PUSH ONE バックナンバー 2009年 洋楽

曲名 アーティスト名 コメント
DEC Roll The Dice Halo Orbit 『東京、NY、LAのオルタナヒーローが終結し、創造を越えた刺激的なサウンドを展開するコラボプロジェクト・ヘイローオービット。メンバーはグラミー賞受賞ベーシストのホアン・アルデレッテ、バッファロー・ドーターやメタルチックスで活躍するギタリスト・シンセサイザー奏者のシュガー吉永、デヴィッドボウイなどの作品への参加で知られる新世代ジャズドラマーマーク・ジュリアナ。それぞれの類い稀なキャリアと音楽的背景をぶつけ合って完成した、緊張感と迫力に満ちたデビューアルバム『Halo Orbit』を12月14日にリリース』
NOV Comes and goes hyukoh(ヒョゴ) 『韓国の音楽シーンに突如登場し、韓国のロックシーンの代表グループとなった4ピースバンドhyukoh(ヒョゴ)。洗練されたサウンドとブルージーな歌声で人気を博し、個性の強いファッションスタイルは音楽と一緒に凄まじいスピードで話題に。
デビュー1年で音楽配信8週連続5位圏内を記録、アルバム完売等の快挙を連発した結果、数々の強豪アーティストを抑えて2015年の年間ダウンロード・チャートが4位と大健闘。昨年末のソウルでのワンマンライブは 4000 キャパを即完売。新作への期待も大きい彼らの日本ライセンス盤「20」と「22」が同時リリース。』
OCT Have A Nice Day イアン・ハンター 『1970年代のブリティッシュ・ロックのレジェンド・グループ、モット・ザ・フープルのリーダーとして活躍したイアン・ハンターが待望のニューアルバムをリリース!2012年以来のオリジナルアルバム「フィンガーズ・クロスト」には、モット・ザ・フープルのヒットアルバム「全ての若き野郎ども」(1972年)をプロデュースしたデヴィッド・ボウイに捧げる「Dandy」を始めとして、メンフィスにある伝説のスタジオ“サン・スタジオ”でのジャム・セッションからインスパイアされて作られた「Ghosts」なども収録。この6月に77歳を迎えて、なおも前進を続けるイアンの渾身の1枚。』
SEP White Tiger IZZY BIZU 『UKで最も期待される新人アーティストを選ぶ<BBC Sound of 2016>賞の候補に選出され、更に“UKのグラミー賞”とも言われる<BRIT AWARDS>では「批評家賞」にノミネートされるなどの実績を持つ、ソウルフルな新世代ポップ・アイコン、イジー・ビズ。今年9月にはビルボード・ライヴ(東京:28日&大阪:29日)で単独の初来日公演を開催。来日直前の9月7日に、待望のデビュー・アルバム『ア・モーメント・オブ・マッドネス』をリリース』
AUG ケーキ・バイ・ザ・オーシャン DNCE 『2015年夏に結成された米4人組バンド。誰もが惹き付けられるダンス・フックを持つデビュー・シングル「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」がアメリカで100万ダウンロードを超えるヒット、YouTubeでの再生回数は1億回を記録するなど、今年の“サマーアンセム”として大ヒット。8月2日のセレーナ・ゴメスの日本公演OPNING ACTで初来日』
JUL トーク・トゥ・ミー キャンディス・スプリングス 『ブルーノートから新しい歌姫降臨!ノラ・ジョーンズ直系とも言える新世代シンガー・ソングライター&ピアニスト、キャンディス・スプリングス。ナッシュビル出身、現在27歳。満を持して日本デビュー。プリンスは生前、キャンディスの歌声を『雪さえも溶かすほどの(温かい)声』と絶賛。』
JUN ステイ feat. マティー・ノイエス KYGO 『アルバム発売前に“Spotify(音楽ストリーミング配信 サービス・スポティファイ)史上最速で再生回数10億回を突破したアーティスト”12月には、母国ノルウェーで開催されたノーベル平和賞コンサートに出演、今年2月に発売された米『ビルボード』誌でも表紙を飾っるなど、今最も注目されているストリーミング世代の若き天才メロディメーカー。癒し系EDM(Electronic Dance Music)=トロピカル・ハウス”中心人物、待望リリース』
MAY アイ・ワナ・ノウ ft. ニコ&ヴィンス アレッソ 『スウェーデン出身24歳DJ/プロデューサー。デビュー・アルバム『フォーエヴァー』は世界で670万枚以上を売り上げる大ヒットを記録し今夏、満を持して日本デビュー!同アルバム収録楽曲「ヒーローズ(ウィ・クッド・ビー)ft.トーヴ・ロー」は現在までに全世界で13億回以上ストリーミングされている。SUMMER SONIC2016に出演決定。』
APR ファイト・ソング レイチェル・プラッテン 『メジャー・デビュー・アルバム『ワイルドファイア』が全米で初登場5位を記録、こ大注目の女性シンガー・ソングライター。メジャーデビューまで10年以上、夢を諦めかけそうになった時、もう一度自分を奮い立たせ書き上げた曲がこの「ファイト・ソング」。自分を信じて、諦めないで、頑張ろう!というポジティブな応援ソングは動画再生回数1億回超え、全米300万ダウンロードを突破し大ヒット中』
MAR キャント・フィール・マイ・フェイス ザ・ウィークエンド 『ザ・ウィークエンド”ことエイベル・テスファイは、現在26歳のエチオピア人系カナダ人。2015年のアーティスト別・世界セールス・ランキングで堂々10位。第58回グラミー賞では「最優秀R&Bパフォーマンス」と「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム」の2部門を受賞と大注目。話題のアルバムが満を持して日本リリース!』
FEB ホールド・バック・ザ・リヴァー ジェイムス・ベイ 『第58回グラミー賞最優秀新人賞はじめ3部門ノミネート!全英アルバム・チャート初登場1位。イギリスのソロ・アーティストのデビュー作としては、サム・スミス以来最高の売上を記録。“あなたが夢中になる”魂のシンガーソングライター!』
JAN WORTH IT FIFTH HARMONY 『全米1stアルバム『リフレクション』は、トータルセールス290万枚突破シングル動画再生回数4億6千万回突破!2016年最新型ガールズ・センセーションが世界を魅了する!』