PUSH ONE~炎の皿回し~

-邦楽-

トイズファクトリー
TFCC-86728
EP 『愛を知らずに魔法は使えない』
2020年11月4日リリース
「mother」
マカロニえんぴつ
 
2012 年はっとり (Vo/Gt) を中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。はっとりのエモーショナルな歌声とキーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。2017 年 2 月 shibuya eggman のレーベルである「murffin discs」内に発足した新ロックレーベル「TALTO」よりミニ アルバム「s.i.n」( 読み : シン ) をリリース。9 月 Dr. サティが脱退後、4 人の新体制になるが歩みを止めることなく 12 月に初のフルアルバム「CHOSYOKU」をリリースし現在までロングヒット中。2018 年 2 月にリリースした「レモンパイ」が王様のブランチの 10 月度エンディングに抜擢され、翌月マクドナルド 500 円バリューセットの CM ソングに「青春と一瞬」を書き下ろし、配信リリース。初の全国ツアーは追加公演含め、全てソールドアウトとなり夏フェスでは各地入場規制を記録。2019 年 9 月にリリースしたミニアルバム「season」はオリコンウィークリー総合にて TOP5 入りを記録!リリースツアーは追加公演含め、全19 公演全てソールドアウト! 2020 年 4 月 1 日には約 2 年半ぶりとなるフルアルバム「hope」のリリース。そして、2020 年 11 月 4 日、TOY'S FACTORY よりメジャーリリースが決定。11 月 4 日にトイズファクトリーよりメジャー 1stE.P.「愛を知らずに魔法は使えない」をリリース。セブンティーンアイス Web CM タイアップソング「溶けない」、アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」に書き下ろしたオープニング主題歌「生きるをする」、エンディング主題歌「mother」を含む、全 6 曲を収録。

http://macaroniempitsu.com/biography

ユニバーサルミュージック
UICC-10050
アルバム 『Sunday Best』
2020年11月4日リリース
「Sunday Best」
Surfaces
 
サーフェシズは、アメリカ出身の2人組、コリン・パダレッキ(英語表記: Colin Padalecki)とフォレスト・フランク(英語表記: Forrest Frank)からなるポップ・デュオ。陽気で心地よい太陽の光、岸から運ばれる海風、海岸沿いの砂浜、葉の茂ったヤシの木をイメージさせるサウンドには、ポップ、ヒップホップ、レゲエ、ソウル、カリプソ、ちょっとしたストリートな要素まで幅広いテイストが取り入れられている。コリンがSoundCloudにアップしていた楽曲を偶然見つけたフォレストがインターネット上で連絡を取り、何となく会ってみたところ、とても気が合い、デュオとして組むことを決めた。2人もアメリカ合衆国テキサス州に住んでいたが、コリンはカレッジ・ステーション、フォレストはウェイコと、およそ140kmも離れた場所にそれぞれ住んでいたので、楽曲制作のアイディア交換などは主にiPhoneのボイスメモで行っていた。2017年にデビュー・アルバム『Surf』を、2019年にはヒット曲「Sunday Best」を含んだ2ndアルバム『Where the Light Is』をリリース。その後、ニューヨークやロサンゼルスを含むアメリカ国内でのツアーを敢行し、見事に全公演が完売するほどの人気ぶりを見せ、満を持して2020年2月に3rdアルバム『Horizons』をリリースする。「心配事ばかりしていないで、気楽にいこう」というメッセージと、自然とリラックスした気持ちにさせる彼らのサウンドへの人気に火が付き、全米で話題となる。

https://www.universal-music.co.jp/surfaces/biogr
これまで(過去)の PUSH ONE 曲一覧
邦楽 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
洋楽 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
 
邦楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
洋楽 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
 
邦楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年
洋楽 1996年 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年