当社は、健全な県民知識の資質を養うための番組を提供し、県民文化の発展に寄与するとともに、教養と健全な娯楽の放送番組に重点をおいて、各番組の調和を図るよう企画することを編集の基準とする。


1. 上記の編集基準に基づき、教育、教養、報道、娯楽番組等は次の内容で編成する。
  1. 教育番組は、健全な国民としての知識、技能等の資質を養うのに直接役立たせようとする積極的な意図のもとに編成する。学校向けの番組は、その内容が法令に定める教育課程の基準に準拠し、計画的、組織的および継続的に行う。
  2. 教養番組は、学芸など一般精神文化に対する理解を深め、人間の諸能力を調和的に発達させ、円満な人格を培養するのに役立たせようとする積極的な意図のもとに編成する。
  3. 報道は、事実を公平かつ迅速に伝達し、地域社会住民の社会的関心を満足させるように努める。報道番組は、一般にわかりやすい表現を用い、事実と事実以外の推定は明確に区別し、聴取者に誤解を与えることのないよう努める。
  4. 娯楽番組は、内容の低俗化を排し、音楽、ドラマ、舞台中継、演芸番組等を調和よく編成し、常に社会の秩序、道徳、良俗に反することのないように作品の品位及び表現方法について十分配慮する。

2. 広告は、事実を伝え誠実を守るとともに、品位をそこなわず、関係法令に従って社会的責任を負い得るものとする。



3. 各々の放送番組は並びに広告の企画、制作及び実施にあたっては、「日本民間放送連盟放送基準」によるものとする。

     日本民間放送連盟 放送基準 (※リンク)


4. 個々の番組は、従来の既存のエフエム局では得られない特徴を持たせることに最大の努力を払い、大要次の点を特質づけることとする。
  1. 国内・国際の最新ニュースを頻繁に提供する。
  2. 地域内の道路交通情報を刻々とスポットの形で入れるほか、内外の航空情報を提供する。
  3. 非常災害発生の場合は、その都度番組を切り換えて、聴取者に災害情報を伝える。
  4. 娯楽番組は、内容の低俗化を排し、音楽、ドラマ、舞台中継、演芸番組等を調和よく編成し、常に社会の秩序、道徳、良俗に反することのないように作品の品位及び表現方法について十分配慮する。