PUSH ONE~炎の皿回し~

-邦楽-

UNIVERSAL MUSIC
UMCK-1621
ミニアルバム『逆上がりの向こうがわ』
2019年5月8日発売
「太陽の君に」
関取花
 
愛嬌たっぷりの人柄と伸びやかな声、そして心に響く楽曲を武器に歌い続けている関取花。昨年はNHK「みんなのうた」への楽曲書き下ろしやフジロック等の多くの夏フェスへの出演を経て初のホールワンマンライブを成功させた。2019年春にユニバーサルシグマよりメジャーデビュー。2010年「閃光ライオット2009」にて審査員特別賞を受賞。2017年3月『もしも僕に』が「リポビタンD」WEBCMに起用され、CMには本人も出演。2018年4月ARABAKI ROCK FESTIVAL出演。 4~7月書き下ろし曲、NHKみんなのうた『親知らず』が放送。7月FUJI ROCK FESTIVAL出演。8月RISING SUN ROCK FESTIVAL出演。ホールワンマンを含む全国ツアーを全箇所チケットソールドアウトで終える。2~3月『親知らず』がNHKみんなのうたにて昨年とても大きな反響があったということで異例の再放送となる。5月8日「逆上がりの向こうがわ」でメジャーデビュー。リード曲「太陽の君に」はプロデューサーの亀田誠治との初タッグにより楽曲のポテンシャルをグレードアップさせたリード曲。ピアノとストリングスの織りなすしなやかなフレーズと心地良いリズムを刻むドラムとベース、さらに彼女の歌声が紡ぐアンサンブルはまさに太陽のような明るさ、朗らかさを感じさせる一曲となった。

https://www.sekitorihana.com/profiles

Sony Music Japan International
SICP-6117
アルバム『Father Of The Bride』
2019年5月15日発売
「Harmony Hall (Radio Edit)」
VAMPIRE WEEKEND
 
2006年、米NYコロンビア大学在学中に、エズラ・クーニグ(Vo/G)、ロスタム・バトマングリ(Kb/Vo)、クリス・バイオ(B)、クリストファー・トムソン(Dr)の4名で結成されたロック・バンド。そのユニークなサウンドと圧倒的ライヴ・パフォーマンスが早期から注目を集め、激しい争奪戦の末インディー・レーベル<XL Recordings>と契約。2008年にリリースされたデビュー・アルバム『ヴァンパイア・ウィークエンド』はデビュー作にして全米・全英チャートいずれもトップ20入りを果たした。その後セカンド・アルバム『コントラ』(2010)は全米チャート1位を獲得し、グラミー賞にもノミネート。三作目『モダン・ヴァンパイアズ・オブ・ザ・シティ』(2013)では2作連続となる全米チャート1位を記録し、インディー・ロック・バンド史上初の2作連続全米1位という快挙を達成。同作は第56回グラミー賞<最優秀オルタナティブ・ミュージック・アルバム>賞を受賞した。2016年にはロスタム・バトマングリが脱退を発表。エズラ(Vo/G)はソングライター/プロデューサーとして参加したビヨンセ「ホールド・アップ」(アルバム『レモネード』収録)で、第59回グラミー賞ノミネートを獲得、また2017年にはNetflix独占配信アニメーション『ネオ・ヨキオ』を製作するなど、活躍の場を益々拡大。2018年には4年振りとなる来日を果たし、<フジ・ロックフェスティバル>のグリーン・ステージに登場。新作リリースへの期待が高まる中、2019年、レーベルをコロンビアへ移籍し、6年振り新作『ファーザー・オブ・ザ・ブライド』をリリースした。

https://www.sonymusic.co.jp/artist/vampireweekend/profile/


これまで(過去)の PUSH ONE 曲一覧
邦楽 2016年 2017年 2018年 2019年
洋楽 2016年 2017年 2018年 2019年
 
邦楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
洋楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
 
邦楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
洋楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年