《 Archives 》

■ 2014-06-28

“ここ”にいるからこそ

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。


先週は結成20周年を迎える餓鬼レンジャーをスタジオにお招きしましたが、
今回は地元で頑張る実力派ラッパー、焼陣さんがきてくださいました!

実は先々週はカリスマドットコム、先週は餓鬼レンジャー、そして今週は焼陣と、
ヒップホップ界を騒がせるメンツが次々と我らがRide on Musicに登場していることに、
気づいていらっしゃいますか……?

ディスるという過激な手法でより直接的(と言ったら語弊があるかもしれませんが)にメッセージを表現する、
というのが私のかつてのヒップホップ、ひいてはラッパーという方々のイメージだったのですが、
実際に歌っているとき以外の彼ら、彼女らのお話をきいてみると
なかなかどうして、私が持っていた“ラッパー像”とは違うな、と思ったのです。

すなわち、「ちょっと怖そう」というラッパー像。

実際の彼らは、非常に優しくて、かなり真剣に、誤解を恐れずに言うならば真面目に、
社会と、自分たちと向き合っているんだな、と思いました。

今回焼陣さんとお話させていただいたときも、それを強く思いました。

インタビューの中にもチラリとお話がありましたが、
焼陣さんは音楽以外のお仕事もしていて、
家庭があり、お子さんもいらっしゃる一家の主。

その一方で、ラッパーとして言葉を紡いでいらっしゃいます。

焼陣さんのリリックは、その生活から切り離されたものではなく、
その生活に真摯に向き合っているからこそ生まれた言葉なんだなと思います。
そういう意味で、私、焼陣さんの「そなちね」が好きで、
じっくり聞きたい、聞いてほしい一曲です。

また、インタビューの中では、MCバトルのシビアな側面もお聞きしました。
歓声の大きさで勝敗が決まってしまうなんて……
現実の突きつけられ方が決定的。

まぁ、私も吹奏楽をしていたころはコンクールなんかもあって、
そういうやり方はそれはそれできつかったのですが。

真剣勝負はある程度の苦しみを伴うものなんでしょう。
それだけじゃないと思うけどね。

そして焼陣さんは、山口で頑張っている人。
それは山口に生活があるからだと思うけど、
だからこそ、山口を盛り上げていくのは焼陣さんみたいな方だと思うのです。

今後の活躍に期待したいとともに、応援していきたいですね!
近いところでは、8月23日(土)に防府のHACIENDAでライブとのこと。
こちらも要チェックですよ!!


さらに、放送ではBUZZ THE BEARSのコメントもお届けしました。
去年のワイルドバンチフェスにも出演されたBUZZ THE BEARS。
ウナギをたくさん食べたお話をされていましたね。

ニューアルバムの「L」は
ライブ、ライフ、ライトとたくさんの意味が込められているんだとか。
こちらもぜひ、聞いてみてくださいね。

8月5日(火)、周南にあるLIVE rise周南にてライブ!
山口の皆さんのライブでの“アツさ”は彼らも認めてくれていますからね〜。
盛り上がっていきましょう!!

来週からは、いよいよワイルドショットの特集です!
お楽しみに〜☆

| Category: WILD ON! | posted at 19:00 | by 中馬 |

■ 2014-06-26

WILD SHOT 2014 ファイナリスト発表!!

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。

エフエム山口のHPをご覧いただかけましたでしょうか。
はい。
ついに、「WILD SHOT 2014 〜Road to WILD BUNCH FEST.」
のファイナリストが決定しましたね。
こちらをチェック!

いよいよです。
ファイナリストの皆さんは、数多く応募された皆さんの思いも背負って、
7月21日(月・海の日)の本選考会のステージに立つのです。
われわれは、応援あるのみ!

というわけで、山口市名田島で行われる本選考会にはぜひ駆けつけていただきたいのです。

【WILD SHOT 2014 〜Road to WILD BUNCH FEST】
7月21日(月)、海の日
山口南総合センター( 山口県山口市名田島1218−1)
17:30開演

あなたは、山口の音楽シーンの決定的瞬間を目撃する!!
そんなイベントです。

ぜひ、この日は山口南総合センターへ!

※7月21日の本選考会は観覧無料ですが整理券が必要です。
整理券は県内主要楽器店、山口南総合センターおよびエフエム山口で。
| Category: WILD ON! | posted at 10:38 | by 中馬 |

■ 2014-06-21

オンファイヤー!!

Ride on Musicをお聞きの皆様、ごきげんよう。
チューマンです。

今週は激熱なゲストにご登場いただきました〜!
餓鬼レンジャー!!

実は福岡の大先輩でして、放送にはのっていませんが
地元トーク炸裂。

兵さんが「俺いらないんじゃないの」と口走ってしまうほどに地元トークをしました。
ポチョムキンさんが通っていた小学校が家に近いとか、
幼稚園はモロかぶりとか……笑

GPさんも福岡市内出身だそうで、
兵さんを差し置いて、なんだか生まれる連帯感♪

兵さん曰く、「九州の人ってそういうとこあるよね」と。
つまり、同郷の連帯感というか、他県(東京など)で初めて会ったとしても、
「福岡出身です」となると
「おーっ、飲み行くか」
となるわけです。

ポチョムキンさんもGPさんも同意されてました。

結局「飲みに行くのって大事だよね」
という話でまとまっていましたが、
私からすると、福岡出身とか以前に、
男性の「飲みに行く」ことで生まれる連帯感も相当なものですわ、と思うのです。

そんな和気藹々としたインタビューの中で、
やっぱり私が思ったのは「続けていくことの大切さ」です。

ポチョムキンさんのお話にもあったように、
「我が強い人が集まってますんで」、という状況。
すごくよくわかる。
でもその「我の強さ」って、アーティストや表現者にとって重要で、
他人から理解されようがされまいが持っているこだわりみたいなものがあるからこそ、
作品が生まれているんだと思うのです。

そんなアーティストのアイデンティティとも言えるような大切なもののためにお別れしちゃうのは、
本当にもったいない。
それは今後生まれるはずだった名曲、名作が消えてしまうわけですから、大きな損失のようにも思うのです。

他にもいろんな問題や悩みを抱えて、最終的な決断をしようと思っているあなた!
続けることで、他の選択肢も見えてくるかもしれませんよ。

餓鬼レンジャーさんの曲はリズムももちろん、歌詞も面白くて、
6月4日にリリースされた8年ぶりのフルアルバム『KIDS RETURN』も
コミカルな部分もあって盛りだくさん。
でもやっぱり、ポチョムキンさん、GPさん、今回は欠席でしたがYOSHIさんの
人としての熱を感じる一枚になっています。

全18曲入りという、かなり満足な曲数入っておりますが、
これも絞りに絞ったラインナップだそうです。
今回CDに入らなかった曲も気になるのですが・・・・・・・

とにかくリリックにこだわって、「今だからこそ言えること」。
一つ一つが餓鬼レンジャーさんからのメッセージだと思うと……
ん〜、濃い!!

とにかく濃い内容の一枚。
『KIDS RETURN』、要チェックです。



さらに今週はROTTENGRFFTYさんからもメッセージをいただきました。
とっても元気な声に気おされましたが笑

年末に何か企画されている様子。
今の時期からもう企画が進んでいるということは、凄いことが巻き起こっちゃうんじゃないでしょうか。
こちらも楽しみですね!



| Category: WILD ON! | posted at 19:00 | by 中馬 |

■ 2014-06-16

VS社会、その先に……?

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。

今日も衝撃的なミュージックとの出会いを果たした私です。
世界よ、もっと広がれ〜ぃ!!

今日メッセージをいただいたのはWEAVERとCharisma.com。

まずはWEAVER。
2014年1月からメンバー全員がロンドンに留学、というハングリーなピアノロックバンド。
自分たちがリスペクトする音楽が生まれる街、ロンドンでその空気をリアルに感じ吸収する、という主旨の留学だそうですが、
このハングリー精神に私、感激。
その吸収した空気を一気に放出するんでしょうね〜。
本当にこれから楽しみなバンド。

私、WEAVERの歌詞も好きです。
濁ったところがない綺麗な歌詞と、キラキラなピアノの音がマッチ。
そしてギターがいないことも大きな特徴ですよね。
ギターなしでもこの音の厚み。
生で見たい!!

兵さんも、ライブハウス出身というところに反応してましたね!
ライブでの彼ら。
6月11日リリースのアルバム「ID」を引っ提げて、
1年半ぶりの全国ツアーも展開されるそうですよ!!
山口に近いところでは
9月13日(土)福岡国際会議場メインホール
9月14日(日)広島クラブクアトロ
ですね!

立ってピアノを弾きながら歌う姿も、ぜひ見たい!!


そしてもう一方、Charisma.comからもコメントをいただきました☆
ポップでおしゃれな感じのするお二人からは想像もできないほど
毒っ気たっぷりなリリック。
癖になります。

なんと、現役OLなお二人。
それぞれにタイプは違えど、
日々感じる思い、怒りなどを
彼女たちの唯一無二な感性とセンスで紡いでいます。

歌詞と曲の温度差も絶妙ですね。
曲自体はスタイリッシュでカッコいい、クールな感じ。
なのに歌詞にはグッとえぐられる。

いつかさんから見てゴンチさんは「お豆腐」だそうです。
豆腐最強説浮上。
ゴンチさんから見ていつかさんは「ちゃんと考えて意見を言う人」。
考えなしに言葉を発しちゃう私は見習わないと。

実は兵頭さんから「中馬ちゃんは自分のことなんだと思う?」と聞かれたので、
「お餅ですかね」と答えて失笑を買ったことはここだけの秘密です。
(これはちゃんと考えて答えたにもかかわらず・・・・・・)

兵さんも認める、2014年の特攻隊長Charisma.com。
私としては、彼女たちが今後どのような切り口で、表現で、
この社会を斬ってくれるのか、それが楽しみです。

聴いた後のすっきり感もたまらない。
7月12日(土)福岡Queblickのライブも要チェックです!

優しい、綺麗なピアノロックをお届けした後、間髪入れず毒っ気たっぷり特攻隊長の曲を入れるRide on Music。
振れ幅が半端じゃないです。
来週もアツい音楽をお届けしますよ〜。
お楽しみに☆

リスナーの皆さんからのシェアもお待ちしております!
ラジオでかけてほしい、みんなとシェアしたい曲をドシドシ、メッセージと一緒に送ってくださいね!
ride@fmy.co.jp まで!
お待ちしております♪

| Category: WILD ON! | posted at 13:57 | by 中馬 |

■ 2014-06-09

蟲といわれると……

Ride on Musicをお聞きの皆様、ごきげんよう。
チューマンです。

先週の放送は、シェア特集をお送りしましたが、
もう一つ、注目アーティストさんからメッセージもいただきました。

その名も
蟲ふるう夜に

「蟲」って聞くと、もうなんか、すごく不気味なイメージを持っちゃう私なんですが、
コメントをいただいたボーカルの蟻さんの声、超カワイイ。

幻想的な意味が込められた「蟲」。

確かに、蟻さん自身にもすこし幻想的なというか、不思議な空気を感じました。

今回ご紹介した「わたしが愛すべきわたしへ」。

“未完成でも、不安定でも、好きになってもいいんだよ、愛してもいいんだよ。”
この言葉に、救われる人がどれほど多いか……

私も、自分のことを「まだまだこれからだな」と前向きに(?)受け止められるときは良いですが、
もうだめだとか、嫌だとか、
ともすれば諦めてしまいそうになる日もあったりします。

ちょっと疲れたな。
そんな夜に、静かに聞きたいかもしれません。

さらに、蟻さんのコメント、
ものすごく山口に詳しかったですね笑

釜屋のうどんに山賊のおにぎりなど・・・・・
釜屋のうどんに関しては、兵さんの予想では「肉玉うどんかごぼううどん」ということでした。
根拠は、「俺も好きだから」笑

山口のことをよくご存知なのは嬉しいですね。
親近感がわきます。
ぜひ、山口にライブに来てほしいです!

先週はシェア特集とアーティストコメントの二本立てでお送りしました。
今週は・・・・・・?

今週も、素敵なアーティストさんをご紹介してまいります!
お楽しみに☆

| Category: WILD ON! | posted at 15:15 | by 中馬 |

■ 2014-06-07

初めてのシェア特集!!

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。

今週はついに、私が引き継いで初めてのシェア特集でした!
いや〜、シェア特集、楽しい!!

今回は4曲をご紹介しました。
くそったれの世界 / The Birthday
ぺピン / ajico
パラレルスペック / ゲスの極み乙女。
サムライソウル / ウルフルズ

この4曲に加え、注目アーティスト 蟲ふるう夜に の蟻さんからメッセージもいただきました。

毎度、盛りだくさんでお届けしています☆

The Birthdayは今年、ワイルドバンチフェス出演が決まっていますね。
チバユウスケさんのハスキー&ソウルフルな歌声が生で聴ける、なんて素敵!!
「くそったれの世界」、私はサビの歌詞が好きです。

くそったれ、という言葉は一見乱暴な言葉に見えなくもないのですが、
この歌を聴くとなぜか熱くなってくるんですよ、気持ちが。

一番初めにこのタイトルを見たときはびっくりしまして(なんたって「くそったれの世界」ですし)、
きっと激しい、シャウトの曲なんだろうなと思ったのです。
聴いてびっくり。
確かに激しいシャウトを感じましたが、それを上回るほどの“愛”を感じました。

……ちょっと照れますな笑

そして続くajicoのぺピン。
私は初めて聞いた曲だったのですが、まずもってイントロから引き込まれて、
歌声に惹きつけられて。
だってすごくカッコいいんだもの。

UAさんは以前にポスターを見たことがありました。
凛々しいお顔でとっても魅力的でしたが、声はさらにさらに魅力的。

声と音でスタジオの空気をガラリと変えてしまいました。
「この二人がコラボしてたなんて今では夢のよう」とメッセージをいただきましたが、
まさしく。
2001年に活動を休止しているajico。
浅井健一さんもUAさんも、今はそれぞれにご活躍でしょうが、
だからこそ、とっても貴重な曲でした。
ナイスシェア!

そしてゲスの極み乙女。のパラレルスペック。
バンド名と曲のギャップ!!
ゲスだし、それを極めてるし、乙女だし。
てっきりベースゴリゴリ、歪まくりのギター、そしてシャウト。
そんな曲を想像してたらすごく美しいピアノロック!!

しかもリズムというか、刻みが心地よく、ノリノリで行った先でぱっと開けるサビ。
耳に残るメロディーのインパクトが名前のインパクトを軽く超えてきます。

私の勝手なイメージでは、色とりどりの無数の光が交差するような感じ。
新感覚でした。

そして番組のラストに紹介したウルフルズ、サムライソウル。
歌詞にしてもタイトルにしても、「男らしくてかっこいい!」ってなりそうなんですけども……

なんでだろう。
なぜかトータス松本さんが歌っているのを聞いてたら、
「カワイイ」って思っちゃう。
いや、ホント、個人的には、ですよ。

なんでかな〜。これ、共感していただけるかわかりませんが。
トータスさんの笑顔にやられちゃってるからかな。
ただ一つ言えるのは、これを「いつか歌ってあげたい」とか言われたい。

ストレートでしかもかわいいラブソング。
これもナイスシェア!!

今回のシェア特集、充実しました!
世の中は、私が知らない名曲にあふれていますね。
今回のブログでは完全に私の個人的な感想を述べさせていただきました。
あ、いつものことですか?

まだまだメッセージやシェアもお待ちしています!
この曲聞いて!とか、このアーティストすごいよ!とか、
どしどしお寄せくださいな。

まだシェアできてない曲もあるので、これからお楽しみに〜☆
| Category: WILD ON! | posted at 19:00 | by 中馬 |