が電撃の先制ゴール!今回は足!!(^ ^)
今シーズン最も早い時間での得点(これまでは2節・三菱戦での平林選手の前半10分)で最高のスタートを切りました。前回ホームゲームの佐川戦の無得点がうそのようです。

平林
◇平林選手のゴール直後

続いて30分に左コーナーキックからキャプテン平林選手が頭で合わせて2点目ゲット!写真のとおり、ボールがゴール右に吸い込まれました。
今日はこの調子で危なげなく得点を重ねることができるか?!と思いましたが、その2分後にNTN松本選手に決められて、前半を2-1で折り返しました。

sakamoto
◇坂本選手

2点目を決めた直後に1点返されるという、ちょっと嫌なカンジで後半に入りましたが、開始早々、この男が決めてくれました!! 前節久々のベンチ入り&先発出場し、この試合もスタメン、そして今シーズン初ゴール!!!#8坂本博選手です!
<坂本選手も参加してくれた「エフエム山口 レノファ山口サッカースクール」>
これでまた2点差に引き離しましたが、後半12分PKで2点目を献上で1点差に。
私の周りからも「こ、これはまだわからん・・・」との声が。
「い、いや、前回のNTN戦も前半1-2の劣勢から後半5点取って勝ってるし、いけるいける、追加点追加点。」と思いつつも、ちょっと不安。

koutai
◇後半32分、2選手交代

このあと後半17分に石田選手→新加入の#31岡本秀雄選手、32分に福原選手→飯塚選手、坂本→上垣選手と交代がありました。



okamoto
◇相手ペナルティーエリア内でボールを競る岡本選手

岡本選手は先日新加入した選手。前回6月21日のこのコーナーにも出演してくれました。
その模様はこちらから。
フレッシュな選手も投入されて、敵陣バイタルエリアが見事に活性化。
そ、そして、のどから手が出るほどほしかった追加点、そう、この試合の大きなポイントになる次の1点は、今回ひとつ前のポジション(中盤の底)で積極的に動いていた#14馬場慧悠選手が生みだしてくれました。
よし、残り10分で2点差!もうスタンドは大騒ぎ!!


iiduka
◇この試合5点目は飯塚選手

そして後半43分のダメを押す5点目は、今回途中出場の飯塚選手。今シーズン通算8ゴール目です。
これで試合は完全に決まりました。よかったぁ〜。



baba
◇インタビューを受ける、4点目を決めた馬場選手

よし!次はいよいよ、今シーズンここまで負けていない(10勝1分)のデッツォーラとの初戦だ!
絶対勝とう!!






| Category: 6 観戦記 | posted at 16:20 | by 金光 |

■ 2013-06-12

【観戦記】 2013シーズン第13節 vs 佐川急便中国

第41回中国サッカーリーグ第13節、対佐川急便中国戦が、6月8日(土)に維新百年記念公園陸上競技場で行われました。
stand
◇スタンドの様子

写真はキックオフ20分前のメインスタンド。ちょっと入りが少ないような気がしますが、キックオフの時間にはもう少し増えて、今回も主催者発表で2000人を超えるサポーターが詰めかけました。

stamem
◇スタメン

この試合は、全体に選手の動きが硬く、験のいい陸上競技場ではありましたが、なかなかチャンスを得点に結びつけることができません。
vision

◇後半6分のビジョン







takata

◇佐川・中島選手とボールを競る右SB高田健吾選手
高田選手はこの試合のマッチデープログラムの表紙にもなっていました。

前回AWAYの佐川戦も荒れた試合になっていましたので、ひょっとしてとは思いましたが、前回と同じく合わせて5枚のイエローが出るゲーム。
レノファ側の警告は石田選手、孫選手、碇野選手でした。

bench
◇後半37分の交代を前にボードでキム選手と田村選手に指示を出す中山監督

後半22分以降、続々と選手交代のカードを繰り出すも攻めきれず、結果前の対戦=第4節と同じくスコアレスドロー。

この日、ファジアーノ岡山ネクストとデッツォーラ島根の上位2チームがしっかりと勝ち点3を手中にする中、まさに痛恨の引き分けとなってしまいました。
その上、次節・ファジアーノ岡山ネクスト戦(AWAY)、警告の累積で石田選手と碇野選手は出場停止に。

試合後の監督へのインタビューでは、「アイデアがなかった。」という言葉が印象的。
アイデア、クリエイティビティ・・・サッカーなどの、基本的には常にプレーが流れている中で戦うスポーツには、特に決定機を作れない試合や膠着した試合に対して、瞬時の工夫、創造性が必要となってきますね。

「勝てなかった試合、楽しめなかった試合にも、必ず何かしら見るべきところはある。」とは、当時日本代表監督だったハンス・オフト氏にインタビューをさせて頂いた時の言葉です。
修正点をしっかりとケアしたうえで、「切り替えて次へ」(中山監督)と行きたいですね。

| Category: 6 観戦記 | posted at 16:02 | by 金光 |

■ 2013-05-14

【観戦記】 2013シーズン第8節 vs SRC広島

ホーム第3戦となる、第41回中国サッカーリーグ第8節、対SRC広島戦が、5月12日(日)に維新百年記念公園ラグビーサッカー場で行われました。

いつものように、チャリで10分ほどかけて会場へw

当日は快晴。気温もぐんぐん上がって絶好のサッカー日和・・・つか、ホントに暑い(- -)
プレスの受け付けをすまして、場内へ。

nyujyou

◇選手入場

選手入場です。
今日は、ユニクロ山口店、防府店を展開する「株式会社 マエダ商事 presents」の冠試合という事で、マエダ組の#19石田聖雄選手、#30飯塚亮選手の両名と、それに挟まれる形の、今私のオシメン=#18中原丈聖選手をフィーチャーした写真を選んでみました。
中原選手は4月26日のこのコーナーに出演、直後のホーム開幕・ネクスファジ戦で大活躍!!
やはり出演直後にその選手の活躍を見ると感動デス!!
放送で見せたその人の良さと素晴らしいプレーで、一気にファンになりました!
番組の様子はこちら

さてリーグでは前の日に現在トップを走るデッツォーラ島根ECが松江市シティーFC相手にスコアレスドロー!
「うぉぉぉぉぉ!ちゃちゃちゃーーーんす!」。
ここで勝てば実質4ある勝ち点差が2に!
最終的に、決勝大会で優勝しJ入りを目指す我々にとって、最近好調とはいえリーグ下位のチームはひとひねりと行きたいところ!もちろん油断は厳禁です!全力で立ち向かい、最低でも2点差、できれば3点差以上を付けての快勝!圧勝!を見たい!ここでつまづく様なことがあっては、リーグ優勝→決勝大会優勝→Jへなんてホント難しいです。

starmem

◇スターティン・メンバー

それが一番よくわかっているのはもちろん、選手と監督。
目の前の一戦一戦を大切にしつつ、確実に勝ち点を積み上げることを考えています。

試合前、中山元気監督とほんのちょっとだけお話させていただきましたが、(引き分けを挟んで)4連勝中のいい流れを途切れさせるわけにはいかないという心意気が伝わってきました。

この維新百年記念公園ラグビーサッカー場での試合、もちろん勝ち試合もあるのですが、私的にはあまりい印象がありません。
カッパの中までぐしょぐしょになった寒い雨の日の敗戦、格下相手にATで追いつかれての最悪のドロー・・・。
い、いかんいかん、いいイメージいいイメージ。

さぁ、試合開始!この日のレノファは前半から攻め攻めです!!
そして前半25分・・・石田選手ゴール!!
中原選手からのボールをドリブルしてからの右足〜っ!!
いやー、なんか、25分が長かった・・・
石田選手はこの試合の直前に出演頂いてます!!
番組の様子はこちら
またまた我が番組に出演直後の選手が活躍!!う・れ・し・い・よ〜!!
オシメン中原−石田のホットライン、最高です!

2tenme

◇ゴール直後の大山恭平選手

続いてその7分後、今度は大山選手がゴール!
アシストはマエダ商事組の一角、飯塚選手!おおっ!さすが冠試合!



ishidagoal

◇ゴール直後の石田選手

さらに終了間際、再び石田選手の右足一閃!
今日2つ目のゴール!

(写真手前の左を向いている選手はSRCの長谷川博一選手。とてもいい動きをして目を引く選手でした。)




ここで前半終了・・・。


nakahara

◇交代直後の中原選手

そして後半…

始まって9分後に運動量の落ちた中原選手交代。
クールダウンを待ってお話を伺いに走りました。
--疲れた?
「はい、疲れました。」
--ルーズボールが足元によく来ていた。位置取りが良かった?
「上がりもそうなんですけど、今日はポジショニングに気を配りました。」
--ナイスアシスト!
「うれしいッス!」
--課題は?
「今更ながら、スタミナですね。」


これから本格的な夏にかけて夏は疲れもたまってくる季節。体調は十分管理していきたいですね。



stand
私はホームスタンド北側のサポーターの皆さんと一緒に観戦。
(この写真の真ん中辺でエフエム山口軍団も一緒に。)
得失点差のことも考えて、もうこうなったら取れるだけ取ってくれ!という声も聞かれました。
確かに、ここ3試合は後半だけで11得点!(平均3.67点)
もらえるものはもらっておきたい!!

しかし得点はほしいけど、とにかく無失点で!という気持ちも。
前述のように、このグランドは“追いつかれるイメージ”が強いのです。




4goal

◇ゴール直後、チームメイトに祝福される平林輝良寛選手

と、そんな心配をよそに後半11分、#39キャプテン平林輝良寛選手のゴール!

ここから怒涛のゴールラッシュか?!と思いましたが・・・

このあと、さらに21分に大山選手と#28佐藤亨選手交代、FWが一人抜けて前に来た飯塚選手と左サイドバックの#6孫正倫選手が再三いい動きを見せ、さらに右の#10福原康太選手も決定機を作るもゴールならず。
後半、目の前で展開する数々の(超)おしい場面に「のわぁぁぁ!」と声を上げるばかりでした。

hero

◇ヒーローインタビューを待つ…

そして試合終了
結果4−0で勝利!!
シュート数はなんと25−1
んー後半、もう2点は行けてたかなー、ってところが悔しいけど、これでデッツォーラ島根との勝ち点差は実質2!
無失点のディフェンス陣も立派です!!
あとは中盤両ワイドのゴールを見たいところですね。
ミスターレノファ・福原康太選手の、あのゴールキーパーをもかわしてぶち込むゴールがホントに見たい!!

試合終了直後にこの日2ゴールの石田選手にお話を伺いました。
--これで4試合で…
「はい。6点です!」
--今シーズンここまではエース級の活躍。
「ありがとうございます。続けて行きたいです。」
--この試合を振り返って。
(手を上から斜め下にスーッと下げながら)
「こんな感じでしたね。」
--とにかく取りこぼせない。
「はい。この調子を続けて行きたいです。」
--ハットトリックが見たかった!
(にっこり)

nakayama

◇勝利監督インタビューを受ける中山元気監督

勝利監督インタビューで印象に残ったのは、「リードしていても安心できない。(JX戦で)追いつかれた例もある」というところ。

貪欲に、ゴール、そして勝利!です!!




shirasawa

◇ゲームスポンサーの(株)マエダ商事の白沢さんと

今回はユニクロ山口店、防府店を展開する「株式会社 マエダ商事 presents」の冠試合。
マエダ商事と言えば、そう!この番組のコーナー「ユニクロ山口店、防府店のユニクロタイムス 〜お客様の笑顔のそばに〜」の提供社です。
いつも本当にお世話になっております。
写真の白沢さんはいつもそのコーナーに出演頂いている山口店のマネージャーさんです。
「前田常務も、ほら一緒に写って!ブログ載せるよ!!」
「いやいやいやいや、恥ずかしいっす。むりむりむりむり。」
・・・ほんとテレ屋さん(^-^)
でも、本番組とレノファの活動に本当に深いご理解を頂いて、山口のスポーツ文化、サッカー文化を盛り上げて行くに欠かせない大切な方々です。

今回も暑い中、1400名を越えるたくさんの方に集まっていただきました。
あと、気がつけばバナーも増えましたよねー。サイドだけではなく、エンドのとこまでも…。
さらに、昔って、開幕ゲームとかには媒体各社さん来て下さったけど、今は話題性のあるゲームだけではなく各ゲームとも必ず各社さん来て下さってますもんねー。
ほんと嬉しいです!!
あと、コーナーへのメッセージが増えてきました!!

選手、スタッフ、スポンサー、何より応援してくださるサポーターの皆様。そしてそれらの橋渡し役となるべき我々メディア。
これらがが一体となってこそ育っていくのが「我が町の“クラブ”」なんだろうなぁと改めて思った一日でした。

次は現在4位の松江シティFCとのアウェー戦(昨シーズンは“果たし状が”来ていましたね^ ^)。島根のチームとはこれまで分が悪いのですが、レノファは警告累積などでの出場停止選手がおらず、ベストメンバーで臨めそうです。勝ち点3、しっかりゲットしてほしいですね。


GO!GO!レノファ、今週は飯塚選手登場です!!
選手へのメッセージはもちろんのこと、コーナーへのご意見・ご感想・ご提案、クラブへのメッセージなど、ぜひアクセスくださいね!!

レノファを応援する、全国で(笑)唯一“専用の10分間”としてとして毎週欠かさずお届けしているこのコーナーもぜひ皆さんで盛り上げて、また育てて頂ければと思います!

勝って良かったです!!


------------
PS.気になったこと…
ちょいちょいあるのですが、今回も場内アナウンスの機材の調子が良くなかったようです。
マイクの電池のせいか、どこかの接触不良のせいか、時々音声が途切れてました。
先日の陸上競技場でのネクスファジ戦の時も、途中からメインスタンド南側のスピーカからの音が出なくなりました。ちなみに同ネクスファジ戦の時は、ビジョン横のサッカータイマーが前半は動いていませんでした。昨シーズンの試合では途中で止まったことも…。
改善されるといいですね。
| Category: 6 観戦記 | posted at 14:41 | by 金光 |