PUSH ONE バックナンバー 2009年 邦楽

曲名 アーティスト名 コメント
DEC CHERRY RAMMELLS Gtの真田が大学時代の先輩である黒田秋子、村山努を誘い2015年8月に結成!2016年彦坂玄をドラムに迎え、ライブ活動を本格的にスタート。この年にインディーズ・リリースしたミニアルバム「natural high」収録曲「Holiday」がハウステンボス「秋の女子旅」のCMに起用!!ディーラーやFM局、CMクリエイター界でも話題の存在となる。2017年に入り自主企画「2-way traffic」を開催するなど、RAMMELLSが奏でる本物の“ライブ”が全国各地に飛び火し始めるなか、満を持して12月6日リリース「Authentic」でメジャーデビュー!次世代シティポップを担う注目の4人組バンド。
NOV 美しい人 村上佳佑 1989年 静岡県生まれ.小学1年生から幼少期の5年間をアメリカ・ジョージア州アトランタにて過ごす。アカペラグループ「A-Z(アズ)」のメンバーとして、2009年フジテレビの「ハモネプリーグ」で史上最高の99点で優勝。2011 年までグループで活動するも大学卒業を機に解散。その後ソロに転じ、本格的に作曲を始める。2016年クリス・ハート日本武道館LIVEのオープニングアクト、47都道府県ツアーにコーラスとして参加。“NIVEAブランド”2016-2017年 CMソング「まもりたい〜この両手の中〜」でも注目される。R&Bやブルースをルーツに、繊細でシルキーな歌声で表現される<うた>は、聴く人全ての魂を揺さぶり、心の奥底にまで響く力を持っている。
OCT チクタク edda 『福岡県出身。絢香や家入レオを輩出した音楽塾ヴォイスで軸となる音楽性を形成。世の中に埋もれているあらゆる感情や声達を人々に伝えたいという想いから、「物語を語り継ぐ」という意味を持つ言葉「edda」をアーティスト名に 2017 年より活動を開始。「チクタク」でメジャーデビュー。日常に潜む痛みや不安を拾い上げ、微かな光を照らすような歌詞と、儚くも包み込むような温かみのある歌声で物語を紡ぎだすアーティスト。』
SEP GLAMOROUS LIFE feat.Kaede(Negicco) シマダボーイ 『シマダボーイ!初ソロアルバムNATURE DANGER GANG(休止中)やスカートのメンバーとして活躍するパーカッショニスト、シマダボーイ。サウンドプロデュースに佐藤優介を迎えたシマダボーイ!初ソロアルバム。リード曲のボーカルはNegiccoのKaede (作詞は鶴岡龍)!さらに人気芸人、ぼく脳が2曲参加!!』
AUG 君はロックを聴かない あいみょん 『1995年生まれ。兵庫県西宮市出身のシンガー・ソングライター。インディーズ時代から話題を呼び2016年11月30日、1stシングル「生きていたんだよな」(テレビ東京ほかドラマ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」オープニングテーマ)でメジャーデビュー。強烈な歌詞とポップミュージックを融合させた独自の世界を放つ注目アーティスト。』
JUL ストーリーボード 上白石萌音 『大ヒット映画「君の名は。」「ちはやふるー上の句/下の句― 」など、話題作に続々出演し一躍脚光を浴びた実力派若手女優、上白石萌音の初オリジナルアルバム。“演じるように歌う”唯一無二の歌の世界が広がる一枚『and...』には、HY、秦基博、藤原さくららの提供曲が収録。PUSH・ONEナンバー「ストーリーボード」はandrop内澤崇仁の作詞作曲、島田昌典(aiko、いきものがかり、秦基博などのプロデュース、アレンジ等を手掛けるヒットメーカー)編曲』
JUN By Your Side FIVE NEW OLD 『2010年神戸にて結成の4人組バンド。これまでにSiM、Fear,and Loathing in Las Vegas、coldrain、TOTALFAT、SWANKY DANK、KNOCK OUT MONKEY、BRADIO、HAPPY、GOODWARP、COUNTRY YARD、yonigeなどのツアーサポートの他、ALL TIME LOW、CASHCASHなど数々の海外アーティストとの共演も行う。
洋楽パンク・ロックの重厚感あるバンドサウンドながら、R&Bやゴスペル、80's、90'sなどの要素を昇華したアプローチに加え、日本人離れした流暢な英語詞とポップなメロディーで、自然と身体がノってしまう”気持ちのいいロック”を響かせる。』
MAY It's Who We Are Nulbarich
(ナルバリッチ)
『シンガーソングライターJQをリーダーとして結成されたバンドNulbarich(ナルバリッチ)。メンバーを固定しないが、同じ志をもつメンバーで、時代、四季、背景など状況に応じた、ベストなサウンドを創り出す。ファンク、アシッド・ジャズなどのブラックミュージックをベースに、ポップス、ロックなどにもインスパイアされたサウンドは、国内外のフィールドで唯一無二のグルーヴを奏でる。Nulbarich(ナルバリッチ)という名前には、Null(ゼロ、形なく限りなく無の状態)but(しかし)Rich(裕福、満たされている)「何も無いけど満たされている」 形あるものが全てではなく、形の無いもの(SOUL、思いやりや優しさ含めた全ての愛、思想、行動、感情)で満たされているという意味が込められている。』
APR Boogie Back 井上美優 『1997年生まれ、福岡出身。小学校6年生の時出場した“唐津ジュニア音楽祭”をきっかけに、音楽塾ヴォイス主宰の西尾芳彦氏に出会う。中学生の時から歌唱・作詞・作曲の研鑽を積み、高校入学を機に本格的に曲作りをスタート。2016年春上京し、日々楽曲制作やレッスンに勤しむ。R&B・ダンス・ファンク・ロック・バラード・ポップスまで、幅広いジャンルの楽曲を圧倒的歌唱力で歌いこなす、「自分の歌で聴く人すべてを魅了したい」という力強い意志溢れるヴォーカルが魅力の19歳。』
MAR 青年の主張 Shout it Out 『山内彰馬(Vo.& Gt) | 細川千弘(Dr / リーダー)ともに大阪出身20歳。2015年、閃光ライオット時代から含めて3度目の挑戦となった「未確認フェスティバル2015」で念願のファイナルステージへの進出を果たし、3,254組の中からグランプリを獲得。その後、タワーレコードの新人発掘レーベル・FIRE STARTERより数量限定リリースしたシングル「17歳」が、発売からわずか1ヵ月で完売するなど、一躍10代バンドを牽引する存在となり、同世代の音楽ファンを中心に支持を集める。待望の1stALBUMからタイトル曲をPUSH・ONEにピックアップ』
FEB さいごまで イトヲカシ 『伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ”リョウ(Bass/Guitar/Key)、中学時代からの同級生による2人組ユニット。 日本語を大事にした歌詞・メロディセンス・力強い歌声が織りなす琴線に触れる楽曲を、他者とは一線を画す展開で発信。メジャー第2弾となる今作は、“キットカット”受験生応援キャンペーンソング、河合塾2017年度CMタイアップソングの「さいごまで」と、TVアニメ「双星の陰陽師」のオープニングテーマ「カナデアイ」の2曲を収録した両A面シングル。』
JAN Honesty SHANK 『長崎発の3ピースバンド・SHANK。およそ3年ぶりの渾身のフルアルバム「Hpnesty」を1月18日にリリース。ジャンルの枠にとらわれないSHANKらしさ″全開の10曲を収録。プッシュワンに選ばれたアルバム表題曲「Honesty」は、哀愁と希望が上手く調合されたメロディーで、疾走感あふれる聴きごたえのあるナンバー。3月18日にはアルバムのレコ発ツアーで周南市の LIVE rise SHUNANにてライブ。』