《 Archives 》

■ 2021-04-30

Friday Special Report〜山口県立萩美術館・浦上記念館編〜

待ちに待ったGWがやって来ましたね!(お仕事の方は本当にお疲れ様です!)
今年のGWは、合間にお休みを取れば最長で11連休にもなる方もいらっしゃるみたいですね(#^.^#)

それだけ長〜いお休みがあれば海外旅行にも行けちゃいそうですが…コロナ禍のこのご時世としては長距離の移動はやはり難しい……。
しかし!地元に居ながらも海外の空気を感じられる場所はあるんです。

リポートで伺った場所は萩市・山口県立萩美術館・浦上記念館
現在、萩美術館では19世紀後半にヨーロッパで流行したアール・ヌーヴォー作品を約170点 集めた特別展【ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ―日本を夢見たヨーロッパ工芸】を開催中です。

nullnull

アール・ヌーヴォーとは19世紀期後半から20世紀初頭にかけてフランスやベルギーなどヨーロッパで誕生した新たな美術様式。発症はイギリスからだとも言われています。
お話を伺った学芸員の柿添康平さんによると…19世紀初頭に起こった産業革命により物資の大量生産が安価で可能になったことと引き換えに、世の中には多くの粗悪品も出回ることになった時代があったのだそうです。
それでも審美眼に優れた上流階級には高級でも質の良いモノを求める層が一定数存在していたとのことで、グラスや香水瓶などの工芸品から建築に至るまで…芸術性の高さを追及する富裕層に応えて芸術家達が生み出し様式こそが≪アール・ヌーヴォー≫だったのです。

アール・ヌーヴォーのモチーフの主なキーワードは【エレガント】【動植物】。
滑らかな曲線を描くランプやグラスを目にされたことがある方も多いはずです(#^^#)アーティストで言うとミュシャやガレやクリムトが有名でしょうか…(←柿添さんに良い影響を受けて勉強中::)
このアール・ヌーヴォーは実は浮世絵や漆蒔絵をはじめとする我が国・日本美術が大いに影響を与えているのだそうです。

例えば日本の浮世絵には鳥獣戯画など動植物が描かれていたことが多いですが、当時のヨーロッパでは動植物は背景に描かれるものとして認識されていたり、芸術的にではなく“博物学的に”写実表現されることが一般的でした。この島国のデザイン性(ジャポニスム)がヨーロッパのアーティストには斬新に映ったようで、積極的にアール・ヌーヴォーの作品作りに取り入れられていきます。

う〜ん…私達、日本人の(ご先祖様の)美的感覚が欧米にも通用したのだと思うとちょっと誇らしいですよね。

今回の特別展のポスターにも大きく乗っている(そしてフォトスポットにもなっている)、孔雀の羽根模様が描かれたメタリックブルーの美しいグラス・孔雀文花器はアクセサリーブランドとして有名なティファニーのディレクターが手掛けた品。この孔雀の羽の模様(ピーコック柄)も日本の動物画からインスピレーションを受けています。

null

足元に放たれる虹彩は金属を吹き付ける手法で人工的に施されたものです。
同じく展示されている作品の中では敢えて花を平面的に描いているエミール・ガレの作品にも言えることですが…このファブリルガラスは眺める角度によって輝き方が異なって見えるので、是非様々なアングルから現物を見つめていただきたいです(*^o^*)
来館者様に様々な捉え方を楽しんでもらえるようにと、照明の当て方も工夫されています!おもてなしの文化、ジャポニスム!

自分なりの解釈で作品に触れる楽しみ方もありますが♪知れば知るほど奥深いアートな話は、専門家から“知識”として詳しく教えてもらうこともオススメです。
5月2日・16日/6月6日・20日(いずれも日曜日)11:00〜12:00には学芸員の方によるギャラリーツアーも開催されます。
作品について一歩踏み込んで学んでみたい方、より深いアートの話を聞いてみたい方は電話にて事前予約の上、ギャラリーツアーへご参加ください★
きっと新たな発見があるはずです。

今回展示されている作品は、国立ブタペスト国立工芸美術館からはるばる空の旅を経て初来日(!)した貴重な作品ばかり。
海外へ足を向けることが難しい今の時期だからこそ海外のアートを地元でじっくりと味わってみてはいかがでしょうか(*^▽^*)


【ブタペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ ―日本を夢見たヨーロッパ工芸】
4月24日(土)〜6月20日(日)
山口県立萩美術館・浦上記念館
0838-24-2400

| Category: Friday Special Report | posted at 23:50 | by 瀬来未央 |

■ 2021-04-29

ものまねツイッターDMからも受け付けます!


| Category: General | posted at 10:43 | by スタッフ |

■ 2021-04-23

FMY Friday Special Report〜GWはDLやまぐち号に乗って編〜

早いもので4月も後半に差し掛かり、間も無く大型連休がやってきますね。
ゴールデンウイークのご予定は、皆様もうお決まりでしょうか??

今日はゼロスタのとっても近く…新山口駅からリポートをお届けしました。
新山口駅といえば在来線や新幹線の運行と併せて、島根県津和野町を目指して走る大人気の観光列車「SLやまぐち号」の出発地点。旅の始まりのワクワク感に包まれた駅です。

例年3月から期間限定で沢山の乗客を運ぶSLやまぐち号ですが、牽引する蒸気機関車C57-1号機(貴婦人の愛称で親しまれています)、そしてお馴染みのデゴイチことD51-200号機は現在、検査・修繕を実施中…。

絶賛メンテナンス中ということは今時期は機関車は走っていないのでしょうか?
JR西日本の雪矢みかさんにドキドキしながら伺ったところ…今年の3月から9月の期間は何と特別に!「DLやまぐち号」として普段は中々乗車することのできないディーゼル機関車による牽引が行われているのだそうです!

nullnull

(この陸の玄関口・新山口駅から出発進行します!
DLやまぐち号のお写真はJR西日本公式HPからお借りしています)

ディーゼル機関車は1960年代から客車や貨車を牽引して、以前は全国各地で活躍していましたが、現在では数を減らしている為に全国的にも貴重な存在。
なかなかお目に掛かれないレアな車種であり、揺れが少なく乗り心地が良いことも相まって令和の時代も根強いファンに愛されているそうですよ。
このDLやまぐち号、ディーゼル機関車が牽引する「35系レトロ客車」は、2018年にブルーリボン賞も獲得しています(ブルーリボン賞…鉄道ファンから、年間で最も優れた車両として選出された車両に贈られる名誉な賞)!!

35系レトロ客車は山口市にお住まいの方であれば走行中の姿を目にしたことがあるかもしれませんね。
35系レトロ客車は車内の構造や窓辺に揺れるカーテンの布地など、SL全盛期の旧型客車を隅々までリアルにこだわって再現した客車となっています。
木の温かみのある趣のある空間でありながらも、資料展示コーナーや地元特産品販売カウンターなども備わっていて、旧時代と現代のコラボを果たしている≪新しいけれど、レトロな客車≫なんです。
昔ながらの歴史を感じる車内に、コンセントや空気清浄機が完備してあるコントラストが魅力的(#^.^#)

SLは蒸気機関を動力としているのでモクモクと力強い煙を吐き出しながら走る様子が特徴的ですが、この度運行しているDLはディーゼルエンジン搭載の為に排出される煙量が少ないので窓を開けて瑞々しい新緑の香りが溶け込んだ空気を感じながら汽車旅を満喫できるところも嬉しいですよね。

5月1日(土)から5日(水)の期間は特別に終着駅の津和野駅で転写台に乗せて「回転展示」も行われます!様々なアングルから思い出の写真を収めることができるチャンスですね。


JR西日本では、利用される皆様に安全に鉄道の旅を楽しんでもらえるよう列車内の換気や消毒をシッカリと徹底してコロナウイルス感染対策にも万全に取り組まれていらっしゃいます。
まだDL機関車に乗ったことがないなぁ〜という方はこの機会に乗車して、身近な地元の魅力を再発見するプチ旅に出てみられてはいかがでしょうか。

間も無くやってくるゴールデンウイーク期間…4月29日(木)から5月5日(水)はDLやまぐち号は毎日運行しますよ◎
グリーン車はほぼ満席となっているそうですが、普通指定席はまだまだご予約可能ということですので、【JRおでかけネット】またはJR西日本の各駅の窓口から詳細や最新の運行情報をお気軽にお問い合わせください。

山口県ではSL・DLの他にも和と洋の空間を車両で繫ぐ「〇〇のはなし」と冠した観光列車も新下関から東萩間で運行中(はぎ・ながと・しものせきの頭文字から名付けられています)。JR山陰線では日本海の雄大な美しさを窓から眺めながら列車に揺られる穏やかな時間を過ごせること間違い無しなので、是非「〇〇のはなし」にも乗車されてみてくださいね。

今年のゴールデンウイークは自然豊かな山口県をのんびりと汽車で旅して過ごすのも素敵かもしれません(*^o^*)

| Category: Friday Special Report | posted at 23:22 | by 瀬来未央 |

■ 2021-04-16

FMY Friday Special Report〜新型コロナウイルスワクチン専門相談ダイヤル編〜

「ウィズコロナ時代」というワードが浸透して久しいですが、4月12日(月)から先行的に高齢者の方を対象にコロナウイルス感染拡大の対策としてワクチンの接種が始まりました。

この先行的な接種の後、いよいよ4月26日(月)からは配布ワクチンの数も増えて本格的な接種も順次始まる予定です。
接種できる場所は各市町ごとによって異なりますので、お住まいの地域の相談窓口やコロナワクチンに関するホームページであらかじめご確認くださいね(#^.^#)

ただ、いざ接種するとなるとチェックしておきたいのは、自分はいつ・どこで接種できるのか?接種の予約はどうやるの?副作用の心配は?などなどですよね。
そんな時はつい口コミやネットの情報を参考にしたくなりますが…気になることは是非、専門的な相談窓口にお訊ねください!!

山口県では24時間、薬剤師さんによる適切なアドバイスや情報提供が受けられる専用の専門ダイヤルが開設されています
→★ワクチン接種専門相談センター 083-902-2277★

仕事や家庭の事情などで日中はなかなかゆっくり相談や情報収集ができない方もいらっしゃると思いますが、そういった方や緊急時に備えて早朝・深夜も活用できるのはありがたいですよね。

null

接種前・接種後でそれぞれ気になることも異なるでしょうがワクチン接種に関することは全てお気軽にご相談ください。
体調に関する大切なことなので、些細なことでも自己判断・自己解決せずにスッキリ不安を解消してからワクチン接種の機会に臨みましょう。

null

もちろん、ワクチンを打ったから安心♪と区切りを付けるのではなく…お話を伺った山口県健康福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 ワクチン接種対策班の田中沙貴子さんからのメッセージ通りに【三密の回避・手洗い、うがいの徹底・マスク着用】と日常の中でできる感染対策も引き続き行って、自分自身、そして家族や友人など周りの大切な人たちも感染症から守りましょうね(*^-^*)

| Category: Friday Special Report | posted at 23:48 | by 瀬来未央 |

■ 2021-04-09

FMY Friday Special Report〜ヤナセ周南支店編〜

最近では早くも半袖で過ごせそうなほど暖かい日もあったり、日が長くなったりと本格的な春が到来してワクワクしますね!

どこか行楽地に出掛けたくなるけどコロナの感染対策はシッカリしておきたい…そんな方は密を避けて、換気の管理もバッチリできる“ドライブ”を楽しんでみてはいかがでしょう(*^o^*)?!
今日も周南市のヤナセ周南支店には乗っているだけで気分を盛り上げてくれる、AクラスやEクラスなど様々なモデルのメルセデスがズラリと展示されていましたよ。

nullnull

中でも、お話を伺ったスタッフの保永明日香さんに熱くオススメいただいたのは個性が光るEクラス・カブリオレ!

nullnull

クールなブラックで開放感溢れるオープンカーになっていて、正にポカポカとした陽気や春風を感じながらのドライブにピッタリですよね。
期間限定でヤナセ周南支店に展示されていて貴重且つあまりにも格好良く、憧れの1台なので今日はカブリオレと一緒にパチリ。

null

\保永さん、カブリオレの他に今、人気と注目を集めているモデルは?/

null

/そうですね…昨年夏にリリースされた新型GLAと新型GLBでしょうか!\

どちらもコンパクトなSUVモデルということで人気が高いようですね(#^.^#)
どれほどの人気ぶりかというと…販売開始後に人気が殺到して即完売、この度ようやく製造が追い付いて今夏前には入庫する見通しが立ってきたところなのだそうです。

どことなく優しい丸みを帯びたフォルムの新型GLAは2列シートで5人乗り。
後列シートを倒せば自転車も積み込める広々としたハッチバックを備えた新型GLBは3列シートで7人乗り。
所有されるオーナーさんの家族構成や用途に合わせてどちらのモデルにされるか、じっくり検討する時間も楽しそう。
もちろんどちらもドライバーや歩行者を守ってくれる安全性能には自信アリですし、「ハイ!メルセデス!」と話しかけるだけでエアコンの温度調節やナビ操作を担ってくれる人工知能MBUXが搭載されています♪

新型GLBには新グレードとしてガソリンエンジン搭載のGLB180が加わり(力強いディーゼルエンジン派の方には…ディーゼルエンジン搭載の4輪駆動モデル・GLB 200d 4MATICもオススメですが)、若い世代の方にも手が届きやすい価格でのリリースであることも嬉しいポイント。

新型GLAはスポーティ、新型GLBにはダイナミックな…それぞれの印象がありながら、どちらも小回りが効く設計になっているので女性にも運転しやすいところが更なる魅力です。

まずは試乗して走行性や乗り心地を確認したいな、と考えていらっしゃる方はお近くのヤナセへお気軽にご相談ください!!新型GLAも新型GLBも本当に人気が高いので、早い者勝ちだったり順番待ちの必要がある時期もあったりするかもしれませんので…お迎えできるタイミングがバチっと合った時はきっと運命的な出会いのタイミングですよ!←全てのモデルに言えることですが( ^o^; )ドキドキしながらその出会いのタイミング探るのも、多様なラインナップから自分だけの運命の1台と巡り合うことが期待できる認定中古車ショッピングならではの楽しみかもしれませんね。

null
ヤナセ周南支店(徳山東インター入り口 すぐソバ!)  0834-39-6888
営業時間:10:00〜17:00(※土日は18:00まで)
定休日:月曜日・第2火曜日


| Category: Friday Special Report | posted at 23:56 | by 瀬来未央 |

■ 2021-04-03

Friday Special Report〜山口グランドホテル編〜

いつ訪れても、上質なおもてなしの精神で以て迎えてくださる山口市の山口グランドホテル

この度、山口グランドホテルでは新型コロナウイルスがもたらす様々な影響でちょっぴり俯きがちなことが多い日々の中でも…美味しいご飯を食べて元気を出しましょう!という山口グランドホテル流のエールが込められた「ボリューム満点!!コロナにカツ!」キャンペーンがスタートしました。

ホテル内のレストラン、4店舗が対象店舗となっている本キャンペーン。
詳しい内容を料飲部マネージャーの山田学さんにご紹介いただきましたよ(*^^*)

nullnull

キャンペーンに参加中のレストラン&オリジナル応援メニューは…
●日本料理「雅」 牛かつ巻膳(税込\1800)
分厚〜い牛ヒレカツと特製の厚焼き玉を巻き込んだ食べ応えタップリの牛かつ巻に味噌汁、茶碗蒸し、小鉢がセットで付いてきます。
牛かつ巻(8貫/税込\1600)のみのテイクアウトも用意があるのが嬉しいポイント♪
テイクアウトしたホテルレストランの味を自宅などで気軽に楽しめるのはありがたいですよね。

●レストラン「アゼィリア」 カツレツボロネーゼパスタ(税込\1000)
パスタの上にカラッと揚がった大きなカツレツがオン!しているメイン料理とメイン料理の夢のスペシャル共演メニュー。
パン・ライス・スープの内のいずれか1品とサラダが付くセットメニューもあるので(税込\1200)更に元気を出したい時はセットメニューのオーダーがおススメです☆

●中国料理「随園」 豚ロースマーボーチャーハン(税込\920)
以前、リポートで随園に伺った際にスタッフさんが「当店のマーボードーフは辛さにこだわっている、特に自慢の一品なんです(#^^#)」と、お話しされていましたが…そんな自慢のメニューにプラスしてロースカツもチャーハンも一度に味わえるなんて贅沢な機会ですよね!スープ・サラダ・デザートも付くセット(税込\980)もあります。

●居酒屋「呑ん太」 喝!!DONカレー(税込\980)
カツはカツでも元気を注入してくれる「喝」の字をメニュー名に取り入れられているところに気合いを感じます。
ライスはしっかり400gも盛られていますので相当ボリューミー。ピリッとした刺激と旨味のあるカレーと一緒にサクサクジューシーなカツを頬張れば自然に笑顔になれそうですね◎


新山口駅の南側に位置する山口グランドホテル。オフィスに囲まれているということもあり、特にサラリーマンの方が平日ランチに来られることが多いのだそうです。(もちろん学生さんなどの若い世代や、ママ会ランチなどで足を運ばれる女性の方もいらっしゃるようですよ(^^♪)
お腹いっぱい食べて午後の勤務も乗り切ろう!という会社員の皆様を、美味しいカツ料理で心から応援する「ボリューム満点!!コロナにカツ!」キャンペーンは【4月30日(金)までの期間限定】となっています。


換気にも気を配りながら密にならない工夫、マスク着用・手指消毒の徹底など感染症対策も万全の山口グランドホテル。
お得に豪華なランチやディナーを食べて、元気もチャージできるキャンペーンを是非ご活用ください!

☆営業時間や各店舗定休日などのお問い合わせ…山口グランドホテル(083-972-7777)

| Category: Friday Special Report | posted at 12:05 | by 瀬来未央 |