PUSH ONE~炎の皿回し~

-邦楽-

BUDDY RECORDS
DLCR-20091
ミニアルバム 『あなたのことです』
2020年9月9日
「アーティスト」
こゆび
 
Vocal&Guitarゆうき、Bassたかと、Guitarえんどー、Drumsあっキーの4人組バンド。
部屋の隅で体育座り系バンド「こゆび」。感情を叩きつけるステージ。攻撃的でありながら、脆く哀しい内情を抉りだす楽曲立ち。明かりを消して部屋の隅で体育座りしながら聴いてください。
2010年11月26日活動開始。2016年4月29日解散。2017年11月23日活動再開。
以下Vocal&Guitarゆうきコメント
人に言えない気持ちや、抱えきれない悲しみは歌にするしかないと思っています。綴ることすら憚られるような言葉も、歌にする事でずっと自分を救ってきました。感情は、どれだけ強く色濃いものでも日が経つにつれて薄れていきます。それでも、決して消えはしません。記憶に縛られて息をするのが辛くなった時、歌を歌うと不思議と気持ちが楽になります。そうやって自分の為に歌ってきた歌が、誰かの耳に届いたら良いと思う。私が今まで感じてきた全てをこのアルバムに注ぎ込みました。これが、今のこゆびですと胸を張って言える作品です。

https://twitter.com/koyubi_tw
http://www.buddyrecords.com/livemedia/artist.html?category=45

BEAT RECORDS
アルバム 『Orca』
2020年9月18日
「Post Humorous」
GUS DAPPERTON
 
ニューヨーク州出身。その天才的なメロディー・センスと歌声に加え、作曲、エンジニアリング、ミキシング、マスタリング、ピアノ、ギター演奏などマルチな才能を持つアーティスト。デビューアルバム『Where Polly People Go to Read』は全国のタワーレコードのスタッフが、その<耳>と<直感>だけでオススメ盤をピックアップするマンスリー・レコメンド“タワレコメン”に選出、シングル「My Favorite Fish」が洋楽ラジオチャートTop20入りを果たし、代官山UNITでの初来日公演も大盛況となるなど、日本でも早耳リスナーの心を掴み、人気を確かなものにしつつある新世代ポップ・アイコン、ガス・ダパートン。
i-D、Vogue,、The Fader、Pigeons & Planes、Nylonといったファッションメディアを中心に様々なメディアから支持を受け、ファッションの世界からも大きな注目を集めている。特徴的な髪型とファッションがトレードマークの若き異才は、ニュー・オーダー、マック・デマルコ、キング・クルールら、異なる世代で時代の先端に行くアーティストに影響を受ける。「Prune, You Talk Funny」「I'm Just Snacking」といった楽曲で一躍ポップ・ミュージックの最前線に躍り出ると、人気ドラマ『13の理由 (原題:13 Reasons Why)』にのサウンドトラックに起用された「Of Lacking Spectacle」は、あっという間に1億回近いストリーミングの回数を記録。Spotifyでは毎月約100万人のリスナーを獲得し、世界中でショーをソールドアウトさせた。

https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11265
これまで(過去)の PUSH ONE 曲一覧
邦楽 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
洋楽 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
 
邦楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
洋楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
 
邦楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
洋楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年