■ 2018-12-14

12月14日のRide on Music

こんばんは♪
次回はクリスマスソングリクエスト特集!
あなたのお気に入りのクリスマスソングを教えてください♪


null


RADWIMPSのニューアルバム「アンティ アンタイ ジェネレーション」特集いかがでしたか?

私 小林は、高校1年のときにラッドの音楽に出会って衝撃を受けてから、ずっとファンです。
どれだけ救われてきたことか。

映画「君の名は」の使用楽曲を全て手がけると知ったときは、単純に“ラッドの曲がたくさん聴ける”という理由で喜びました。また、“ラッドはどんな状況下にあっても自分たちの音楽をやる強さがある”と信じているので、彼らがより有名になることへの寂しさや不安なども感じませんでした。
取り巻く環境が、清濁あわせどのようにうごめこうとも、ラッドは彼らしかできない方法で自分たちの音楽を拓いていく。だから私は、洋次郎さんたちが自ら進んで挑戦していくものは、これからも応援していきたいなって思ってます^^♪


(PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜/RADWIMPS)


(泣き出しそうだよfeat.あいみょん/RADWIMPS)


(Mountain Top/RADWIMPS)

アルバムに収録された17曲全て聴いてほしいです^^
私が特に好きなのは「IKIJIBIKI feat.Taka」「万歳千唱」*^0^*

---------
アーティストメッセージをくださったHump BackのNEWシングルジャケ写。
萌々子さんのお友だちのお子さんだそうです。
きゃ、きゃわいい・・・!!!!

nullnullnull


THE BAWDIESの今夜もKEEP ON DIGGIN'次回のMCはJIMさん!
嬉しいお知らせがあるかもですよ!
お楽しみに(^0^)/

| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

■ 2018-12-07

12月7日のRide on Music

こんばんはー^0^/♪

null

次回のアーティストメッセージは、kasumi、そしてHump Back♪

RADWIMPSのニューアルバム「アンティ アンタイ ジェネレーション」の特集をお送りします!

また、去年大好評だったTHE BAWDIESのコーナーを今年もお届け*^^*
THE BAWDIESが、様々な切り口で、自分たちが影響を受けた音楽などについて教えてくださいます。
エフエム山口でしか聴けないスペシャルコーナー!
「THE BAWDIESの今夜もKEEP ON DIGGIN'」、次週もお楽しみに☆☆☆

*****
【12月 rising artist】
LILILIMIT

LILILIMITのラストライブは12/29 rising hallです。
| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

■ 2018-11-30

11月30日のRide on Music

今宵は、皆さんからリクエストいただいた“熱くなれるロックな一曲”をお届けしました^0^
たくさんのリクエスト&メッセージありがとうございました!!!

null
null

次週、前回大好評だったTHE BAWDIESのコーナーが復活!
THE BAWDIESの今夜もKEEP ON DIGGIN'お楽しみに♪

アーティストメッセージはLAMP IN TERRENとReiです☆

ではでは良い週末を^0^☆

null
| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

■ 2018-11-23

11月23日のRide on Music

こんばんは♪

null

次回は、リクエスト特集!
「寒さを吹き飛ばせ!熱くなれるロックな一曲!」

あなたの、熱くなれるロックな一曲をリクエストしてください☆
お待ちしていまーす!

アーティストメッセージは
ストレイテナーと森恵さん。

お楽しみに☆☆☆


| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

■ 2018-11-16

11月16日のRide on Music

こんばんは*^^*

次回はSUPER BEAVERのリクエスト特集をお届け!
あなたからのリクエスト&メッセージ待っています☆

アーティストメッセージは
TENDOJIとSUPER BEAVER!
お楽しみに^^


----------
11/14 はrising hall 3周年記念ライブでした^^
null

ひょーさんと、急遽前説をしました笑
null
null

やる前から分かっていましたが、ハルカミライ、ReN、SUPER BEAVERのファンの皆さんですからね、もうめちゃくちゃ優しくて温かかった!!!!!!
本当にありがとうございました*^^*
良い夜でしたね*^^*

----------
3組ともものすごくかっこよかったですーーー!!!
この日まで積み上げた熱い想いが伝わってきました。
通常の対バンライブでも、アーティスト同士がリスペクトし合い、それぞれの音楽でバチバチやっているのを観られますが、今回は、特にそういったかっこよさを強く感じました。


ハルカミライ!!!
ボーカル 橋本学さんの男らしさを言葉や佇まいの端々で感じました。
「今日は尖っていこうと思っていたけど、ここに立ったら楽しくなってどうでもよくなっちゃった。3周年おめでとうございます!!!」という言葉から始まった全力ライブは、やっぱりメンバー全員が主役。目が離せませんでした。
「弱さや怒りを歌って誰かを救う歌もあるけど、俺はそうじゃなくて強さや優しさで示したい。だって俺は強いから。両親に教えてもらった優しい心もあるから」この言葉をあの少しハスキーな太い声で言われるわけです。
“あぁもう、心委ねてしまおう”と思いました。
学さん、本当〜に優しいんです泣
MCで、この日の前説や笑、ワイバンの日にエフエム山口 Ride on Music特番に出演したことにも触れてくれました。



ReNさん。
去年はワイバンでインタビューさせていただき、COZINESSにも出演されたことがあります。
1年前にriseで観たときの感動をさらに上回る最高のステージでした。
ライブのたびに、ReNさんは、ものすごくストイックに音楽と向き合っている方なんだなぁと感じます。
ギターの音と歌声の、一音一音にこだわりと愛を感じて、ReNさんが作り出す空間にいると、心地よくて、多幸感でいっぱいになりました。また聴きたい・・・!!!
女性はもちろん男性も心を奪われている様子でしたね。
余談ですが、小林は、ReNさんのマネージャーのFumiさんのお仕事ぶりにもいつも感動させられ、社会人として色々はっとさせられます。



SUPER BEAVERは圧巻でした!
どんなに色々な経験をして、大きくなられても、常に謙虚な気持ちを持たれているのが本当に凄いことですよね。
後輩に対しても「最大限の敬意を表して・・・ありがとう。突き上げてくれる後輩がいて嬉しい」と話されていました。格好良いにもほどがある笑笑
この日のライブで特に心に残った楽曲は“ありがとう”です。
大切な人たちにちゃんと「ありがとう」って伝えないといけないなぁって強く思いました。


冒頭でもご案内しましたが、来週のROMは、SUPER BEAVER特集!
渋谷さんのメッセージもお届けします。
楽しみにしていてくださいね(^^)


ライジングホール3周年、おめでとうございました^0^
null
null

| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

■ 2018-11-13

MOROHA BEST 〜十年再録〜 FINAL SERIES

11/11 広島クラブクアトロ
MOROHA×My Hair is Badのライブに行きましたー!!!


日々皆さんいろんなことがありますよね。
私もまぁ人並みにそうなんですが、闇に取り込まれないように、光を信じてまっすぐ戦いたいと思ってはいて、捻じ曲がりきってたまるかと思っているわけなんです^^
そういうわけで、どうにもこうにも今このタイミングで私はMOROHAのライブに行かなければと突き動かされるように広島に向かいました^0^/

----------
初クアトロ!
チケットSOLD OUTの会場は人でひしめき合っていました。
null

MOROHAのライブは、怒りや悔しさ、決意を歌った歌からスタート。
自分の負の感情と向き合わざるをえなくなり、感情がえぐられるようで怖くて、心臓がバクバクして、最後まで無事にこの場所に立っていられるだろうかと不安になったほどでした。


ラップなので、歌いだしのタイミングや沈黙の長さなどは要になると思うのですが、アフロさんとUKさんは、体を客席にまっすぐ向けて、お互いにMCの時以外ほとんど目を合わせないのが印象的でした。
息が合っているというよりは、2人で一緒に呼吸をしているという感じで、信頼し合っている絆の強さがビシバシ伝わってきました。ステージに立った姿やふるまい、私たちに向ける眼差しから、お2人が歩んでこられた道の険しさを感じました。




この日は全9曲聴くことができました。
特に良いなぁと思った曲は「GOLD」です。
“大丈夫 大丈夫 きっと大丈夫”
と繰り返すアフロさんの声が本当に優しくて。
小林は号泣してしまいましたよ。
本当の闇を知り、現在進行形で戦っている人からかけられる“大丈夫”は不安を拭い去ってくれます。
つい先ほどまでの鬼気迫る声と全く違ってぬくもりに満ちていました。
あ、MCも、ユーモアに溢れていて凄く面白かったです^^


アフロさんの唯一無二な声は、“喜怒哀楽”と一言では表せない感情を色とりどりに表現していました。
一人の人間からこんなに色んな表情を感じられるものなのかと驚かされ、こんなに色々抱えてアフロさんとUKさんは苦しいだろうなぁと思いました。
でも、途中から、「私も共感できる感情ばかりだ」と気付き、私だって、色々考えて、頭パンパンで、頑張って生きてるなぁと思って、少し褒めてあげようかなという気持ちになったのでした。
そんな想いが頭をよぎったすぐ後に、アフロさんが“最後には思いっきり自分を抱きしめて褒めてやりたい”“俺は自分で自分を幸せにしてやる”など叫ばれたので、、、小林はまた涙が溢れてしまいましたよ笑


誰にも認められなくても、「そんなに頑張ってないじゃん」と思われても言われても、別にいいじゃないですか。街の真ん中で大声で自分を褒めるわけではなく、心の中でそっと、自分を肯定してあげるだけですから、誰に迷惑かけるわけでもないのだから。


MOROHAのライブを観た後に、こんなに優しい気持ちになれるとは思いませんでした。
自分の中で膨らんでいくネガティブな気持ちに終止符を打とうと思って赴きましたが、徹底的に自分や現実と向き合わされました。そんなことをしたら自分のことがますます嫌になるんじゃないかと思っていましたが、その逆で、人間らしい自分を少し愛しく思えました。総洗いをされるような、とても気持ちのいい時間でした。




また会場に、自分以外にも耳を傾ける人が多くいたことで、色々考えさせられました。


私の横に、小柄でとても大人しい10代半ばくらい?の女の子が1人でいました。
自分より背丈の高い大人に囲まれ、彼女からは前の人の髪の毛しか見えない状態でしたが、MOROHAの言葉を噛み締めるように聴き、学校のジャージ?の袖で何度も静かに涙を拭いていました。
小林は「この子、こんなに若いのに何を抱えているんだろう。気にかけてくれる大人はいないのかな?心配だなぁあぁ」とめちゃくちゃ気になりましたが笑、「この子の日常にMOROHAがあってよかったな」と心から思いました。
年齢や立場に関係なく、皆それぞれ色々あるよね。
そのことをしっかり体感させてもらいました。



長くなりましたー!
自分のことを色々書いてしまってすみません!
MOROHAのライブレポートは、私も自分をさらけ出して書くのが礼儀かなって思ったのです。

この日飲んだ広島の地酒、この上なく美味しかったです^^
null

| Category: WILD ON! | posted at 18:00 | by 小林愛子 |