PUSH ONE~炎の皿回し~

-邦楽-

ユニバーサルミュージックジャパン
シングル 『エーテルの正体』
2021年3月17日リリース
「未来永劫」
神はサイコロを振らない
 
メンバーは、柳田 周作(Vo.) / 桐木 岳貢(Ba.) / 黒川 亮介(Dr.) / 吉田 喜一(Gt.)。 「神はサイコロを振らない」は、物理学者アルベルト・アインシュタインの発言で「物理学上では、偶然は存在せず、全て法則に則っている」という意図がある。ただ、人間が生きていく上では、偶然ばかり。自分達は「その偶然ばかりの不安定な中に生きる人達の心の奥底に、確実に届く音楽・ライブしかしない」そんな法則に則った活動をしていこう、という決意を 込めて命名した。全作詞作曲を手掛けるリーダー・柳田周作は、宮崎県で生まれ、祖母から買い与えられたアコースティック・ギターを手に、5歳で初めての曲をつくった。弾き語りのネット配信に没頭したソロ期を経て、バンド活動に興味を抱くと、進学した福岡の大学で出会った吉田喜一、桐木岳貢、黒川亮介に声を掛け、2015 年に「神はサイコロを振らない」を結成。以来、ライブシーンのど真ん中で経験値を積み上げてきた。2019年にMini Album 『ラムダに対する見解』 2020年2月にMini Album『理』をインディーズリリース。2020年7月にメジャー第一弾デジタルシングル『泡沫花火』をリリースし、11月にデジタルEP『文化的特異点』をリリースした。2021年、新曲「クロノグラフ彗星」が日本テレビ新春ドラマ「星になりたかった君と」主題歌に。さらに、新曲「未来永劫」がテレビ朝日系NUMAnimation「ワールドトリガー」2ndシーズンエンディングテーマに抜擢され、3月、1st シングル「エーテルの正体」をリリース。

https://kamisai.jp/about/


ワーナーミュージックジャパン
アルバム『Pink Planet』
2021年2月12日リリース
「At My Worst (feat. Kehlani)」
Pink Sweat$
 
フィラデルフィア出身のシンガーソングライター、プロデューサー、ピンク・スウェッツ。2018年、デビューEP 『VOLUME 1』を発表すると、Billboard誌、Complex誌、Hypebeast誌、Ones To Watch誌、The FADER誌など、世界各国の様々なメディアから称賛が殺到。Billboard誌は彼の「断トツの作曲作詞能力と、とろけるような歌声」を褒め上げるなど、当時デビューしたばかりの新人にもかかわらず大反響を呼んだ。その勢いに乗り、彼は2019年、同EPのリリースを記念する「ピンク・ビギニングス・ツアー」に挑み、同アルバムの続編となる2枚目のアルバム『VOLUME 2』を同年発売し、同ツアーを成し遂げる。Apple Musicの影響力の高いアーティストを選出するく<Up Next>や、Billboardの<2019年最も注目すべきヒップホップ & R&Bアーティスト11人>に選出。米ABCの有名トークショー「ジミー・キンメル・ライブ!(Jimmy Kimmel Live!)」にも出演し初TVデビューを果たした彼の勢いは留まるところを知らず、ソウル・トレイン・ミュージック・アワードで<最優秀新人賞>、BET2020年1月の<最重要アーティスト>に選出された。日本ではシンガーソングライターのeill、ブラジルのGiulia Be、インドネシアのHaninとのコラボレーションシングルをリリースした。楽曲「At My Worst」がアジアを中心に大ヒットを記録し、フィリピンを筆頭にチャートで1位を獲得するなど、アジア各国のチャートを盛り上げている。

https://wmg.jp/pink-sweats/profile/
これまで(過去)の PUSH ONE 曲一覧
邦楽 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
洋楽 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
 
邦楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
洋楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
 
邦楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
洋楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年