CMについて〜エフエム山口でCMを放送するには?〜

ラジオを使ってできる事の例をいくつかご紹介

スポットCM
番組と番組の間、またはワイド番組を構成するセクションの切れ目などに放送されるCM。
基本の長さは20秒です。
放送の期間や時間を個別に決めて放送することができるので、効果的な広告展開が可能です。
番組(タイム)提供
放送曜日・時間の決まっている番組(コーナー)を継続的に提供して頂く方法です。
番組のはじめ、終わりに「この番組は 〜 の提供でお送りします(お送りしました)」といった提供クレジットが入り、CMもその番組内に放送されます。
番組の内容によってターゲットを絞り込んだ広告展開が可能です。
公開放送
ショッピングセンターやイベント会場、新店舗オープンなどに機材を持ち込んでの公開生放送や公開録音を行って後日番組を放送することができます。
インターネット広告
エフエム山口のホームページ上にバナーが貼れます。
その他
●コンサートやトークショー、試写会などのイベント
●商品サンプリング
●新商品・新サービスの紹介
などなど、様々な展開が可能です。
ラジオ関連リンク集
ラジオデータ(RABJアーカイブ)
2010年9月末日をもって活動を終えた日本ラジオ広告推進機構(RABJ)が6年間にわたって蓄積してきたラジオマーケティングデータを常時閲覧・活用できるように公開されたアーカイブです。
 ●ラジオ広告の用語集
 ●テレビとラジオのメディアミックス効果
 ●聴取率と視聴率の違い
 ●全国ラジオ活用事例
 ●RABJ独自調査
 ●ラジオマーケティング事例集
Media Targeting 2000 - Japan
消費者とラジオや主要メディアとのかかわりを詳細に調査した資料が掲載されています。
消費者の各メディアの利用法について全体図を把握することができます。