■ 2019-11-08

11月8日のRide on Music

次回、アーティストメッセージはパノラマパナマタウン

特集は、山崎まさよしのニューアルバム『クォーターノート』


null

お楽しみに♪


**************
11/3 しゅうニャンフェス2019が開催されました!

しゅうニャンフェスは、サーキット形式の音楽の祭典。
有料会場エリア2会場(LIVE rise SHUNAN、RISING HALL)と、無料会場エリア(徳山駅前図書館、銀南街商店街ストリートエリア)を会場に、27組のアーティストさんが集いました!
ソルジャーヘッドさんこと、兵頭尚吾さんが実行委員長で、今年で開催2回目です。

周南の街中に生き生きした表情の人がたくさんいて、それを見ているだけでも胸がいっぱいになりました。

今回、徳山駅前図書館やストリートエリアなどの無料会場エリアで、偶然音楽と居合わせた感じの方々を多く見ましたが、反応を見るのが楽しくて、今年はお客さん込みでアーティストさんのステージを観るようにしていました。

最初はさほど興味なさそうにされていた70代くらいの男性が、だんだん音楽に耳をすまされるようになり、最終的には横向きにされていた体をまっすぐアーティストさんに向けてらっしゃいました。←見すぎ笑

徳山駅前図書館エリアは、新幹線のりばと繋がっていて人の行き来の多い場所です。足を止めて耳を傾ける方も多かったです。皆自分の琴線に響く何かがあったときに足を止めますが、それは歌詞であったり、ギターの音であったり、無音の時間“間”であったり、人によって様々で興味深かったです。←観察しすぎ笑


有料会場エリアで観たアーティストさんはどのバンドものびのび歌われていました。
小林的には長崎県出身、THE NINTH APOLLO所属のバンド BAN'S ENCOUNTER が気になります。

(今日は/BAN'S ENCOUNTER)


(LAMP/BAN'S ENCOUNTER)

それから、11/6にメジャーデビュー「Wish on」をリリースしたロングマン。
インディーズ最後のライブが周南でできて嬉しいと話されていました^^


そしてオオトリの アルカラ 音楽ってこんなに自由でいいんだと思わせてくれてひたすら夢中にさせられたライブでした。

(『20180127〜KAGEKIにやってくれないかチュアー〜』- トレイラー/アルカラ)


| Category: WILD ON! | posted at 22:00 | by 小林愛子 |

《《 戻る