《 Archives 》

■ 2014-07-23

ワイルドショット2014 ロードトゥワイルドバンチフェス!!

Ride on Musicをお聞きの皆様、ごきげんよう。
チューマンです。

今月、3週にわたってお送りしていきた
ワイルドショット2014 ファイナリスト特集でしたが、
ついに。

今週の月曜、海の日に、本選考会、開催されましたーーーーー!!!!!!

うおおおおおお!!
緊張した!!私、別の意味で緊張した!!
※この日、私は初の単独MCでございました。

私の緊張感など足元にも及ばないほど、バンドの皆さんは緊張されていたのではないかしら。
そう思わないでもないですが。

リハーサルのステージ上はピリリとした緊張感のある空気でしたが、
控室は思ったより和やかだったように思います。
バンド同士で楽器のこと等をお話されてるのを、ほほえましく拝見していました。

まぁそういったオフショットのことはおいおいと。

まずは、このイベント、素晴らしかった!!!

私、裏でずっとバンドの皆さんの演奏を聴いておりました。
ノリノリでした。
普段はあまり「音楽に乗るようなタイプじゃない」演出している私が、
ノリノリで聴いておりました。

もともとCD音源は拝聴しておりましたが、
生は違う。
ライブ感が違う。

そう思った次第です。

ワイルドショット2014 ロードトゥワイルドバンチフェス
これはエフエム山口がお送りする新たなアマチュアミュージシャンの祭典。
グランプリはこの夏、8月23日、24日に開催されるワイルドバンチフェスへの出演の権利が与えられるという
ビッグイベント。

多くのミュージシャンにとっては、「チャンス」となるイベントです。
しかし一方で、私のように「聞く側」にとっても、
新しいミュージシャンとの出会いのチャンス。

会場には多くのファンがきてくださいました。
お気に入りのバンドリストに、新たな名前が加わったのではないでしょうか。

会場の盛り上がり、私の気分の盛り上がり、そしてバンドの皆さんの盛り上がり。
これをそのままお届けしたいと、今こうしてブログを書いているのです。


・・・・・・・ひっぱるねー。
チューマン、いつもより引っ張りました。

それでは、
ワイルドショット2014 ロードトゥワイルドバンチフェス。
準グランプリとグランプリを発表いたします。

まず、準グランプリから・・・・・
準グランプリは
elephant


ストイックな英語詞と枠にとらわれない多彩な楽曲で攻める
実力派3ピースバンド。

ROMにはリーダーの森岡さん(通称:森ポン)がきてくれましたね。
惚れ込んでヘッドハンティングしたベーシストとドラマー。
ステージ上は、やはりベテランの貫録というか、堂々たるパフォーマンスを見せてくれました。

そして、グランプリ・・・・・・
グランプリは
memai


ボーカルのボイスは唯一無二!
女の子の声と男の子の声を使い分ける逸材。
そしてメンバーの爆発力のあるキャラクター。

加藤心くんに関しては、あの兵頭さんに
「高校生との会話をもう一回勉強してくるわ」と言わしめる不思議キャラ。

メンバーの年齢差は最大7歳。
末恐ろしい粒ぞろいのバンドです。


準グランプリとグランプリを鼻息荒く発表しましたが、
他のバンドもすごかったんです。
改めて、出演バンド6組をご紹介します。

Davinci
Transport
空っぽパレット
ヌ・シャボンヌ
準グランプリ elephant
グランプリ  memai


でした。

正直なことを言いますと、
裏で聴いていた私はわからなくなりました。
どこがグランプリになるのか、本当にわからなかったんです。

素晴らしい音楽との、バンドとの出会い。
ワイルドショットにいただきました。

今週のROMは、そんなワイルドショット2014の報告スペシャル!

グランプリ、準グランプリのコメントやライブ音源をお届けします。
お聴き逃しなく!!

さぁ、ワイルドバンチフェスがますます楽しみになってきたぞ〜!!!!
| Category: WILD ON! | posted at 13:56 | by 中馬 |

■ 2014-07-19

ワイルドショット2014 ファイナリスト特集第三弾!!

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。

いよいよ、明後日に迫るワイルドショット2014 ロード トゥ ワイルドバンチフェス!!

兵さんのサプライズなお知らせの通り、
実は私もエフエム山口に来て初の単独MCデビューということで、
いろんな緊張感が高まりつつある毎日です。

7月21日(海の日)に山口市名田島の山口南総合センターにて開催される
アマチュアバンドの祭典、ワイルドショット!

我らがRide on Musicでは、このイベントに注目して
今月は3週にわたり、ワイルドショットのファイナリストたちをスタジオにお招きして
インタビューをしてきました。

今週はファイナリスト特集第3弾にして、最後です!

空っぽパレット

山口大学軽音部で結成された5人組バンド。
せつなポップという独自のジャンルを突き進む!
放送でも兵頭さんが言っていた「せつな感」が、スタジオ中に充満していました。
何だろう、ボーカルのかずほちゃんの声が儚げな少女を思わせる声で、
声フェチの私、チューマンとしてはうらやましいこと限りなし。

メンバーが全員学生さんということで、他のバンドとはまた違う空気をまとっていました。
番組でも流したエントリー曲「昔話」、サウンドは優しいのに、
ちょっと歌詞にえぐられるな〜と思っていたら、

私以上にえぐられている兵頭さん……

「お父さんと結婚する」なんて言ったことは私は無いと思いますが。
世のお父さんの心に突き刺さるものがあったかもしれませんね。

かずほちゃんと堀田君のハーモニーがさらに切ないですね。
もっと自分たちの音楽を発信したい!
その意気込みをもって、ワイルドショットは頑張っていただきたいですね!



Transport

エフエム山口が開催していたバトルヒートの2010年のグランプリバンド。
その実力は今回のワイルドショットでも発揮されること間違いなし。

ライブでは、決められたことをやるとは限らない、とのことでしたが、
これは相当な技術がないと不可能ですよね。
即興で合わせていく、というのは息もぴったりあっていないといけないし、
相手のこと、曲のこと、音楽のことを知っていないとなかなかできません。

ワイルドショットの舞台でも、そんな彼らのイリュージョン的なパフォーマンスが見られるのでしょうか。
ぜひ見たい。

ファイナリストに選ばれたという連絡があった時の
声にならない喜びを表現していただきました!
ベテランの貫録を漂わせつつ、
その背中で若いバンドたち、ひいては山口の音楽シーンをひっぱっていただきましょう。


いよいよ明後日に迫るワイルドショット2014。
正直手にびっちょり汗を握っている私。

これまでご紹介してきた6バンド、どれもそれぞれに面白さのあるバンドたちでした。
ラジオでご紹介しきれなかった分は、ワイルドショットのステージで、
ご自分の目で確かめてくださいね!!

WILD SHOT 2014 〜Road to WILD BUNCH FEST.〜
7月21日(月・海の日)
山口市名田島の山口南総合センターにて
17:30 開演
入場整理券をFM山口、県内主要楽器店、山口南総合センターにて配布していますが、
当日会場でも整理券をご用意いたします。
お持ちでない方も、山口南総合センターにお越しください。

当日は会場にて、お待ちしています!!

| Category: WILD ON! | posted at 19:00 | by 中馬 |

■ 2014-07-12

ワイルドショット2014 ファイナリスト特集第二弾!

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。

刻一刻、日一日と迫る WILD SHOT2014 Road to WILD BUNCH FEST.

Ride on Musicでは、先週から三週にわたってワイルドショットのファイナリストたちを
スタジオにお招きして、その意気込みやらを伺いつつ、
そのバンドについて予習をしています。

そうです。
これは世にいう予習というやつです。

世の中、すべてにおいて「予習」というのが一番大事です。
どんな音楽を、どんなバンドが、どんな雰囲気でお届けするのか。
これ、知りたいですよね。

というわけで、今週もファイナリストにお話を聞き出します!!

elephant
英詞で歌い奏でる大人の3ピースバンド。
Ride on Musicのオープニングテーマも彼らの曲です。
そういう意味では、Ride on Musicリスナーの皆さんにはちょっとだけ馴染みのあるバンドかもしれませんね。

ドラムの伊藤研二さんとベースの太田宏和さんは、
ギターボーカルの森ポンこと森岡繁さんが惚れ込んでヘッドハンティングしてきたという実力者。
森ポンさんが「ハンパない」と評する、演奏技術にも当日は注目です。

英詞にこだわっているという森ポンさん。
歌うために英語を勉強されたようで、そのストイックさは兵さんも舌を巻いていましたね。
英語が苦手な私としては、「英語で詞を書く」なんて、
考えただけでうなされそうですが……

山口県に一つのシーンを作りたい、というelephant。
当日のパフォーマンスにも、そしてこれからの発展にも期待大です。


memai
高校生と社会人で構成される4ピースバンド。
メンバーの最大年齢差は、なんと7歳!!
ジェネレーションギャップは感じないそうです。
皆で和気藹々とやっているような雰囲気でしたが……
「プライベートではかかわらない」とバッサリ切るボーカル国本涼平くん。
バッサリ切れるのが、仲良しの証拠ってやつですかね!

そして見つけてしまった「山口のバンド界の天然素材」。
兵さんに「高校生と話す勉強してくるわ」と言わしめる逸材、ギターの加藤心くん。
最年少の彼の不思議ワールドが炸裂していたわけですが、
それが演奏にどのように活かされているのか、必聴ですね。

女性のような(兵さんも騙されちゃった)歌声を駆使して、
女性的な歌も歌えちゃうのが強みなmemai。
ライブパフォーマンスは果たして、どんな感じなのでしょうか。
予習によって、むしろ謎が深まっちゃったかも・・・・・


今週の2バンド、いかがでしたでしょうか。
楽曲もさることながら、メンバーのキャラクターも面白いワイルドショットファイナリスト達。
もちろん、ライブパフォーマンスにはそういったキャラクターも反映されてきますからね。
本選考会当日がますます楽しみになってきます!

いよいよ来週はファイナリスト特集最終回!!
胸躍らせて、お待ちください!!
| Category: WILD ON! | posted at 19:00 | by 中馬 |

■ 2014-07-07

レンジャーショー!!

Ride on Musicをお聞きの皆様、ごきげんよう。
チューマンです。

このブログ、私はだいたい週に1回ほど更新していますが、
今日は書かねばならぬことがございましたので、
月曜日に更新しています。

行ってきました!レンジャーショー!!

以前、Ride on Musicにゲスト出演していただきました、餓鬼レンジャー。
7月6日、福岡DRUM Be-1にて開催されたライブに行ってまいりました!!

あいにく、雨が降っていたのですがたくさんのファンが集結。
皆さん、餓鬼レンジャーのお面(たぶんお手製)を手に、ノリノリでした。

私、ライブハウスに慣れてはいないのですが、
こういうのは楽しんだもん勝ちとばかりに大はしゃぎ。

お忙しいところ大変恐縮でしたが、
本番前の控室にもご挨拶をさせていただきました。
この時、初めて対面するYOSHIさん。

そうです。
ゲストでいらしていただいたときは、ポチョムキンさんとGPさんのみでした。
勢ぞろいした餓鬼レンジャー。
一段とオーラを放っていらっしゃいました。

個人的には、YOSHIさんが超イケメンでして、私の中の女の部分がざわつきました。

ステッカーもいただいちゃいました。
どこに貼ろうかな〜♪

餓鬼レンジャーさんの前に、FLEA MARKETさんのステージ(というかワークアウト・笑)もありまして、
その時点でボルテージがかなり上がっていました。

その後餓鬼レンジャーさんの登場で爆発。

「カッコいい」なんてよくある感想は避けようと心に決めて行ったレンジャーショー。
しかし帰りには「カッコいい、マジカッコいい」を連発(ていうかそれしか言ってない)。
とにかく、ヒップホップの世界にドハマりしてしまったのです。

会場全体をのせて、魅せて。
釘付けとはこのことです。

帰ってこっそり餓鬼レンジャーさんの曲を練習しようと(カラオケで歌いたい)心に決めた私でした。

こちらはちゃんと「写真をとってもいいよ」という時間に撮った写真です。
お面が光っちゃってます。
| Category: WILD ON! | posted at 17:13 | by 中馬 |

■ 2014-07-05

ワイルドショット2014 ファイナリスト特集第一弾!

Ride on Musicをお聞きの皆さん、ごきげんよう。
チューマンです。

気が付けばもう7月。
2014年の上半期は終わってしまいました。

駆け抜ける半年。

まさにそんな感じでしょうか。
まだエフエム山口に来ておらず、実家でぬくぬくと寝正月を過ごした今年の1月が
今鮮明に思い出されます。

さて、そんな感慨深い7月といえば……!!

そうです。
WILD SHOT2014 Road to WILD BUNCH FEST.
エフエム山口の新たなアマチュアバンドの祭典。

7月21日(月・海の日)に、山口市名田島にある山口南総合センターにて
多数の応募の中から、CD音源による一次選考をパスしたファイナリスト6バンドが
山口のミュージシャンの頂点をめざし、熱きパフォーマンスを披露する。

そんな祭りです。
そう、祭りであり、闘い。

グランプリには今年のワイルドバンチフェスへの出演の権利が与えられる。

いわばビッグチャンス。

出場者はもちろんですが、我々山口に住む音楽ファンとしては
まさに今の山口の音楽を引っ張るメンツをチェックし、
さらに頂点が決まる瞬間を目撃する、
そういう意味でも見逃せないイベントなのです。

入場は無料ですが、入場整理券をお持ちの方が優先的に入場できます。
我々に今できることは、入場整理券を手に入れること。
エフエム山口、県内主要楽器店、山口南総合センターにて手に入ります。
ぜひ、ゲットして当日会場にお越しください。


我らがRide on Musicでは、もちろんワイルドショットを盛り上げていきたい所存でございまして、
今週から3週にわたって!
ワイルドショット2014ファイナリストを特集していきます!!

待ちきれないぜ!
と思っていたあなた!
ここで予習、していってくれよな!

ちなみに、紹介順は一次選考の評価とは全く関係ありません。
完全にフラットにご紹介していきます。

今週ご紹介したバンド一つ目!
Davinci
ボーカルのケイイチロウ君をキーマンにしたハードコアバンド。
ドスンと刺激の強いサウンドに、ケイイチロウ君の綺麗な歌声がのって
すごくバランスが良いなというのが私の感想。
こういうベースも好きです。

一緒に来てくれたレン君も、曲作りの時は自分の音が他と違わないように集中して作ってるんだそうです。

今回番組で紹介してくれた曲は、「音楽とは自分たちにとってどういうものか」というコンセプト。
まさに、俺たちの音楽を見せつけてくれたわけですね。

目標は武道館!
そこに向かって、まずはこのワイルドショットを制してほしいですね!!


そして二つ目!!
ヌ・シャボンヌ
ベースボーカルとドラムが姉弟という3ピースバンド。
プロフィールシートに添えられた“場末の番狂わせ”という一言が頭の中をこだまする。
スタジオに来てくれたメグミちゃんは、不思議な妖しさを感じる魅力的な女の子。
透き通る声で紡がれる毒っ気のある歌で、会場が沸くのは間違いなし。
一次通過の連絡を受けたドラムのたっくんは、お家では冷静だったそうですが、
活動を応援してくれているというご両親はきっと、当日を楽しみにされているはず!!

私としては、ギターのミエちゃんの存在も気になる!

激しくて妖しい、そんなステージングに期待大!!

ちなみに、「ヌ」にあまり意味はないそうです。
でも不思議よね〜、ヌ・シャボンヌってきくとオシャレだけどちょっと暗くて、綺麗なのに妖しい雰囲気を感じる。


今週はこの2バンドを紹介しました。
もう、ワイルドショットが待ちきれませんね!!

来週はまた2バンドをスタジオにお呼びしてご紹介。
お楽しみに☆
| Category: WILD ON! | posted at 19:00 | by 中馬 |