《 Archives 》

■ 2020-10-30

FMY Friday Special Report〜新山口駅観光交流センター編〜

ポロロロロ〜ンとピアノの音色で始まった今週のFriday Special Report♪

楽器屋さんやコンサートホールで弾いていたわけではなく、なんと山口市の新山口駅・北口側2階にある観光交流センターから生演奏でお届けしたんです!
ストリートピアノならぬ、駅ピアノ。
設置されたキッカケや、このピアノを活用して開催されるハロウィンイベントについて新山口駅観光交流センター副支配人の于佳男さんにお話を伺いました。

nullnull

こちらのピアノは、実は市内在住の入混知則さんから善意で寄贈されたもの(*^^*)元々は入混さんの奥様、お嬢様が弾かれていたのだそうです。
地元をピアノの可憐な音色でもっと活気づけたい!という想いを込めて…大人から子どもさんまで様々な方が行き交う「駅」という場所を選んで贈られました。
日々、実際に5歳から80歳代の方まで幅広い世代の方が演奏されているようです。
ピアノに触れた方へ、入混さんの地元愛がバトンのように繋がっていき新山口駅にピアノの優しい音色が絶えず響き続けると素敵ですよね。

nullnull

リポートの前には可愛らしい娘ちゃんを連れたママさんが演奏されていたんですよ〜♪( 掲載ご許可いただいています^^ )
それもこちらのママさん…誇張ではなく本当にプロ級に演奏がお上手でした!ずっと聴いていたかったほどの腕前!

null

対して私がリポート冒頭に披露したのは危なっかしい♪ねこふんじゃった…。
いえ!いいんです!腕前に関係無く、誰でも好きな時に奏でることができるのがストリートピアノ、もとい駅ピアノの魅力。
観光交流センターの皆様も温かく見守って(聴き守って)くださっていました。

そして駅ピアノを弾かれた方はお近付きの証として、お名前がプリントされたシールを発行してもらえるんです。
弾いた後にはシールをピアノにペタリ☆もう既に沢山の方のお名前がピアノに貼られていました。
多くの方に駅ピアノが愛されていることが目からも伝わりますね。これからもっとたくさんの方のお名前が刻まれていくのだろうなぁ。

新山口駅北口側2階・観光交流センターに設置されている駅ピアノは毎日9:00〜17:00まで、どなたでも気軽に!弾いていただけます。
(※現在は新型コロナウイルス感染防止の為に、演奏希望の方に事前に受付用紙に連絡先のご記入や検温のご協力をお願いしています。)

SLやまぐち号の出発地としても馴染み深い新山口駅。ピアノが向かい合っている壁側にも迫力のD51が描かれています。
お好きな旅先に出掛けた気分で優雅にピアノを奏でてみてはいかがでしょうか(#^.^#)

そして明日10月31日(土)はハロウィン★
観光交流センターでも駅ピアノを囲んでハロウィンイベントが開催されま〜す。
●地元で活動中の、親子でブラスバンド演奏を楽しむサークル【ママバンド】さんによるママバンドコンサート
第1部…11:00〜11:30/第2部…13:00〜13:00
●音付き絵本の読み聞かせ
第1部…10:50〜11:10/第2部…12:50〜13:00
是非、読み聞かせ→コンサートのフルコースをご堪能くださいネ。

更に!10月31日当日、仮装をして駅ピアノを演奏された方にはアイシングクッキー専門店「クッキー工房ゆめきらら」さんの特性クッキーをプレゼント。
9:30から先着50組様が対象です。


nullnull

今年のハロウィンは家族連れで遊びに行きたくなる素敵なイベントが用意された新山口駅・観光交流センター。
観光交流センター内にはハロウィン気分が盛り上がるフォトスポットも用意されていますので「ハッピーハロウィ〜ンな」記念撮影もされてみてくださいね。


(おまけ)リポート先から放送局に戻った後は…Pure Morning月曜&火曜パーソナリティの新井道子さんと金曜パーソナリティのカオリーナこと山田香織さんとハロウィンフォトをパチリ!させてもらいました(●´ω`●

null


| Category: Friday Special Report | posted at 21:32 | by 瀬来未央 |

■ 2020-10-23

FMY Friday Special Report〜秋吉台サファリランド編〜

本格到来した食欲の秋!…は私たちニンゲンのみに訪れているわけではないようです(●^o^●)

美祢市秋吉台サファリランドでは暑い夏を超えて涼しい秋口になり…レッサーパンダのエサやり体験が再スタートしました!

今日も柴犬フェイスのマスク姿が可愛らしい、スタッフの荒瀬佳代子さんと一緒に癒しのモグモグタイムのご案内をお届けしましたよ。



レッサーパンダ展示場に設置された特製のお立ち台。
登場してくれたのはフワフワモフモフの3歳の男の子・ヒカルくん。
まんまるのキャンディみたいなお目々を輝かせながらスティックに刺したリンゴを見つめています。



リンゴを目の前に持っていくと…スピーディーにパクッと一口。もぐもぐもぐ。美味しいお顔〜!
早く早くと催促する動きもまたキュートで、自らスティックを前足で掴んで自分の方に寄せる仕草は堪りません。

レッサーパンダはそろそろ夏毛から冬毛に生え変わる時期ですが、レッサーパンダの足の裏には毛が生えていることをご存知でしたか?
大人気のエサやり体験はレッサーに至近距離に近付くことができるので普段は見ることのできない体の細部や動きまでバッチリ観察することができます。



目の前まで近付いてきてくれるレッサーパンダに好物を差し出せることで一瞬で心と心が通じ合えた気分になれます(*^_^*)
あどけなく人懐こいお顔をしていても意外と爪や牙は鋭いんだな〜ということにも気付かれると思います。
なでなでしてみたいところをググッとこらえて…適度に距離を取ってエサやり体験を安全に楽しみましょう!

お写真撮影はもちろんOKなのでモグモグタイムを満喫しているレッサーパンダの可愛い貴重なショットを記念におさめてくださいネ。

★レッサーパンダ エサやり体験
毎日13:00〜開催/エサ代¥200/先着30組限定

そうそう!可愛い姿といえば…現在ハロウィーンまでの期間限定でドッグテラスのワンちゃんたちも仮装をして皆さんのお越しをお待ちしています。



コウモリの羽や蝶ネクタイなどなど、思い思いの仮装をしたワンちゃん達は今日も元気いっぱい!
なんだかトリックオアトリート〜という声が聴こえてきそうですが…こんなに可愛いワンちゃん達にならイタズラされても許してしまいそうですっ。
10月31日までの限定でお目にかかれる姿なので是非、ポップな仮装を楽しんでいるノリノリなワンちゃん達にも会いに来てくださいね☆

GO TOトラベルキャンペーンが始まり、週末はご来園されるお客様がより多くなってこられているようです(#^.^#)
エサやりバス乗車をご希望のお方は午前中のご来園がオススメ!
開演は9:30からですがバスの乗車受付は9;00からスタートされています。先着での受付になりますので、エサやりバスが一番のお目当て!という方は、どうぞ午前中に時間の余裕をもって足を運ばれてくださいね。



秋空の下、サファリランドを囲む自然にも癒されながら…秋冬支度に入っていく動物たちの姿をのんびり眺めてみてはいかがでしょうか♪


| Category: Friday Special Report | posted at 14:43 | by 瀬来未央 |

■ 2020-10-16

FMY Friday Special Report〜山口ゆめ回廊博覧会プレイベント編〜

Pure Morningをお聴きの皆様ならFM山口がウィークデイの夕方にお届けしているプログラム「COZINESS」にも、きっとお耳を傾けてくださっている筈♪

COZINESSでは…山口市・防府市・宇部市・山陽小野田市・美祢市・萩市、そして島根県津和野町の市町で繋がり、イベントを通して各地域の魅力を発信する【山口ゆめ回廊博覧会】について、毎週水曜日17:40から「山口ゆめ回廊ヒューマンリレー」というコーナーでご紹介しています。

来年の本開催に向けて、現在は様々なプレイベントをお送りしている山口市。今日は山口市観光交流課の白澤靖子さんに、どのようなイベントがあるのか、とってもハキハキとご紹介いただきました。



みんな大好き!KOMEZUKI祭(マイナス一年祭)
・10月17日(土)・18日(日)@山口市中央公園
食欲の秋らしく…地元産のお米がおかわり自由でお腹いっぱい食べられる“食”のイベント(●^o^●)
炊き立てホカホカの阿東産コシヒカリや徳地産ひとめぼれと相性抜群の地元飲食店が振る舞う美味しいおかずも待っていますよ。
新米の季節にピッタリなイベントで大好評につき、前売り券は完売していますが若干数、当日券の用意もあるようです!
またイベント名にもあるように今年は「マイナス一年祭」!来年の本番時には更にパワーアップして開催される予定なので今からご期待くださいネ。

大内ナイト2
・10月24日(土)17:30〜20:30@山口市菜香亭
お隣の島根県在住のシンガーソングライター・浜田真理子さん(小泉今日子さんと朗読劇で長年共演されていることでも話題ですよね)のライブやダンスや琴のパフォーマンス、雪舟関連のムービー上映、キッチンカーによるフードコーナーなど、趣&風情のあるスポット・菜香亭でゆったりと上品に過ごす秋の一夜が演出されます。大広間の夜間無料開放も実施されるので山口市内でロマンチックな一時に浸ってみませんか…☆入場は無料ですよ。
駐車台数に限りがありますので、お出かけの際はお散歩がてらに徒歩や自転車や公共交通機関をご利用ください(^^♪
また当日は会場の入り口は1ヵ所として検温を実施される他、マスク着用の徹底、手指消毒、ソーシャルディスタンスの確保、接触確認アプリCOCOAのインストールを呼び掛けられるなど新型コロナウイルス感染拡大防止対策もしっかりと呼び掛けていかれるということ。遊びに行かれる方は安心、安全にイベントを満喫できるようにどうぞご協力をお願いいたします。

●着物deお散歩
・10月30日(金)〜11月8日(日)@山口市大殿地区
歴史薫る山口の街歩きを着物姿で優雅に楽しめる、レトロ好き・和服好きな女子には堪らないイベントです!もちろん男性もご参加いただけますのでカップルやご家族で着物を着て、山口の街並みを背景に素敵な秋の思い出のお写真を撮ってみるのはいかがでしょうか。興味はあるけど着物を持っていないなぁ…という方にもイベント開催期間中は菜香亭や対象の市内呉服店で着物レンタルも行っているので、ご安心くださいね。バッチリ着物をまとって対象のお店を訪れたり、観光周遊1日乗車券を利用された方にはノベルティプレゼントがあったり割引サービスが受けられたりと嬉しい特典も(*^▽^*)
カメラマンによる撮影会や和小物手作りワークショップなどの胸がトキメク企画もされていますので、是非この秋は風流に着物ウォーキングをお楽しみください。

私も巷を席巻している『鬼滅の刃』の世界観に飛び込んだ気分で和服を着てみた〜い!!

山口の特産品やロケーションの素晴らしさを再発見できる数々のイベント◎
行楽シーズンは今一度、地元に目を向けての〜んびりと過ごしてみるのも良いですね。

| Category: Friday Special Report | posted at 12:25 | by 瀬来未央 |

■ 2020-10-09

FMY Friday Special Report〜ゆめ花マルシェ2020編〜

爽やかな海からの風が気持良く緑に囲まれたロケーションが最高で、これまでもゆめ花博やWILD BUNCHなど大規模な野外イベントが開催されてきた山口市阿知須の山口きらら博記念公園。
10日(土)・11日(日)にはきらら博記念公園で【ゆめ花マルシェ2020】が実施されます!
開催場所となる“公園”に注目したこの度のイベントの楽しみ方を山口きらら博記念公園活性化協議会の木村信宏事務局長にお聞きしましたよ。



新型コロナウイルスと共存していく昨今…、最近は外出の時間が減ったな〜と感じられている方も少なくないのではないのでしょうか( >_< )
時代に合わせてオンライン環境がどんどん整って、音楽フェスや舞台公演もリモートで体感できるこの頃ではありますが、やはりその場の空気感や目の前の誰かの表情の温かさなど【五感を使ってリアルに体感してほしいよね!】という想いが込められた今回のコンセプトはNew Normal Park〜新しい日常の公園を楽しもう〜。
新しい生活様式の中で、これまで憩いの場所として“公園”が担ってきた地元への役割の再確認と新型コロナウイルスを含む社会的リスクを減らす活動に大きく貢献する可能性がある場所として、地域の皆さまと一緒に“公園で”体験的に学びや遊びの時間を楽しく過ごしてほしい!という願いが込められています(*^-^*)

確かに少し前まではフラリと公園に行けば誰かに会える…というのが普通でしたよね。

山口きらら博記念公園を会場としてエリアごとにお子様から大人の方まで夢中になれる様々なイベントの一例はコチラ!
★ゆめ花ウォーキング…「やまぐち健幸アプリ」とのコラボ企画。健康的にウォーキングを楽しみながら会場内7ヶ所のポイントにチェックインしてコースをクリアすると、ゆめ花“オリジナルマスク缶バッジ”がもらえちゃいます!

★YUMEHANA MUSIC MARCHE 2020 「NO PARK・ NO MUSIC NO LIFE」…花と緑のエリアで開催。やはり野外イベントには心地いい音楽は外せませんよね♪「公園」でのライブパフォーマンスを楽しみたい沢山のアーティスト達が、来園者の皆さまに向けて癒し・息抜きを感じられる“柔らかで爽やかなアコースティックサウンド“を奏でます。
「森と大草原のエリア」ではステージではなくミニエリアで、OPEN MICイベントの様な気軽なストリートパフォーマンスライブも行われま〜す。

★アクティビティ体験…きららいずのエリアではカヌーやサップ、クライミングタワー体験など思いっっっ切り体を動かすことができます!小さいお子様連れのご家族の方にも楽しんでもらえるプレイコーナーもありますよ。遊びながら運動不足の解消を(^o^)/

そして花と庭のエリアでは、およそ10,000本の山口県産季節の草花が迎えてくれますので、の〜んびりとお散歩されるだけでも癒されそうですね。
花のアレンジレッスン体験や、新型コロナウイルスの収束を願いを込めて凧を作るワークショップと、芸術の秋らしいアート体験ができるコーナーや特産品販売コーナー地元の高校生の皆さんがプロデュースされたコーナーなどなど…今できることを更に楽しめるように工夫された企画がいっぱいです。

(スタッフの皆さま、念入りに準備されていますね)


野外の換気の良い場所とはいえ、もちろん感染症対策もバッチリ力を入れられています。こちらの地面に設置されたロープ…。ミステリーサークル?いえいえ!ステージ観覧の際などにソーシャルディスタンスを取れるように分かりやすく距離間を示す為に用意されているんです。
更に言うと実はこれはロープではなく、荒縄!味気無い対策にならないよう、より自然の素材の温かさを感じられるようにこだわりを持って準備されたのだとか(●´ω`●)



遊びに来られる方にもマスク着用徹底や各所に設置された消毒液で手指消毒を呼び掛けています。

せっかくの過ごしやすい気候の実りの季節。
まったりお家時間もいいですが、レジャーシートやお弁当を持ってピクニック気分で自然豊かで広々とした“地元の公園”にお出掛けされてみませんか◎



【ゆめ花マルシェ2020】
@山口市阿知須 山口きらら博記念公園
10月10日(土)/11日(日) 10:00〜17:00

| Category: Friday Special Report | posted at 23:48 | by 瀬来未央 |

■ 2020-10-02

FMY Friday Special Report〜山口県立萩美術館・浦上記念館編〜

明かりが落とされて神経が研ぎ澄まされるような静かな空間の中に、目を惹き付けてやまない、パキッとした赤や黒や金色の原色の独創的なオブジェ。



約1m程はあろうかという大きさからも一見、彫刻に思える数々ですが、これらは何と全て焼き物!
このチューブから捻りだされた絵の具が溜まっていく曲線なんて、どれだけ計算され尽くされているのでしょう…!!

作陶された三輪龍氣生さんについて、「三輪龍氣生展」を好評開催中の山口県立萩美術館・浦上記念館の石崎泰之副館長に解説していただきました。



三輪龍氣生さんといえば萩焼名門の三輪窯当主を弟にの和彦さんに託して、自ら陶号改めた十二代・三輪休雪さん。
1967年、東京藝大大学院修了制作展を皮切りに作家活動を開始された三輪龍氣生さんは長きにわたって伝統性とモダン性の交わりの中に浮かぶ「自己」を見据えながら「人間存在」について模索されてきました、テーマは【エロス(愛)】と【タナトス(死)】というのですから壮大ですよね。一体どのように「人間存在」を作品に落とし込まれているのだろう…と気になりますが、この度の特別展で三輪龍氣生さんの思考に触れることができます。
「龍神伝説への道 三輪休雪展」が萩美術館で開催されたのがちょうど10年前。以降に制作された<龍人伝説>シリーズの他に新作を含む120点の代表作や資料から、具象的立体で独創性に満ちた新境地を開拓された三輪龍氣生さんの制作半生を振り返ることができる機会となっています。

私たちが普段、焼き物・陶芸・萩焼と聞いて思い浮かべるのは手頃なサイズ感の茶器や花器など、いわゆるこういった身近で見たことのあるような器ではないでしょうか?



もちろんこちらも三輪龍氣生さんの作品ですが、今回多く飾られているのは実用性を取り去ってアートとして生々しく感情豊かに「いのちのかたち」が表された作品ばかり。オブジェ陶と呼ばれているのも納得のデザイン性です。



目隠しをされたモノトーンの女性の上半身という、この思わせぶりな表現…想像力を掻き立てられます。石崎副館長は、難解に考えずに鑑賞する側それぞれの感性で受け止めればイイんですよ、と「考えるな!感じろ!」論を推してくださいました(*^-^*)ホッ。

特別に一点、写真でご紹介しましょう。



展示室1の後半を占める幅2m越えの黒陶彩の超大作≪続・卑弥呼の書 No.8≫。
歴史が記されている古文書のような巨大な本がマットな土の質感で制作されていて、私にはまるで化石のように感じられました。古い時代が崩壊していく一方で黄金色の輝きを放つ大量のハイヒール…。新しい世代によって新しい歴史へ歩みだしていく一連の流れがイメージできます。(実はこのハイヒールは三輪龍氣生先生自らが一足一足の位置にこだわりをもって並べられたのだとか!)一つの作品に「崩壊」と「生成」が共存しているんです。目で捉えるのが難しい漠然とした、それでいて永遠のテーマとなる「愛」と「死」を時間の流れといった独特な魅せ方でもって可視化してもらえたような気がします。
折りしも今は芸術の秋!これはもう鑑賞というよりも作品に圧倒されるスケール感を体感してほしい!!!です。

萩美術館では現在、新型コロナウイルス感染拡大対策としてご来館者さまにマスク着用・手指消毒・ヘルスチェックシートの記入・体温計測を実施中。
どうぞご協力いただき、安心安全に芸術の秋の一時をお過ごしください(#^.^#)



山口県立萩美術館・浦上記念館
★三輪龍氣生展(〜12月10日(日))
観覧料:一般¥1300/学生¥1100/70歳以上のシニアの方¥1000/18歳以下無料
会場内は写真撮影OKです(^^)/


| Category: Friday Special Report | posted at 23:56 | by 瀬来未央 |