■ 2018-08-31

8月31日のRide on Music

実りの秋いよいよ到来!
美味しい食べ物たちに、夏の終わりの切なさを和らげてもらっている小林です笑
食べすぎに気をつけなければ。

null
null

次回は、
真心ブラザーズの特集をお届け!
リクエスト・メッセージお待ちしています☆


ライジングアーティストで紹介したBAN'S ENCOUNTERは、明日riseでライブがありますよ

--------------
ガールズバンドを紹介する小林愛子のGBIは、FINLANDSをお届け☆



(ガールフレンズ/FINLANDS)


(ゴードン/FINLANDS)


(月にロケット/FINLANDS)


高音を出したときに声がきゅいんって裏返るところ、ギターの音みたいで癖になります。
喉の酷使が原因で今の声になったそうですが、この物憂げな声、すごく良いなぁ〜って思います。

歌詞はボーカルの冬湖さん曰く「主に悪口や皮肉を歌っている」とのことです笑
言葉が、一つひとつ丁寧なのに、確信を突きすぎていて棘が鋭い..。
冬湖さんは、吉本ばななさんの小説が好きで少し影響を受けたそうです。
私も吉本ばななさんの、ユーモアと棘が混在する世界観にはまった時期があるのですが、この作り手のことを知りたくなる毒?のある感じは確かに似ているなぁと思いました。

でも、痛みに寄り添った優しい歌も多いです^^
ここからは、あくまで私の想像ですが笑、冬湖さんは、好きな人の話も嫌いな人の話も、聞き流さずに一つひとつ心を傾けて、怒りや悲しみと向き合う人なんじゃないかなぁ???と思いました。
きっとアーティストさんはそういう方が多いんだろうなぁと思いますが、FINLANDSの歌詞からは特にそれが伝わってきます。
きつい作業ですが、そうしなければ、これらの作品は生まれなかっただろうな...。
そして、高校から一緒に活動しているベースのカヨさんが、冬湖さんの大きな支えになっているんだろうなぁと思いました。


************
【GBI】
FINLANDS


| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

《《 戻る